• HOME
  • NEWS
  • Tru Thoughts
  • CATPACK / ムーンチャイルドのヴォーカル、アンバー・ナヴランがLAジャズ・シーン屈指のピアニスト/キーボード奏者、ジェイコブ・マン、 ドクター・ドレーやジャスティン・ビーバーが信頼を置くプロデューサー、フィル・ボードローと新たに組んだスペシャル・ユニット、キャットパックがデビュー!
CATPACK / ムーンチャイルドのヴォーカル、アンバー・ナヴランがLAジャズ・シーン屈指のピアニスト/キーボード奏者、ジェイコブ・マン、 ドクター・ドレーやジャスティン・ビーバーが信頼を置くプロデューサー、フィル・ボードローと新たに組んだスペシャル・ユニット、キャットパックがデビュー!

2024.03.08

CATPACK / ムーンチャイルドのヴォーカル、アンバー・ナヴランがLAジャズ・シーン屈指のピアニスト/キーボード奏者、ジェイコブ・マン、 ドクター・ドレーやジャスティン・ビーバーが信頼を置くプロデューサー、フィル・ボードローと新たに組んだスペシャル・ユニット、キャットパックがデビュー!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
CATPACK / ムーンチャイルドのヴォーカル、アンバー・ナヴランがLAジャズ・シーン屈指のピアニスト/キーボード奏者、ジェイコブ・マン、 ドクター・ドレーやジャスティン・ビーバーが信頼を置くプロデューサー、フィル・ボードローと新たに組んだスペシャル・ユニット、キャットパックがデビュー!


確かな演奏力でLAジャズ〜R&B〜ネオ・ソウルを軽やかに横断し、グラミー賞にもノミネートされたムーンチャイルドのメンバーで、透き通るような歌声が人気のアンバー・ナヴランと、サム・ウィルクスとのデュオやルイス・コール作品への貢献でも知られるLAジャズ・シーン屈指のピアニスト/キーボード奏者、ジェイコブ・マン、そしてドクター・ドレーやジャスティン・ビーバー、レイラ・ハサウェイ、ザ・ゲーム 、 トラヴィス・バーカーらの作品に関わり、プロデューサーとして参加したジャスティン・ビーバーのスタジオ・アルバム『Changes』でグラミー賞にもノミネートされたフィル・ボードロー。彼ら3人が新たにスタートさせたスペシャル・ユニット、キャットパックがデビュー!6月21日にセルフタイトルとなるデビュー作『Catpack』をリリースする。現在先行シングル「What I've Found」「Walk Away」の2曲が公開されている。


本作『Catpack』には、友情と互いへのリスペクトで結ばれた3人の卓越したミュージシャンによる音楽表現の有機的な探究が生んだ11曲が収録。ネオ・ソウル、ファンク、そして電子音楽のエッセンスを取り入れつつ、ジャズの影響を受けたR&Bサウンドを展開する彼らにしか成し得ない芸術性を高みまで極めたアルバムとなっており、ユニークなバンド名は、彼らがスタジオで発見した猫の鳴き声のようなシンセ・パッチが由来となっている。

本作のキー・トラックである「Next To Me」は、永続的な愛を手に入れるために「ビタミンCを摂取し、日焼け止めを塗る」ことをパートナーに促すという、誰かに全てを捧げる献身の極端さについての楽しいジョークである。ニャーニャーと鳴くシンセサイザーの音色の中で、アンバーとフィルの美しいハーモニーが響き渡る。
アンバー・ナヴランはLAを拠点に活動するミュージシャンで、キャットパックではボーカル、フルート、プロデュースを担当。彼女は日本でも人気のネオ・ソウル・トリオ、ムーンチャイルドの一人としても活躍する。ムーンチャイルドとして、ナヴランは5枚のアルバムをリリースし、2023年にはグラミー賞で『Best Progressive R&B Album』部門にノミネートされたことも記憶に新しい。透き通るような歌声はもちろん、プロデュース、パフォーマンスの面においても秀でた才能を発揮するアンバーは、カマシ・ワシントン、スティーヴィー・ワンダー、ザ・インターネット、ジル・スコット、レイラ・ハサウェイ、ロバート・グラスパーといったアーティストとコラボレーション/プロデュース/ツアーを行い、その評価を高めてきた。ソロ・アーティスト兼プロデューサーとして、ムーンチャイルド、キャットパックという2つのプロジェクトを抱え、ラプソディ、9thワンダー、R+R=NOW、ムム・フレッシュ、ノウワー、ルイス・コール、ジェイコブ・マン・ビッグ・バンド、クリス・デイヴ、ダニエル・クロフォード、ラケル・ロドリゲス等とも頻繁にコラボレートしている。
ジェイコブ・マンは、キャットパックでキーボード、クラリネット、そしてプロデュースを担当。ジェイコブ・マン・ビッグ・バンド (アンバーもメンバーとして参加) の活動やソロ名義の作品も発表している。その他、マックス・オックスや シュレック・イズ・ラブといったジャズ・ファンク・バンドとのコラボレーション・アルバムや、ベーシストのサム・ウィルクスとのデュオとしてもアルバムをリリースしている。

フィル・ボードローはキャットパックでトランペット、ボーカル、プロデュースを担当。ここ数年の間に、ドクター・ドレー、ジャスティン・ビーバー、レイラ・ハサウェイ、ザ・ゲーム 、 トラヴィス・バーカーなどと仕事をし、デビュー・アルバム『Ether』でメジャー・レーベルの注目を集めたボードローは、エレクトロニック・デュオAOEの片割れとしてデフ・ジャム・ユニバーサルと契約。2020年、ブラック・バイオリンの最新アルバム『Take the Stairs』のエグゼクティブ・プロデューサーとして、またジャスティン・ビーバーの最新スタジオ・アルバム『Changes』のプロデューサーとしてグラミー賞にノミネートされた。

キャットパックのデビュー・アルバム『Catpack』は6月21日 (金) に発売。国内盤CDにはボーナストラックが追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。

NEWS

2024.06.14
2024.06.14
2024.06.13
2024.06.12
2024.06.11
2024.06.11
2024.06.10
2024.06.06
2024.06.06
2024.06.05

RELATED RELEASES