Everything Is Recorded By Richard Russell

Everything Is Recorded By Richard Russell

Everything Is Recorded

RELEASE: 2018.02.16

LABELS:

CD 国内盤

XL883CDJP

XL883CDJP

¥ 2,200 +tax

BUY

CD 輸入盤

XL883CD

XL883CD

¥ 1,900 +tax

BUY

LP 限定盤

XL883LPE

XL883LPE

¥ 2,300 +tax

SOLD OUT

LP 輸入盤

XL883LP

XL883LP

¥ 2,300 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

リチャード・ラッセルが指揮を執り、〈XL〉の才能が集結したコラボ・プロジェクトから、待望のアルバム作品『EVERYTHING IS RECORDED BY RICHARD RUSSELL』が誕生!
デーモン・アルバーン、ピーター・ガブリエル、オーウェン・パレットの参加も明らかに!

最重要インディー・レーベル〈XL Recordings〉の総帥にして、デーモン・アルバーン、ボビー・ウーマック、イベイー、ギル・スコット・ヘロンらのアルバム作品のプロデュースワークでも知られるリチャード・ラッセルによる話題のコラボレーション・プロジェクトのエヴリシング・イズ・レコーデッドが、ついにアルバム『Everything Is Recorded by Richard Russell』のリリースを発表!リチャードの元に集まった豪華な面々が話題となっている。


EVERYTHING IS RECORDED BY RICHARD RUSSELL

FEATURING VOCAL APPEARANCES FROM

SAMPHA
GIGGS
IBEYI
OBONGJAYAR
INFINITE
WIKI
SYD

+

INSTRUMENTAL CONTRIBUTIONS FROM

KAMASI WASHINGTON
DAMON ALBARN
RACHEL ZEFFIRA
PETER GABRIEL
OWEN PALLETT
WARREN ELLIS
& MORE



これまでに、サンファ、イベイー、ウィキ、カマシ・ワシントンら〈XL〉およびその傘下レーベル〈Young Turks〉の人気アクトから、ジ・インターネットのシド、ミュージックビデオにはクインシー・ジョーンズも出演、一部のプロダクションにはブライアン・イーノまでも携わったことが明かされ、リチャード・ラッセルがロンドンに構えるスタジオ【The Copper House】が、いかにアーティストたちにとって自由かつ創造性溢れる空間かが、楽曲を通して伝えられてきた。今回満を辞して発表されたアルバムでは、新たにデーモン・アルバーンやピーター・ガブリエル、オーウェン・パレットの参加が明らかとなっている。

今回の発表に合わせて、新曲「Bloodshot Red Eyes」がミュージックビデオと共に公開。本ビデオは、フューチャーやFKAツイッグス、ニッキー・ミナージュとビヨンセのコラボ曲などのミュージックビデオで知られるニック・ウォーカーが手がけている。



またアルバムには、これまでにリリースされたシングル「Close But Not Quite」「Mountains Of Gold)」「Show Love)」が収録されている他、国内盤には、初CD化音源3曲が追加で収録される。





スタジオ【The Copper House】に集結した世代も出身も異なる様々なコラボレーターやミュージシャン。この数年間で、このスタジオは、様々な新人アーティストや大御所アーティストたち両方にとって、創造活動における第二の故郷となっていった。彼らは皆、このスタジオで作曲し、録音し、アイディアを共有し、伝統的な録音セッションと長時間にわたる自由なジャムセッションを融合していった。ラッセルがプロダクションの指揮を取った本作の核となっているのは、サウンドシステムにインスパイアされたコラボレーションや実験性。才能溢れるアーティストたちが、互いにインスピレーションを与えながら、創作に没頭する空気感、そして一体感が生まれた奇跡の瞬間。それをそのままパッケージしたかのような楽曲に対して、すでに主要メディアが多くの賞賛の声を送っている。

ソウルとダブに対する素晴らしい近代的なアプローチ。コラボレーションという芸術分野における最高傑作。
- Q Magazine

純粋な創造的自由を具現化した作品。
- Noisey

コラボレーションの力こそ、ラッセルの思い描くヴィジョンだろう。〈XL〉特有の歴史を壮大に統合した一枚。
- The New Yorker


リチャード・ラッセルが指揮をとったスペシャルなコラボレーション・アルバム『Everything Is Recorded by Richard Russell』は、2月16日 (金) に世界同時リリース!国内盤には、初CD化音源3曲が追加で収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。iTunesでアルバムを予約すると、公開された「Bloodshot Red Eyes」「Close But Not Quite」「Mountains Of Gold」「Show Love」の4曲がいち早くダウンロードできる。
Everything Is Recorded By Richard Russell

TRACKLISTING

01. Intro
02. Close But Not Quite (feat. Sampha)
03. She Said (feat. Obongjayar & Kamasi Washington)
04. Wet Looking Road (feat. Giggs)
05. Mountains of Gold (feat. Sampha, Ibeyi, Wiki and Kamasi Washington)
06. Show Love (Feat. Syd & Sampha)
07. Echoes In The Bone (feat. Rachel Zeffira) (Interlude)
08. Bloodshot Red Eyes (feat. Infinite & Green Gartside)
09. Cane (feat. Ibeyi)
10. Purify - Interlude (feat. Infinite & Peter Gabriel)
11. Be My Friend (feat. Infinite)
12. Everything Is Recorded (feat. Sampha & Owen Pallett)
+ Bonus Tracks for Japan / 歌詞対訳・解説冊子封入 [XL883CDJP]

[XL883LPE]
Limited Yellow Vinyl