SONICMANIA第1弾発表! BEAT RECORDSからは、 ヤング・ファーザーズ、アルカ、 長谷川白紙の3組が出演決定!

2024.03.21

SONICMANIA第1弾発表! BEAT RECORDSからは、 ヤング・ファーザーズ、アルカ、 長谷川白紙の3組が出演決定!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
SONICMANIA第1弾発表! BEAT RECORDSからは、 ヤング・ファーザーズ、アルカ、 長谷川白紙の3組が出演決定!

本日、SONICMANIAの出演アーティスト第一弾が発表され、〈BEAT RECORDS〉からはヤング・ファーザーズ、アルカ、長谷川白紙の3組の出演が決定した。

新世代のレベル・ミュージックを追求し各方面から多くの支持を集めるヤング・ファーザーズは、世界中から大絶賛を浴びた昨年発表の4thアルバム『Heavy Heavy』を携え出演が決定。そして、真鍋大度によるカスタム・テクノロジーを採用したステージも話題になった歌手、DJ、パフォーマー、モデル、画家、ポップディーバ、最先端の芸術を追求するベネズエラ出身の奇才アルカ、フライング・ロータス主宰の〈Brainfeeder〉との契約でも脚光を浴びた実験的なサウンドからポップ・ミュージックまで革新的なサウンドを操る長谷川白紙の出演が決定した。


【ヤング・ファーザーズ】
エディンバラで結成された“G”・ヘイスティングス、アロイシャス・マサコイ、ケイアス・バンコールによる3人組ユニット、ヤング・ファーザーズ。
スーサイドからエンヤに至るまで様々なアーティストからの影響を昇華し生み出される唯一無二なサウンドは、マッシヴ・アタック、ノエル・ギャラガー、LCD、エルトン・ジョン...錚々たるアーティスト達を魅了し、デビュー作『DEAD』はマーキュリー賞も受賞している。2023年の最新アルバム『Heavy Heavy』では、アーケイド・ファイア、キングス・オブ・レオン、ビーバドゥービーらを手がけたエンジニア、イアン・ベリーマンがミックスで参加、そしてブライアン・イーノやジェイムス・ブレイク、さらにはエイフェックス・ツイン、カニエ・ウェストまで手掛けるマット・コルトンがマスタリングを手がけるなど、各分野の一流たちが集結。UKガラージやベース・ミュージックの世代ならではの低音に下支えされた圧倒的なエネルギーで歓喜と共感をもたらし、マーキュリー賞にノミネートされるなど、最高級の評価を獲得した。
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=13102

【アルカ】
ベネズエラ出身のアーティスト、歌手、DJ、パフォーマー、モデル、画家、ポップディーバ、実験音楽作曲家であるアルカ。
これまでビョーク、カニエ・ウェスト、FKAツイッグス、ザ・ウィークエンド、フランク・オーシャン、ロザリア、シーアなど数多くのミュージシャンとコラボレーションしている。2014年デビュー・アルバム『Xen』をリリースし大絶賛され、その後、2017年〈XLRecirdings〉と契約3枚目のスタジオ・アルバム『Arca』をリリースした。その圧倒的な存在感と唯一無二のクリエイティヴで音楽にとどまらず、ファンションからアートにまで旋風を送り続け、4枚目のアルバム『Kick I』は2021年の第63回グラミー賞にノミネートされた。その後は“KICK”シリーズ4作品を一挙リリースするなど精力的に活動する。ここ最近では、真鍋大度とライゾマティクス、ビジュアル・アーティストのカルロス・サエズ、ユナックス・ラフエンテとサム・ロルフェス、トリスタン・ショーン、ランドスケープ、ブロンズ、4DSoundなど、アルカの親しい友人やコラボレーターが集い、先入観を打ち破るための共有空間を作り上げたプロジェクトが大きな話題となった。
https://www.beatink.com/artists/detail.php?artist_id=687

【長谷川白紙】
日本を拠点に活動する音楽家。
2017年フリーデジタルEP『アイフォーン・シックス・プラス』を発表し、2018年10代最後にEP『草木萌動』でCDデビュー。翌2019年に1stアルバム『エアにに』、2020年に弾き語りカヴァーアルバム『夢の骨が襲いかかる!』をリリース。ポーター・ロビンソン主催のオンラインフェス「Secret Sky」やフライング・ロータスによるストリーミング番組「THE HIT」に出演するなど世界からも注目を集める。2023年7月にLAを拠点とする〈Brainfeeder〉との契約が発表され、第一弾シングル「口の花火」をリリース。知的好奇心に深く作用するエクスペリメンタルな音楽性ながら、ポップ・ミュージックの肉感にも直結した衝撃的なそのサウンドは、新たな時代の幕開けを感じさせるものに。
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=13818

NEWS

2024.05.22
2024.05.22
2024.05.22
2024.05.20
2024.05.17
2024.05.17
2024.05.17
2024.05.16
2024.05.15
2024.05.10