The Road To Hell Is Paved With Good Intentions

The Road To Hell Is Paved With Good Intentions

Vegyn

RELEASE: 2024.04.05

PRE ORDER

CD 国内盤

BRC759(解説書・ボーナストラック追加収録)

BRC759(解説書・ボーナストラック追加収録)

¥ 2,600 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

新時代を到来を告げる先駆的プロデューサー、ヴィーガン!
これまでのキャリアの集大成といえる待望の最新アルバムをリリース!!
ジョン・グレイシア、マット・マルチーズ、ローレン・オーダー、レア・セン、イーサン・P・フリンら気鋭アーティストが多数参加!



実験し続けることで、自分が求めているものを表現する方法を自分なりに作り上げてきた。僕はただ、エモーショナルな共鳴を見つけようとしているだけなんだよ。              
- Vegyn


プロデューサー、DJ、デザイナー、レーベルオーナーと様々な顔を持つヴィーガンことジョー・ソーナリー。2022年には70曲以上を収録したミックステープ『Don't Follow Me Because I'm Lost Too!!』を発表し、2023年にはフジロック出演も果たすなど、多岐にわたる音楽活動を続けている彼は、本作に取り組むにあたって、本人が言うところの「いくつかの標準以下の作品」、つまり日の目を見ることのないレコードを何枚か作ったことで、古いパターンから脱却する必要を感じたという。洗練されたサウンドや、広大でオープンエンドなアイデアの代わりに、不完全さを許容したことで、一つ一つの楽曲が高揚感と不気味なメランコリアの間で綱渡りするような、 非常に精巧に作り上げられた作品が誕生した。
本作『The Road To Hell Is Paved With Good Intentions』は、自由奔放な実験空間から生まれた。プロデューサー、レーベルオーナーとして、世界を飛び回っているヴィーガンは、世界各地のスタジオ、リビングルーム、ホテルの部屋などで新曲を書き上げた。 これまでで最も完成度の高い本作には、ジョン・グレイシア、マット・マルチーズ、レア・セン、ローレン・オーダー、イーサン・P・フリンら多くの気鋭アーティストが参加している。
他の作品と同様、本作のタイトルも曖昧さに満ちている。直訳すると「地獄への道は善意で舗装されている」となるこの言葉が、実際に何を意味するのかを考えたとき「正しいことをすることで、かえって問題を増やしてしまう」といったことや「良いことをしようという頭の中の考えは何の役にも立たない」といった考えがジョーの頭に浮かんだ。いずれにしても、意図と行動の間にある分裂を捉えた言葉だと彼は説明している。
今作では、トレードマークでもある独特の華やかさやBPMの変化よりも、メロディーや曲構成に重点が置かれており、それが完成度の高さにつながっているのは間違いないが、それでもヴィーガンらしい皮肉の効いたユーモアやノスタルジックな瞬間は作品全体に散りばめられ、それがヴィーガンのすべての作品に共通する多幸感とメランコリーの絶妙なバランス、そして慰めと安らぎをもたらしている。このアルバムは、長年の経験と洗練の集大成であり、まさにシーンの先頭で時代を作るアーティストのサウンドだ。
国内盤CDには解説書が封入され、ボーナストラック「Goodbye!」が追加収録される。LPは通常盤(ブラック・ヴァイナル)に加え、特殊パッケージの数量限定盤(シルバー・ヴァイナル)の2形態で発売される。



The Road To Hell Is Paved With Good Intentions

TRACKLISTING

01. A Dream Goes On Forever (feat. John Glacier)
02. Another 9 Days (feat. Ethan P. Flynn)
03. Turn Me Inside (feat. Léa Sen)
04. Halo Flip (feat. Lauren Auder)
05. Everything Is the Same
06. The Path Less Travelled
07. Makeshift Tourniquet
08. Time Well Spent
09. In the Front (feat. John Glacier)
10. Trust (feat. Matt Maltese)
11. Stress Test
12. Last Night I Dreamt I Was Alone
13. Unlucky for Some...
14. Goodbye! *Bonus Track