2007年の秋に取材で訪れたLAで、フライング・ロータスのライヴを初めて見て、インタビューをした。ロータスはちょうど〈Warp〉と契約を交わした直後で、LAのシーンではかなり注目をされていて、ライヴをやったLow End Theoryの会場も彼を目当てに多くのオーディエンスが集まっていた。「最近はアメリカ全土からLAに新しい若い子たちがやって来ているように感じる」とロータスはインタビューで答え、若い才能を紹介していきたいとも言っていた。クリエーターやアーティストの目線だけではないものが、ロータスにはあるのでないか、そう感じたのを今でも覚えている。
 その翌年、2008年にロータスは〈Brainfeeder〉をスタートさせた。そして、サムアイアム、ラス・G、ガスランプ・キラー、トキモンスタ、ティーブス、ローン、マシュー・デイヴィッドら、フレッシュな才能を次々と世に送り出していった。それは、Low End Theoryがビート・ミュージックという新たなムーヴメントをLAに築いていった流れともリンクするものだった。ロータスの〈Warp〉からのタイトルも含めて、この時期、〈Brainfeeder〉がリリースした諸作は、ビート・ミュージックという新たな才能を生み出す基盤を拡張するものだった。
 しかし、2011年になると〈Brainfeeder〉は新たな潮流を生み始めた。オースティン・ペラルタとサンダーキャットのリリースだ。ジャズを学んだミュージシャンたちの新たなムーヴメントをいち早く捉えたのだ。テイラー・マクファーリンやカマシ・ワシントンのリリースがそれに続いた。ジョージ・クリントンとの契約も話題を呼んだ。ロータス自身の音楽がビート・ミュージックという枠組みだけでは捉えられなくなっていったように、〈Brainfeeder〉もまた緩やかに枠組みを崩していった。
 とはいえ、〈Brainfeeder〉がリリースを続ける音楽の中には、ビート・ミュージックやLAの多様な音楽コミュニティから還元されたもの、そしてロータスのルーツの一つにあるジャズがずっと刻み込まれている。
「コルトレーン一家という血筋は重いものであったのも事実だ。だけど、自分はジャズから離れて、こうやってビートで表現する手立てを見い出せたんだ」
 11年前のインタビューでそう答えたロータスの、表現の根幹にあるものはいまも変わらないし、そのアウトプットの一つが〈Brainfeeder〉であり続けているのだろう。現在も〈Brainfeeder〉からは、ロンドンの次世代ハウス・プロデューサー、ロス・フロム・フレンズ、ロータスのライヴ・メンバーでもあるマルチ奏者/プロデューサーのドリアン・コンセプト、 ノウアーの活動でも知られる凄腕ドラマー、ルイス・コールの諸作が次々とリリースされ、カマシのキーボード奏者でもあるブランドン・コールマン、シーンに影響力のあるシンガー/プロデューサーのジョージア・アン・マルドロウとも契約を交わし、それぞれアルバム・リリースも控えている。何れもが新たな期待感を抱かせるものばかりだ。
レーベルであり、コミュニティであり、ムーヴメントでもある〈Brainfeeder〉の10年を心から祝いたい。

原 雅明



Brainfeeder X Campaign T-ShirtsBrainfeeder X Campaign MugcupBrainfeeder X Campaign Sticker

CAMPAIGN 1
対象商品お買い上げで、Brainfeeder10周年記念ロゴ・ステッカー(3種ランダム/商品に封入)をプレゼント!


CAMPAIGN 2
対象商品3枚お買い上げで、応募するとBrainfeeder10周年記念特製マグカップもしくはオリジナル・Tシャツが必ず貰える!

応募方法:
対象商品の帯に記載されている応募マークを3枚集めて、必要事項をご記入の上、官製ハガキにて応募〆切日までにご応募ください。

応募ハガキ必須記入事項:
・応募マーク3枚の貼付(郵送中に剥がれないようしっかりとテープなどでお止めください)
・希望賞品[マグカップ or Tシャツ]*Tシャツの場合はサイズを記入
・ご氏名
・ご住所
・ご連絡先 (Eメール/電話番号)

※記入事項に漏れがあった場合、応募無効となりますので、ご注意ください。
※ご記入いただいた個人情報は、本キャンペーンの応募賞品発送以外に使用することは一切ありません。また、発送後は責任をもって破棄させていただきます。

応募〆切:
2018年12月10日(月) 当日消印まで有効

賞品発送:
2019年1月より随時発送開始

応募先住所:
〒153-0061
東京都目黒区中目黒3-8-15
BEATINK Inc. BRAINFEEDER X CAMPAIGN 宛


CAMPAIGN 3
後日詳細発表!



キャンペーン対象商品

ROSS FROM FRIENDS
Family Portrait
BRC-574
2018.07.27 On Sale

DORIAN CONCEPT
The Nature Of Imitation
BRC-581
2018.08.03 On Sale

LOUIS COLE
Time
BRC-575
2018.08.10 On Sale

BRANDON COLEMAN
Resistance
BRC-573
2018.09.14 On Sale

XXXXXXXXXX

XXXXXXXXXX


Brainfeeder X POP-UP SHOP

奇才フライング・ロータス初長編監督作品『KUSO』が、2018年8月18日 (土)より渋谷・シネクイントにて1週間限定レイトショー上映決定!“史上最もグロテスクな映画”とも称され、サンダンス映画祭にて退席者続出の問題作、遂に日本公開!

※チケットは 各鑑賞日の2日前より発売予定。詳しくはシネクイント公式 HPをご覧下さい。
www.cinequinto.com/shibuya



Brainfeeder Night in SonicMania

BRAINFEEDER NIGHT IN SONICMANIA

SONICMANIAに〈BRAINFEEDER〉 ステージが登場! 今年設立10周年を迎えたフライング・ロータス主宰レーベル〈BRAINFEEDER〉。サマーソニッ クに引けを取らない強力な出演陣が大きな話題となっている今年のソニックマニアでは、フライング・ロー タス、サンダーキャット、ジョージ・クリントン&パーラメント・ファンカデリックという最高の布陣に加 え、ドリアン・コンセプト、ジェームスズー、ロス・フロム・フレンズら、フライング・ロータスが激推しする逸材が一挙集結!

FLYING LOTUS
THUNDERCAT
GEORGE CLINTON
DORIAN CONCEPT
ROSS FROM FRIENDS
JAMESZOO

08.17 FRI MAKUHARI MESSE
www.sonicmania.jp