• HOME
  • NEWS
  • Ninja Tune
  • Bonobo / フジロック2022出演! 全英チャートでトップ5入りを果たした話題の最新作『Fragments』 からの楽曲を含む全4曲のパフォーマスを人気番組 “KEXP" にて披露!
Bonobo / フジロック2022出演! 全英チャートでトップ5入りを果たした話題の最新作『Fragments』 からの楽曲を含む全4曲のパフォーマスを人気番組 “KEXP" にて披露!

2022.04.07

Bonobo / フジロック2022出演! 全英チャートでトップ5入りを果たした話題の最新作『Fragments』 からの楽曲を含む全4曲のパフォーマスを人気番組 “KEXP" にて披露!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
Bonobo / フジロック2022出演! 全英チャートでトップ5入りを果たした話題の最新作『Fragments』 からの楽曲を含む全4曲のパフォーマスを人気番組 “KEXP" にて披露!

癒しと脅威が同居する本作は時代と強くリンクしている - MUSICA

こんなにも感情を露わにしたボノボは初めてだ - Music Magazine

音楽的野心と希望に満ちた傑作 - rockin’on

様々な 音の断片を丹念に紡いで誕生した音は眩い程に美しい - intoxicate

本当に素晴らしい作品だ - Observer ★★★★★

有機的な温もりが海のように漂っている - Loud and Quiet ★★★★★★★★

この10年で最も素晴らしいアルバム - NME ★★★★

カーティス・メイフィールドのソロ・デビュー作のパワフルなオーケストレーションを思い起こさせる... - Mojo ★★★★

切なく、カタルシスへ誘うエレクトロニカの傑作 - Skinny ★★★★★

グラミー賞にこれまでに5回ノミネートを果たし、名実共にトップアーティストとしての地位を築いたボノボ。今年に入ってから発売された待望の最新作『Fragments』では全英チャートでトップ5入りを記録、ここ日本ではApple MusicとiTunesのジャンル別チャートで初登場1位を達成、益々注目を集める彼が、『Fragments』 からの楽曲を含む全4曲のパフォーマスを人気番組 “KEXP" にて披露した。

Bonobo - Full Performance (Live on KEXP)


Songs:
Counterpart
Shadows
From You
Surface

Simon Green - Bass / Synthesizer
Nicole Miglis - Vocals (“From You” & “Surface”)
Jordan Rakei - Vocals (“Shadows”)
Jack Baker - Drums
Mike Lesirge - Horns / Keys
Johnny Tomlinson - Keys
Ewan Wallace - Guitar

Host: Cheryl Waters
Audio Engineers: Tommy Williams & Kevin Suggs
Audio Mixer: Tommy Williams
Mastering: Matt Ogaz
Cameras: Jim Beckmann, Carlos Cruz, Scott Holpainen & Ettie Wahl
Editor: Jim Beckmann

また、最新作を提げ、フジロック2022に出演することも発表されている。

FUJI ROCK FESTIVAL '22
7月29日 (金) 30日(土) 31日(日)
新潟県 湯沢町 苗場スキー場
https://www.fujirockfestival.com

待望の最新作『Fragments』はCD、数量限定のCD/LP+Tシャツセット、LP、デジタルで発売中!国内盤CDには解説が封入され、ボーナストラック「Landforms」が収録される。また、Oカード付きのamazon限定CDも発売中。LPはブラック・ヴァイナルの通常盤、レッド・マーブル・ヴァイナルの限定盤、特殊パッケージにアートプリントが封入されたクリスタル・クリア・ヴァイナルのデラックス盤、限られたお店だけで手にはいるゴールド・ヴァイナルのストア限定盤で発売されている。さらに、レッド・マーブル・ヴァイナルの限定盤は数量限定サイン入りも発売中。また、タワーレコード限定で解説書が封入された日本語帯付ヴァイナルが手に入る。

Mikiki インタビュー
過去最高にドラマチック、未来へと突き進む力強さが漲った人生賛歌
https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/30803

Them Magazine インタビュー
——収録曲「Otomo」は日本語っぽい響きですが、もしや……。 「そう!実は漫画家の大友克洋に由来している。強烈なリズムと讃美歌の合唱が、まるで『アキラ』のサウンドトラックみたいじゃないかとね」
https://themmagazine.net/interview/2022/12795/

NEWS

2022.12.05
2022.12.01
2022.12.01
2022.11.30
2022.11.29
2022.11.29
2022.11.29
2022.11.28
2022.11.22
2022.11.21