DEERHUNTER, GANG GANG DANCE and ALDOUS HARDING

DEERHUNTER, GANG GANG DANCE and ALDOUS HARDING

4AD presents Revue

チケット (東京公演/一般販売)

O-EAST

O-EAST

¥ 6,481 +tax

BUY

チケット (大阪公演)

BIGCAT

BIGCAT

¥ 6,481 +tax

SOLD OUT

チケット (名古屋公演)

ELECTRIC LADYLAND

ELECTRIC LADYLAND

¥ 6,481 +tax

SOLD OUT

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

公演延期のお知らせ
振替日程および追加アーティスト発表

2018年10月に開催を予定していた4AD presents DEERHUNTER / GANG GANG DANCE の公演は出演アーティストの制作スケジュール上の都合により、やむをえず延期させていただくことになりました。ご来場を心待ちにしていらしたお客様には、大変ご迷惑をお掛けしますこと、深くお詫びいたします。

各公演は下記日程の通り振り替えて実施いたします。

大阪公演:2019年1月21日 (Mon) BIGCAT
名古屋公演:2019年1月22日 (Tue) ELECTRIC LADY LAND
東京公演:2019年1月23日 (Wed) O-EAST


新日程と合わせ、追加の出演者を発表させていただきます。既に発表されていたディアハンター、ギャング・ギャング・ダンスに加え、昨年リリースされたニュー・アルバム『Party』が老舗レコード・ショップ、ラフ・トレード (Rough Trade) 年間ベスト・アルバムとなるなど、〈4AD〉の新時代を担う存在として期待と注目を集める、ニュージーランド出身の注目のシンガーソングライター、 オルダス・ハーディングが新たに決定致しました。またオープニングと各バンドの間では、2008年から〈4AD〉の社長を務めるサイモン・ハリデーが、レーベルの過去〜現在〜そして未来へと繋がる広大な音楽史への稀有な識見をもってDJセットを披露します。


● 既にチケットをお持ちのお客様で、振替公演でのご来場をご希望のお客様は、そのままチケットをお持ちの上、当日ご来場いただけます。大切に保管していただくようお願いします。
● 本公演の延期に伴い、振替公演への来場をご希望されず、チケット代の払い戻しをご希望のお客様は、お買い求めいただいたプレイガイドにて以下の期間内に払い戻し手続きを行っていただきますようお願い申し上げます。

【払い戻し方法】
2018年9月25日(火)〜10月25日(木)までの期間、お買い求め頂きました各プレイガイドにて払い戻しを致します。
※上記期間外の払い戻しは出来ません。ご注意ください。

■e+にて購入されたお客様 http://eplus.jp/refund2/
■チケットぴあにて購入されたお客様 http://t.pia.jp/guide/refund.jsp
■ローソンチケットにて購入されたお客様 http://l-tike.com/oc/lt/haraimodoshi/
■ビートインクにて購入されたお客様 http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=9864
■SMASH friends 会員のお客さま http://eplus.jp/refund2/
スマチケを選択された方 → http://eplus.jp/refund2-f/

※払戻しに関してご不明な点は受付期間内に下記までお問合せください
ビートインク:03-5768-1277(平日11:00〜19:00) / info@beatink.com

お客様には、ご迷惑をおかけすることになりますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


【振替公演のご案内】

4AD presents Revue
DEERHUNTER, GANG GANG DANCE and ALDOUS HARDING
SPECIAL GUEST DJ: 4AD LABEL BOSS SIMON HALLIDAY


大阪公演
2019/01/21 (MON) BIGCAT

OPEN/START 18:00
前売¥7,000 (税込/別途1ドリンク代) ※未就学児童入場不可
INFO: SMASH WEST 06-6536-5569 / [http://smash-jpn.com] [http://smash-mobile.com]
TICKET発売: 9/25(火)より:イープラス、ぴあ(P:130-779)、ローソン(L:52132)

名古屋公演
2019/01/22 (TUE) ELECTRIC LADYLAND

OPEN/START 18:00
前売¥7,000 (税込/別途1ドリンク代) ※未就学児童入場不可
INFO: JAIL HOUSE 052-936-6041 [www.jailhouse.jp]
TICKET発売: 9/25(火)より:イープラス、ぴあ、ローソン

東京公演
2019/01/23 (WED) O-EAST
OPEN/START 18:00
前売¥7,000 (税込/別途1ドリンク代) ※未就学児童入場不可
主催: シブヤテレビジョン INFO: BEATINK 03 5768 1277 [www.beatink.com]
TICKET発売: 9/25(火)より:イープラス、ぴあ、ローソン(L:74192)、iFLYER、clubberia

企画制作: BEATINK www.beatink.com


〈4AD〉
70年代後半のパンク以降の音楽シーンで最も重要な役割を担ったインディ・レーベルの1つ〈4AD〉。元祖 シューゲイズと言うべきコクトー・ツィンズ、デヴィッド・ボウイやT・レックスの美学を受け継いだバウハウス、ポスト・ロックの耽美性を究極的に高めたディス・モータル・コイル、米オルタナ・シーンの健全ぶりを示 したスローイング・ミュージズ、ニルヴァーナにも影響を与えたピクシーズやザ・ブリーダーズ、ブレイク・ ビーツやアシッド・ハウスを先導したM/A/R/R/S、さらにオーストラリアからのデッド・カン・ダンス もいれば、ブルガリアの女性合唱団、ブルガリアン・ヴォイス、さらに最近ではザ・ナショナルやグライムスと いったメジャー級のトップアーティストから、急成長を遂げているザ・レモン・ツイッグスも紹介したりと、ま さにジャンルやスタイルを越えて、独自の美意識に貫かれたバンドを数多く輩出し、その研ぎ澄まされた美学や 先見性は今もなお評価されている。

DEERHUNTER | ディアハンター
4ADの遺伝子を受け継ぎつつ、現在のシーンを鋭く反映するバンドと言えばこのディアハンターだ。ブラッドフォード・コックスを中心にシカゴのインディ、クランキーを経て4ADと契約し『マイクロキャッスル(Microcastle)』('08)、『ハルシオン・ダイジェスト(Halcyon Digest)』('10)と素晴らしいアルバムを連発し、すっかり4ADの顔となった。
シューゲイザーの文脈で紹介されることも多いが、60'sサイケ、クラウト・ロックからオルタナ、テクノ等々、多くの要素を含みつつ、内省的なグルーヴに昇華していく美しさは比類なく、そこにディス・モータル・コイルやピクシーズといった4ADならではの名グループの名前や名曲が影のように浮かんでも来る。『フェイディング・フロンティア(Fading Frontier)』('15)に続く待望の新作も待たれる中、今回のステージでは新曲の初披露にも期待が集まる。

GANG GANG DANCE | ギャング・ギャング・ダンス
あらゆる要素を違和感なくミックスさせつつ、ニューヨークならではのストリート感覚を振りまいたギャング・ギャング・ダンスの00年代前半の登場は鮮烈だった。アニマル・コレクティヴやLCDサウンドシステム等とも共振する多彩な音楽性と実験性から吐き出される音の洪水は圧巻で、ビートとノイズ、エクスペリメンタル・サウンドがリジー・ボウガツォスのヴォーカルと混然となってくり広げられる世界は、The Social Registry、WARPといったレーベルからの作品を経て4ADからのデビュー作『Eye Contact』('11)で大きく花開いた。6月には8年ぶりとなる5thアルバム『Kazuashita』を発表。

ALDOUS HARDING | オルダス・ハーディング
ニュージーランド出身の注目のシンガー・ソングライター、 オルダス・ハーディング。2014年にセルフ・タイトル『Aldous Harding』でデビューを果たすと、好事家たちの間で瞬く間に注目の的となった。続く2ndアルバム『Party 』は、PJハーヴェイやスパークルホース諸作でお馴染みの手練ジョン・パリッシュをプロデューサーに迎えて製作され、老舗レコード・ショップ、ラフ・トレード〈Rough Trade〉年間ベスト・アルバムとなるなど、〈4AD〉の新時代を担う存在として期待と注目を集めている。メランコリックなその歌声は、死、誕生、悲しみ、愛情といった人生の核となる部分から描かれる。楽曲の持つパワーの源には、戦いに挑むハーディングの、ダンサーのような優美な身のこなしとブレることのない強靭な精神力が存在する。
DEERHUNTER, GANG GANG DANCE and ALDOUS HARDING