Starcrawler Japan Tour 2019

Starcrawler Japan Tour 2019

Starcrawler

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

TOKYO | 2019.12.04(WED) 恵比寿 LIQUIDROOM / Support Act: No Buses
OSAKA | 2019.12.05(THU) 梅田 BANANA HALL / Support Act : THE ティバ
NAGOYA | 2019.12.06(FRI) 名古屋 CLUB QUATTRO / Support Act : SULLIVAN's FUN CLUB

東京公演 BEATINK Eチケット

大阪公演 BEATINK Eチケット

名古屋公演 BEATINK Eチケット


ロックンロールの興奮、ライブで流した血と汗、そしてアザになった膝と骨折した指、それら全てが詰まった待望の2ndアルバム『Devour You』を引っさげ、JAPANツアー遂に決定!
東京公演のサポートアクトにNo Busesの出演が決定!


STARCRAWLER JAPAN TOUR 2019
OPEN 18:00 / START 19:00
料金: 前売¥6,000 (スタンディング・税込・ドリンク代別途)
※チケット整理番号付き ※未就学児童入場不可

TOKYO | 2019.12.04(WED) 恵比寿 LIQUIDROOM
Support Act: No Buses

INFO:BEATINK 03-5768-1277 www.beatink.com

OSAKA | 2019.12.05(THU) 梅田 BANANA HALL
Support Act : THE ティバ

INFO:SMASH WEST 06-6535-5569 https://smash-jpn.com

NAGOYA | 2019.12.06(FRI) 名古屋 CLUB QUATTRO
Support Act : SULLIVAN's FUN CLUB

INFO:名古屋クラブクアトロ 052-264-8211 www.club-quattro.com

2015年にロサンゼルスで結成されたスタークローラー。そのインパクトのあるライブ・パフォーマンスは、エルトン・ジョン、マイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイ、シャーリー・マンソンと言った大物アーティストたちがこぞって支持を表明、またベック、フー・ファイターズ、スプーン、ザ・ディスティラーズ、MC5などの前座を務めるバンドへと急成長を果たした。2018年1月に発売された1stアルバム『Starcrawler』は各所で大絶賛され、その勢いを駆ってここ日本でも初のジャパン・ツアー(東京・名古屋・京都・大阪)は追加公演も含め全5公演ソールド・アウトを達成、夏にはフジロックフェスティバル'18に再来日を果たした。
そして、ライブで流された血と汗、アザになった膝や骨折した指、それら全ての思いと、ロックンロールの興奮が詰まった待望の2ndアルバム『Devour You』を引っ提げ、2年振りの来日公演が決定!さらに成長しスケールアップしたスタークローラーを見逃すな!



前売りチケット絶賛発売中!
東京公演:
イープラス (https://eplus.jp/sf/detail/2463190001-P0030004P021001)
LAWSON (https://l-tike.com/order/?gLcode=76070) (Lコード:76070)
チケットぴあ (https://bit.ly/2OHPrRH) (Pコード:162-531)
BEATINK (https://beatink.zaiko.io/_buy/1kBr:4nL:e841f)
Tokyo Gig Guide (https://tokyogigguide.zaiko.io/_buy/1kBr:Rx:73024)
Time Out Tokyo (https://timeouttokyo.zaiko.io/_item/317529)

大阪公演:
イープラス (https://eplus.jp/sf/detail/2463190001-P0030005P021001)
LAWSON (https://l-tike.com/order/?gLcode=57411) (Lコード:57411)
チケットぴあ (https://bit.ly/2ON60eL) (Pコード:162-193)
BEATINK (https://beatink.zaiko.io/_buy/1kBr:4r7:164f5)
Tokyo Gig Guide (https://tokyogigguide.zaiko.io/_buy/1kBr:Rx:73024)
Time Out Tokyo (https://timeouttokyo.zaiko.io/_item/317529)

名古屋公演:
イープラス (https://eplus.jp/sf/detail/2463190001-P0030006P021001)
LAWSON (https://l-tike.com/order/?gLcode=45356) (Lコード: 45356)
チケットぴあ (https://bit.ly/2QOU7aT) (Pコード:162-144)
LINE TICKET (https://ticket.line.me/events/3290/0/19496)
BEATINK (https://beatink.zaiko.io/_buy/1kBr:4rc:50187)
Tokyo Gig Guide (https://tokyogigguide.zaiko.io/_buy/1kBr:Rx:73024)
Time Out Tokyo (https://timeouttokyo.zaiko.io/_item/317529)
クアトロ店頭 (https://www.club-quattro.com/nagoya/)


企画・制作 BEATINK 03-5768-1277 / www.beatink.com
INFO BEATINK 03-5768-1277 / www.beatink.com


待望の2ndアルバム『Devour You』は、2018年10月11日に世界同時リリース!国内盤CDには、ボーナストラックとして、ラモーンズの1989年のシングル「Pet Sematary」*のカバー曲が追加収録され、解説書と歌詞対訳が封入される。そのほかiTunes Storeでアルバムを予約すると、本日公開された「Bet My Brains」がいち早くダウンロードできる。
*同曲は、4月5日に海外で公開されたスティーヴン・キング原作の映画『ペット・セメタリー』のリメイクに提供されている。


No Buses:
2016年結成。その名の通りArctic Monkeys を中心にUKロックから多大な影響を受けた4人組インディーロックバンド。
幾度かのメンバーチェンジを経て現体制となり、2018年4月に1stSingle『Tic』を発表。そのMVは日本にとどまらず世界中で高い評価を受けた。
夏には出れんの!?サマソニ!?から選出されSUMMER SONIC2018出演。その後のリリース作品はすべて3カ月で完売。
2019年9月11日待望の1st Album『Boys Loved Her』をリリース。国境を超えての活動が期待される今最注目のバンド。



■Twitter:https://mobile.twitter.com/no_buses_band
■Instagram:https://www.instagram.com/nobusesband/


THE ティバ
カナダからやってきたみんなのタイムマシン的 2 ピースパワフルガレージロックバンド THE ティバ
Vo,Gt, マヤと Dr. サチが、前身バンドの解散を機に 2018 年に結成。カナダ出身という設定で活動中。
1stEP『we are the tiva ‒ EP』を2019年3月にリリースし、関西ツアーとレコ発企画を下北沢 THREEで開催した。
3900組の応募の中から「出れんの⁉サマソニ⁉2019」に選出され SUMMER SONIC 2019 に出演。
伸びやかなボーカルとパワフルな演奏、エモーショナルなメロディーラインでみんなをハッピーにするキュートガール!



■Twitter: https://twitter.com/thetiva_band
■Instagram: https://www.instagram.com/thetiva.band/


SULLIVAN's FUN CLUB:
札幌を拠点に活動。90年代オルタナ、パンク、パワーポップ等に影響を受けた、
19歳のVo.Gt.ヨシダレオ、Ba.ヤダニイナ、Dr.タダカズキ、Gt.ヨシダカズマ、からなる4Pロックバンド。2016年7月に結成。2019年7月にGt.ヨシダカズマが加入し現体制となる。2019年8月「SUMMER SONIC 2019」に出演。(「出れんの!?サマソニ!? 2019」ファイナリスト)そして、8月25日に行われた「マイナビ未確認フェスティバル2019」では応募総数3,101組の中からグランプリを獲得。一度見ると頭から離れない圧倒的なライブパフォーマンスは全国的に注目を集めている。また、そのエネルギーとストレートなメッセージを詰め込んだ音源は聴く者の心を掴んで離さない。音源、MVのみならず必ずライブで体感してもらいたい札幌の最重要バンド。



Twitter @sullivanfunclub
Starcrawler Japan Tour 2019

NEWS