• HOME
  • NEWS
  • Matador
  • Car Seat Headrest / ニュースタイルのオルタナ/ローファイサウンドが轟く! カー・シート・ヘッドレスト、3年ぶりの新作『Making A Door Less Open』から最新シングル「Hollywood」のMV公開!
Car Seat Headrest / ニュースタイルのオルタナ/ローファイサウンドが轟く! カー・シート・ヘッドレスト、3年ぶりの新作『Making A Door Less Open』から最新シングル「Hollywood」のMV公開!

2020.04.17

Car Seat Headrest / ニュースタイルのオルタナ/ローファイサウンドが轟く! カー・シート・ヘッドレスト、3年ぶりの新作『Making A Door Less Open』から最新シングル「Hollywood」のMV公開!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
Car Seat Headrest / ニュースタイルのオルタナ/ローファイサウンドが轟く! カー・シート・ヘッドレスト、3年ぶりの新作『Making A Door Less Open』から最新シングル「Hollywood」のMV公開!

これは、人々が夢を実現するために向かう場所、ハリウッドについての歌った曲。でも結局彼らは人々をを利用し、その夢/ファンタジーを守るためにひどいことをしているんだ。
ウィル・トレド(カー・シート・ヘッドレスト)

17歳の時に曲作りを始め、Bandcampで驚異のダウンロード数を記録したのをきっかけに、メディアやファンの間で話題となって以降、順調にキャリアを築き上げているカー・シート・ヘッドレストが、5月1日に〈Matador〉からリリースする3年ぶりの最新アルバム『Making A Door Less Open』より最新シングル「Hollywood」のMVを公開した。



今回公開されたアニメMVには、トレドが作り出したもう一人の自分“トレイト”が登場する。「Hollywood」は、軽快な曲調でありながら、人々の欲によって腐敗したハリウッドを痛烈に非難し、恐ろしさも感じさせるトラックとなっており、今回のアルバムを通じたカー・シート・ヘッドレストによる新たな音楽の旅路の中でも欠かせない一曲だ。

カー・シート・ヘッドレストは先日、ポジティブなポップサウンドが印象的な新曲「Martin」を公開。バンドの中心メンバーであるウィル・トレドがこれまでに作った曲の中でも最もお気に入りの曲の一つと語っている。「Martin」は先に公開されたシングル「Can't Cool Me Down」に次いでリリースされ、英音楽紙MOJOは同曲を「予想外にグルーヴィーなロボ・ポップ」と称している。また、英紙Guardianは「ウィル・トレドの二日酔いのようなハスキーな声を取り巻く広い空間の中に並べられたドラム・マシンやシンセ、ベースの新たなサウンドの中に強く引き込まれる」と評価している。





制作期間4年を経て生まれた本作『Making A Door Less Open』は、ウィルとアンドリューによるエレクトロニック・ミュージック寄りのサイド・プロジェクト、1トレイト・デンジャーのコラボレーションを通じて誕生した。バンドは最新アルバムを2 回録音しており、1回目はギター、ドラム、ベースをライブ・レコーディングし、2 回目はシンセサイザーのみを用いたMIDIトラックを録音したのだという。ミキシングの段階でこの2つの全く異なる要素が徐々に組み合わさっていった。最新アルバム『Making A Door Less Open』は5月1日(金)にリリースされる。国内盤CDにはボーナストラックが1曲追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。現在iTunes Storeでアルバムを予約すると、既に公開中の「Can't Cool Me Down」「Martin」また今回公開された「Hollywood」がいち早くダウンロードできる。

NEWS

2020.07.10
2020.07.10
2020.07.09
2020.07.09
2020.07.08
2020.07.07
2020.07.07
2020.07.03
2020.07.02
2020.07.02