The War is on Dub Style

The War is on Dub Style

Phil Pratt & Friends

RELEASE: 2018.04.06

LABELS:

CD 国内仕様盤

BRPS099

BRPS099

¥ 1,857 +tax

BUY

CD 輸入盤

PSCD099

PSCD099

¥ 1,900 +tax

BUY

LP 輸入盤

PSLP099

PSLP099

¥ 2,435 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

奇跡の初リイシュー!初CD化!!名匠Phil Prattの最高峰ダブ作品!!
語り継がれる名盤『The War is on Dub Style』が〈Pressure Sounds〉から待望のリイシュー決定!!

世界を牽引するレゲエ・リイシュー・レーベルがダブの歴史的名盤を遂に初リイシュー&初CD化!
本作『The War is on Dub Style』は、1960年代のロックステディの時代から、レゲエが普及した1970年代・1980年代初頭までの長きに渡り一貫してハイレベルな作品を創り続けた名匠 Phil Pratt の数少ないダブ作品の中でも珠玉の1枚として語り継がれ、コレクターの間では常に超高額で取引されるマニア垂涎の作品である。

リズムセクションにSly&RobbieとLloyd Parks、ギターは Lloyd Gitsy Willis、Winston Bo Peep Bowen、メロディカとキーボードにBobby Kalphatといった名立たるメンバーが Phil Pratt の元に集結しジャマイカのJoe Gibbsスタジオで録音、その後のダブミックスをUKのKing StreetスタジオでStuart Breedが手掛け、何度も録り直しこだわり抜いたシンプルながらも深みのある洗練された究極のダブ作品。この後、Stuart Breedは、George MartinのAirスタジオに移籍しPaul McCartneyやMick Jaggerにも認められ天才エンジニアとして数多くの名盤に携わる事になりダブからの影響を世界に拡めた。

今回のリイシューでは、オリジナル・スリーブを忠実に再現し、今回の初リイシューにあたりCDにはなんと4曲のボーナス・トラックを追加収録!!

参加アーティスト:
【Drums and Percussion】 Lowell ‘Sly’ Dunbar
【Bass】 Robbie Shakespeare, Lloyd Parks
【Lead Guitar】 Lloyd ‘Gitsy’ Willis
【Rhythm Guitar】 Winston ‘Bo Peep’ Bowen
【Keyboards and Melodica】 Bobby Kalphat
【Recorded】 Joe Gibbs’ Studio
【Recording Engineer】 Ruddy Thomas
【Mixed at】Easy Street Studios
【Mixing Engineer】Stuart Breed
The War is on Dub Style

TRACKLISTING

1. The war is on
2. Danger Zone
3. Easy Street Special
4. Dancing Kid
5. The Good the Bad and The Brave
6. I’m Back
7. Feel the beat
8. Earth Movement
*9. SHear we them a say 12mix - Owen Gray
*10. Strange Things (extended mix) - Ronnie Davis
*11. Black Cinderella (extended mix) - Ronnie Davis
*12. My Time 12 mix - Bobby Kalphat

*=CD Only