• HOME
  • NEWS
  • 4AD
  • DRY CLEANING / Primaveraでの最新ライブ映像が解禁! さらに最新作『Stumpwork』の アナログ盤帯デザイン、および日本盤CD特典が決定!!
DRY CLEANING / Primaveraでの最新ライブ映像が解禁! さらに最新作『Stumpwork』の アナログ盤帯デザイン、および日本盤CD特典が決定!!

2022.08.05

DRY CLEANING / Primaveraでの最新ライブ映像が解禁! さらに最新作『Stumpwork』の アナログ盤帯デザイン、および日本盤CD特典が決定!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
DRY CLEANING / Primaveraでの最新ライブ映像が解禁! さらに最新作『Stumpwork』の アナログ盤帯デザイン、および日本盤CD特典が決定!!

80〜90sのUSニューウェーヴの芳香を纏ったオルタナティヴでアートな佇まいで、デビュー・アルバムがいきなり全英チャートを4位まで駆け上がった4人組バンド、ドライ・クリーニングが6月に行われた人気大型フェスPrimaveraでのライブ映像を公開。

Dry Cleaning at Primavera Sound 2022




さらに、10月21日に世界同時発売となる最新アルバム『Stumpwork』のアナログ盤初回限定日本語帯デザインおよび日本盤CD先着特典としてオリジナル・タオルが決定した。

先行シングル「Anna Calls From The Arctic」、「Don't Press Me」を含むドライ・クリーニング最新アルバム『Stumpwork』における影響の幅広さは目まぐるしく、バンドを単なるポスト・パンク・バンドと見なす人々に対する決定的な反撃となっている。音楽はより大胆になり、さらなる広がりを見せており、ショウの歌詞は、喪失や離別だけでなく、人間の経験におけるあらゆる紆余曲折、単純な喜びや些細な不満をも探求している。最終的にそこから浮かび上がるのは、繊細だが主張のある楽観主義と、好奇心の大切さを教えてくれるものだ。収録曲「Kwenchy Kups」でショウが歌っているように、「状況は最悪、でもなんとかなる(Things are shit, but they’re gonna be OK)」なのだ。

なお本作の日本盤CDには解説および歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラックを追加収録される。また、限定ブラック・ヴァイナルには購入者先着特典としてシングル「Don't Press Me」とアルバム未収録曲をカップリングした特典7インチ(レッド・ヴァイナル)をプレゼント。通常アナログ盤はホワイト・ヴァイナル仕様でのリリースとなり、どちらも初回限定日本語帯付仕様となる。

NEWS

2022.09.22
2022.09.22
2022.09.21
2022.09.16
2022.09.16
2022.09.16
2022.09.14
2022.09.14
2022.09.13
2022.09.13