• HOME
  • NEWS
  • BRIAN ENO / 史上初のソロライブ・コンサート・シリーズ 『Ships』の開催を発表!ヴェネツィア・ビエンナーレに委嘱され、クリスチャン・ヤルヴィを指揮者に迎えたバルト海フィルハーモニー管弦楽団との特別パフォーマンス!
BRIAN ENO / 史上初のソロライブ・コンサート・シリーズ 『Ships』の開催を発表!ヴェネツィア・ビエンナーレに委嘱され、クリスチャン・ヤルヴィを指揮者に迎えたバルト海フィルハーモニー管弦楽団との特別パフォーマンス!

2023.06.05

BRIAN ENO / 史上初のソロライブ・コンサート・シリーズ 『Ships』の開催を発表!ヴェネツィア・ビエンナーレに委嘱され、クリスチャン・ヤルヴィを指揮者に迎えたバルト海フィルハーモニー管弦楽団との特別パフォーマンス!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
BRIAN ENO / 史上初のソロライブ・コンサート・シリーズ 『Ships』の開催を発表!ヴェネツィア・ビエンナーレに委嘱され、クリスチャン・ヤルヴィを指揮者に迎えたバルト海フィルハーモニー管弦楽団との特別パフォーマンス!

巨匠ブライアン・イーノが史上初のソロライブ・コンサート・シリーズ『Ships』の開催決定を発表した。本コンサートは、ヴェネツィア・ビエンナーレからの依頼で、2023年のヴェネツィア・ビエンナーレの音楽部門「ビエンナーレ・ムジカ」の中心プログラムとして10月21日にフェニーチェ劇場で初披露される。

『Ships』は、イーノが2016年に発表し高い評価を得たアルバム『The Ship』のオーケストラアレンジのパフォーマンスのほか、新曲や代表曲の演奏が含まれる。オーケストレーションと指揮はクリスチャン・ヤルヴィが担当し、バルト海フィルハーモニー管弦楽団によって演奏される。また俳優のピーター・セラフィノウィッツも出演し、長年のコラボレーターであるギタリストのレオ・エイブラハムズとプログラマー/キーボーディストのピーター・チルヴァースがサポートを務める。

ビエンナーレ・ムジカでの初公演は、ブライアン・イーノの50年にわたるソロ活動おいて初となるライブツアーの幕開けを飾るものであり、オーケストラとの共演も今回が初めてとなる。イーノはこれまで数回しかソロライブを行っておらず、最近では2021年に実弟ロジャー・イーノと共にユネスコの世界遺産であるアテネのアクロポリスでパフォーマンスを披露したのが記憶に新しい。このソールドアウト公演は批評家から絶賛され、世界中から集まった熱狂的な観客からスタンディングオベーションを受けている。ヴェネチアの有名なオペラハウス、フェニーチェ劇場を皮切りに、ベルリン・フィルハーモニー、パリのラ・セーヌ・ミュージカル、ユトレヒトのTivoliVredenburgを経て、ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールでシリーズは幕を閉じる。

またイーノは、2023年のビエンナーレ・ムジカに出席し、生涯に渡る貢献に対して金獅子賞を受賞することが決まっている。

受賞歴を持つバルト海フィルハーモニー管弦楽団は、記憶だけを頼りに立ったまた演奏する独特のアンサンブルで、従来のオーケストラとは一線を画すコンサート体験をもたらす。創設者であるクリスチャン・ヤルヴィが本コンサートの指揮を務める。北欧10カ国の音楽家で構成される彼らは、歴史的に分断されたこの地域の結束を象徴し、アンゲラ・メルケルから「国際理解を体現し、音楽を国境を越えて理解できる永遠の言語として用いている」と賞賛されている。


アルバム『The Ship』は、声を駆使しながらも、特に歌という形に頼らないという珍しい作品です。これはある雰囲気の中に、時折声の主が持つキャラクターが顔を見せ、音楽によって生み出される曖昧な空間に、いつの間にかそれらのキャラクターが迷い込むような作品になっています。背景には戦時中の感覚があり、また必然性があります。またオーケストラにぴったりのスケール感、そして多くの人々が協力し合っているような感覚もあります。

私が音楽を演奏するように、演奏することのできるオーケストラを求めていました。楽譜だけでなく心で演奏するオーケストラ、若くてフレッシュで情熱的な演奏者をです。バルト海フィルハーモニー管弦楽団を初めて見たとき、彼らがそれらすべてを持っていることを確信しました。そして彼らが海の名前を冠していることに気づいたのです。それが決め手でした!

- Brian Eno


ブライアンは、私の人生の大部分において、非常に大きなインスピレーションを与えてくれた偉大なアーティストです。今、私たちが生きているこの世界を反映した作品のプレゼンテーションに取り組む機会を与えられたことは、非常に意義深く、本当に光栄なことです。

表現の自由は、このプレゼンテーションの重要な要素です。この公演に参加するすべての人は、隣の人と同じように重要です。誰もが等しく重要であり、交換可能でも使い捨てでもない。オーケストラが演奏を行うのではなく、本当の意味でバンドであり、「演奏そのもの」であることが、ブライアンと私の考えるこのコラボレーションのユニークな点です。

- Kristjan Järvi




10月21日
Venice - Venice Biennale Musica, Teatro la Fenice (3pm & 8pm)
ticket link

10月24日
Berlin - Philharmonie Berlin
ticket link

10月26日
Paris - La Seine Musicale venue
venue pre-sale / ticket link

10月28日
Utrecht - TivoliVredenburg
pre-sale link / ticket link

10月30日
London - Royal Festival Hall, Southbank (6.30 & 9pm)
ticket link

NEWS

2024.04.18
2024.04.18
2024.04.16
2024.04.11
2024.04.11
2024.04.10
2024.04.05
2024.04.05
2024.04.05
2024.04.04