• HOME
  • NEWS
  • Domino
  • Sorry / "ロンドンらしさ"を体現した待望のセカンド・アルバム『Anywhere But Here』より新曲「Key To The City」を公開! アルバムは10/7発売!
Sorry / "ロンドンらしさ"を体現した待望のセカンド・アルバム『Anywhere But Here』より新曲「Key To The City」を公開! アルバムは10/7発売!

2022.09.07

Sorry / "ロンドンらしさ"を体現した待望のセカンド・アルバム『Anywhere But Here』より新曲「Key To The City」を公開! アルバムは10/7発売!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
Sorry / "ロンドンらしさ"を体現した待望のセカンド・アルバム『Anywhere But Here』より新曲「Key To The City」を公開! アルバムは10/7発売!

ノース・ロンドンを拠点に活動、幼少期からの親友であるアーシャ・ローレンツ、ルイス・オブライエンの2人によって結成され、現在はドラマーのリンカーン・バレット、マルチ・インストゥルメンタリストのキャンベル・バウム、エレクトロニクス奏者のマルコ・ピニを加えた体制で活動をするソーリーが10月7日にリリースされる待望のセカンド・アルバム『Anywhere But Here』より新曲「Key To The City」を公開!MVの監督はFLASHAが手がけた。
Sorry - Key To The City



「Key To The City」は、私の人生の中でもすごく特殊な状況下で生まれた曲だけど、より普遍的な響きを持つことを願っている。怒り、嫉妬、恨みなどの感情と、その人に対する否定できない愛情を調和させるのが難しいとき、必ずしも終わらせたくない人間関係の臨終の瞬間に、ある種の優しい「ファック・ユー」のような意味を込めた曲。プライドと弱さがクロスオーバーして、ヘッドライトの中の鹿のようなイメージになった。感情的にも、性的にも、精神的にも、すべてがさらけ出されていることを知りながら、懸命にコントロールしようとしている。ヘッドライトの中の裸体で、誰かの愛の中の裸体で......。

この曲は、最初のレコーディングセッションの後に、ルイが私たちを少し後押しするために新しいチューニングを試したことから生まれた。この曲はニック・ドレイクのような雰囲気を持っている。シネマティックで孤独なサウンドにしたかった。 - Asha Lorenz (Sorry)



ブラック・ミディ、シェイム、ゴート・ガールらと共に活動していたブリクストンのWindmillシーンから生まれたSorryは、グランジ、トラップ、シューゲイザーといったローファイ・サウンドへの情熱を共有し、独自の音楽世界を作り上げている。初のフルアルバム『925』がよりエレクトロニックなサウンドだとすれば、『Anywhere But Here』はカーリー・サイモンやランディ・ニューマンといった1970年代のクラシックなソングライターにオマージュを捧げている。アーシャの淡々としながらもスウィートなボーカルは、90年代初期のバンド、スリントやトータスを思わせる不協和音なギターサウンドや、カニエやキャピタル・スティーズの不規則なビートとコントラストを成している。

待望の最新作『Anywhere But Here』はCD、LP、カセット、デジタルにて10月7日リリース!国内盤CDには解説・歌詞対訳が封入され、ボーナストラックが収録される。また、輸入盤LPは通常盤のブラック・ヴァイナルに加えて、クリア・ボトル・グリーン仕様の限定盤、そして日本語帯・解説書付の限定盤(クリア・ボトル・グリーン仕様+)でも発売される。更にBIG LOVE RECORDS限定のクリア・ネオン・グリーン・ヴァイナルも発売される。

NEWS

2022.11.29
2022.11.29
2022.11.29
2022.11.28
2022.11.22
2022.11.21
2022.11.18
2022.11.16
2022.11.16
2022.11.16