Lux

Lux

Brian Eno

RELEASE: 2012.11.07

LABELS:

CD 国内盤

BRC-356

BRC-356

¥ 1,905 +tax

BUY

CD 輸入盤

WARPCD231

WARPCD231

¥ 1,900 +tax

BUY

LP 輸入盤

WARPLP231

WARPLP231

¥ 2,500 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

『LUX』はブライアン・イーノにとって、2005年当時28年ぶりに発表されたヴォーカル・アルバム『Another Day On Earth』以来、そして〈Warp〉からは初となる完全なソロ作品である。本作では、イーノがアンビエント・ミュージックを追求し始めた『Music for Films』『Music for Airports』『Apollo : Atmospheres and Soundtracks』にも見られるテーマと音のテクスチャーの中で、さらなる可能性を追求しているのがわかる。また、イーノ自身も今作を、『Discreet Music』(75年)『Neroli』(93年)を含む《Music for Thinking》シリーズの最新プロジェクトとして位置づけている。

『LUX』は、イーノ史上最も意欲的な作品の一つだ。75分の作品は12のパートで構成され、もともとは現在イタリアのトリノで行われているサウンド・インスタレーション展【Music for the Great Gallery of the Palace of Venaria】用に制作された音楽から発展したものである。からの作品としては、ジョン・ホプキンスとレオ・アブラハムスと共に制作された『Small Craft on a Milk Sea』、詩人リック・ホランドと制作した『Drums Between The Bells』に続く第三弾作品であり、ブライアン・イーノにとって21世紀初となる世界が待望したアンビエント・アルバムである。

1.LUX 1/2.LUX 2/3.LUX 3/4.LUX 4
Lux

TRACKLISTING

01. LUX 1
02. LUX 2
03. LUX 3
04. LUX 4