• HOME
  • NEWS
  • Warp Records
  • ONEOHTRIX POINT NEVER - LOVE IN THE TIME OF LEXAPRO / 来日公演が大成功を収めたばかりのワンオートリックス・ポイント・ネヴァー。12月7日に最新作『LOVE IN THE TIME OF LEXAPRO』のリリースが決定!新曲や初CD化音源に加え、坂本龍一が手がけたリミックスも収録。米ラジオ番組で披露された新曲のパフォーマンス音源が公開!
ONEOHTRIX POINT NEVER - LOVE IN THE TIME OF LEXAPRO / 来日公演が大成功を収めたばかりのワンオートリックス・ポイント・ネヴァー。12月7日に最新作『LOVE IN THE TIME OF LEXAPRO』のリリースが決定!新曲や初CD化音源に加え、坂本龍一が手がけたリミックスも収録。米ラジオ番組で披露された新曲のパフォーマンス音源が公開!

2018.10.26

ONEOHTRIX POINT NEVER - LOVE IN THE TIME OF LEXAPRO / 来日公演が大成功を収めたばかりのワンオートリックス・ポイント・ネヴァー。12月7日に最新作『LOVE IN THE TIME OF LEXAPRO』のリリースが決定!新曲や初CD化音源に加え、坂本龍一が手がけたリミックスも収録。米ラジオ番組で披露された新曲のパフォーマンス音源が公開!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
ONEOHTRIX POINT NEVER - LOVE IN THE TIME OF LEXAPRO / 来日公演が大成功を収めたばかりのワンオートリックス・ポイント・ネヴァー。12月7日に最新作『LOVE IN THE TIME OF LEXAPRO』のリリースが決定!新曲や初CD化音源に加え、坂本龍一が手がけたリミックスも収録。米ラジオ番組で披露された新曲のパフォーマンス音源が公開!

ONEOHTRIX POINT NEVER
LOVE IN THE TIME OF LEXAPRO

9月に最新アルバム『Age Of』をひっさげて行われた単独来日公演を大成功させたばかりのワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下OPN)が、最新作『Love In The Time Of Lexapro』を12月7日にリリースすることを発表。イーライ・ケスラー、ケリー・モーラン、アーロン・デヴィッド・ロスを加えたアンサンブルを従え、これまで全公演がソールドアウトとなっている最新コンサート『M.Y.R.I.A.D.』の中でも、唯一の未発表曲として披露され、すでに大きな反響を得ている表題曲が解禁された。

Love In The Time Of Lexapro
Apple Music: https://apple.co/2D5nsYK
Spotify: https://spoti.fi/2yxP4lq

『Age Of』は、様々なレイヤーで大きな注目と評価を集めたアルバムだった。アノーニをはじめとしたゲスト・ヴォーカルを招き、ミックスにジェイムス・ブレイクを迎えた点。これまでの作品に比べて明らかにポップを志向しながら、さらに実験を推し進めている点。現代社会のあり様を鋭く批評するようなジム・ショウによるアートワークや、ロシアの哲学者ミハイル・バフチンや加速主義を提唱した思想家ニック・ランドを参照したことも話題となった。サウンドとしてもコンセプトとしても、ダニエル・ロパティンが現在、エレクトロニック・ミュージックに限らない音楽シーンの突端に存在することを改めて証明する作品だったと言える。

『Love In The Time Of Lexapro』は『Age Of』時代のOPNの続編と言えるEP作品である。アルバム後のライブで披露されている未発表音源「Love in the Time of Lexapro」を表題曲として、『Age Of』収録曲のリミックスや別ヴァージョン、未発表曲を収めている。国内盤CDには、先日デジタル・リリースされたEP『The Station』と12インチEP『We’ll Take It』に収録された「Monody」と「Blow by Blow」をボーナス・トラックとして収録。ほとんどのトラックでジェイムス・ブレイクが共同ミックスを担当していることからも、『Age Of』との繋がりの強さが窺える。

レクサプロは有名な抗うつ剤の名称である。「抗うつ薬時代の愛」とでも訳せばいいだろうか、「Love in the Time of Lexapro」はその名の通りメランコリックで陶酔的、そして美しいメロディがゆっくりと広がってくるトラックだ。この静謐な空気感はOPNの出世作にして〈Warp〉からのデビュー・アルバムとなった『R Plus Seven』を思わせる。本EPを貫くのは、たとえば『Garden Of Delete』や映画『Good Time』に存在した烈しさや荒々しさではなく、張り詰めた美である。

坂本龍一が手がけた「Last Known Image of A Song」のリミックスもまた、そうしたトーンを強調する。細やかな電子音や鍵盤打楽器のような金属音を配したアンビエント色の強いエレクトロニカで、オリジナルにも勝るとも劣らない、本作のハイライトとも言えるトラックだ。OPNは坂本龍一のリミックス・アルバム『ASYNC - REMODELS』に参加していたが、音楽家としてお互いリスペクトし合っていることは度々語られている。だからこのトラックはたんなる企画を超えた、同時代を生きる先鋭的なミュージシャン同士の交流の結実だと言えるだろう。「Monody」のシンセ・サウンドにはどこかYMOを思わせるところがあるが、その影響を勘ぐるのはさほど的外れではないだろう。EPはエレクトロニックな質感から打って変わって「Babylon」のアコースティック・ヴァージョンで幕を閉じるが、アレックスGがヴォーカルをとるこのナンバーもまた、OPNの音楽の叙情的な側面を強調している。

『Love In The Time Of Lexapro』は、鋭利な批評性と同時代性、ポップと前衛のせめぎ合いを兼ね備えたアルバム『Age Of』のもうひとつの側面――OPNの音楽のほのかな輝きを結晶化したような作品である。

今週行われたLA公演には、OPNが音楽を手がけた映画『グッド・タイム』に主演したハリウッド俳優ロバート・パティンソンや、スクリレックスも駆けつけ、翌日には米KCRWの人気ラジオ番組に出演。現在パフォーマンス音源が公開されている。

KCRW Morning Becomes Eclectic Live Session:
https://www.kcrw.com/music/shows/morning-becomes-eclectic/oneohtrix-point-never


『M.Y.R.I.A.D.』東京公演ライブレポート
rockin’on: https://rockinon.com/blog/yogaku/180073
block.fm: https://block.fm/news/opn_live_report

トークイベント:trialog Vol.3 「音と視覚のさまよえる宇宙」レポート
https://trialog-project.com/vol03_report_1/

NEWS

2019.06.14
2019.06.14
2019.06.13
2019.06.13
2019.06.13
2019.06.13
2019.06.12
2019.06.12
2019.06.11
2019.06.10