Lower East Suite Part Three

Lower East Suite Part Three

Onyx Collective

RELEASE: 2018.06.15

LABELS:

PRE ORDER

CD 国内仕様盤

BRBD294

BRBD294

¥ 1,929 +tax

BUY

CD 輸入盤

BDCD294

BDCD294

¥ 1,950 +tax

BUY

LP 輸入盤

BD294

BD294

¥ 2,600 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

密室で奏でられた煙たく美しいポスト・バップ、それはまるで2018年版死刑台へのエレベーター…

カマシ・ワシントンもその実力を認めたNYストリート・ジャズ集団オニキス・コレクティヴ登場。



カマシ・ワシントン世界ツアーの前座を務め、過去にもデヴィッド・バーン、ブラッド・オレンジ、プリンセス・ノキア、ウィキ(ラットキング)と幅広いアーティストからその実力を買われ、共演を重ねてきたNYストリートで今一番クールなジャズ集団オニキス・コレクティヴがデビュー・アルバム『Lower East Suite Part Three』をリリース。
NYストリート・カルチャーの仕掛け人アーロン・ボンダロフが自身のネットラジオ局KNOW-WAVEで曲をかけたことから一気に話題を集め、SupuremeやBig Dadaからリリースされたアナログ盤が即完売し、RSD2018アイテムとして発売されたニック・ハキムとの共演曲も大きな話題を呼んだ。メンバーはバンド・リーダーでアルト/テナーサックスのアイザイア・バール、ドラムのオースティン・ウィリアムソン、アップライト・ベースのウォルター・スティンソン、エレクトリック・ベースのスペンサー・マーフィーを核とした不定形編成で、本作には4曲にサックスのロイ・ネイサンソンが客演。初の全編書き下ろし作品となった本作でも、ざらついた即興からスローなバラード、アップテンポなポスト・バップまでむき出しの臨場感に溢れており、世界的に新世代ジャズが台頭する中、彼らはまるでウェストコースト・ジャズへの反動から生まれた50年代のNYハード・バップを別のストーリーで再生しているかのようだ。
また、新時代のジャズのダイナミズムを体現する本作のアートワークは映画『バスキア』や『夜になるまえに』を監督し、画家としても著名なジュリアン・シュナーベルが手掛けている。

パーソネル
tenor saxophone : Isaiah Barr
drums : Austin Williamson
upright bass : Walter Stinson
electric bass : Spencer Murphy
guest saxophone : Roy Nathanson
Lower East Suite Part Three

TRACKLISTING

1. Nag Champa
2. Don't Get Caught Under the Manhattan Bridge
3. Battle of the Bowery
4. There Goes the Neighborhood
5. 2AM at Veselka
6. Delancey Dilemma
7. Rumble In Chatham Square
8. Eviction Notice
9. Magic Gallery
10. FDR Drive