• HOME
  • NEWS
  • Beat Records
  • 原 摩利彦 / プロジェクトメンバーとして参加しているメディアアーティストグループ、ダムタイプ 18年ぶり幻の新作パフォーマンス「2020」3 日間限定無料映像配信が決定!
原 摩利彦 / プロジェクトメンバーとして参加しているメディアアーティストグループ、ダムタイプ 18年ぶり幻の新作パフォーマンス「2020」3 日間限定無料映像配信が決定!

2020.12.17

原 摩利彦 / プロジェクトメンバーとして参加しているメディアアーティストグループ、ダムタイプ 18年ぶり幻の新作パフォーマンス「2020」3 日間限定無料映像配信が決定!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
原 摩利彦 / プロジェクトメンバーとして参加しているメディアアーティストグループ、ダムタイプ 18年ぶり幻の新作パフォーマンス「2020」3 日間限定無料映像配信が決定!

1984年に京都で結成され、中心的であった古橋悌二の没後も独自のスタイルで若手アーティストに大きな影響を与える高谷史郎や池田亮司らに加え、若いメンバーを得て活動を続ける日本を代表するメディアアーティストグループ、ダムタイプ。その新たなメンバーとして京都を拠点に国内外問わず広く活躍する音楽家、原 摩利彦が参加しており、18年ぶりのダムタイプの新作として注目を集めたパフォーマンス作品「2020」の無料配信(3日間限定)が決定!

 本作はKYOTO STEAM―世界文化交流祭 ―2020のプログラムのひとつとして、2020年 3月に上演予定であったが、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため中止となり、このたび無観客で収録・編集したものを配信。 先行してこの10月に京都ロームシアターで行った上映会では、会場全体から音を響かせるなど、圧倒的な空間を作り上げたダムタイプ。現代の人間社会が直面する事象について、洞察と探求を繰り返した末に完成した本作は、時代の大転換期の年の瀬に、私たちに深い思考を促すだろう。

《 開催概要 》
ダムタイプ 新作パフォーマンス「2020」映像配信
配信日時: 2020 年 12 月 25 日(金)10:00~27 日(日)23:59 (日本時間)
ロームシアター京都公式 YouTube チャンネル(無料配信)


https://www.youtube.com/channel/UC17J354cZsjO_0QOta8sAZw

配信内容:ダムタイプ 新作パフォーマンス「2020」 2020 年/日本/65 分 制作|ダムタイプ/ロームシアター京都
協力|株式会社タケナカ
企画製作|ロームシアター京都


《 ダムタイプ 》
池田亮司・大鹿展明・尾﨑 聡・白木 良・砂山典子・高谷史郎・高谷桜子・田中真由美・泊 博 雅・濱 哲史・原 摩利彦・平井優子・藤本隆行・古舘 健・薮内美佐子・アオイヤマダ・山中 透・ 吉本有輝子

【プロフィール】
1984 年に結成。ヴィジュアル・アート、映像、コンピューター・プログラミング、音楽、ダン スなど、様々な分野の複数のアーティストによって構成される。京都を活動の拠点とし、プロ ジェクト毎に参加メンバーが変化して制作される作品は、既成のジャンルにとらわれない、あ らゆる表現の形態を横断するマルチメディア・アートとして国内外で発表されている。2018 年 にポンピドゥー・センター・メッス(フランス)で個展「DUMB TYPE: ACTIONS + REFLEXIONS」 を開催、2019 年には新作やアーカイブを加えてバージョンアップした展覧会が東京都現代美術 館にて開催された。2022 年に予定されている第 59 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の 日本館出品作家に選出されている。

【上映会に寄せて】

2020年 3月、ダムタイプのパフォーマンス《2020》 は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で上演中止となりました。久しぶりに京都で新作パフォーマンス制作の機会を得 て、再びメンバーが集合し制作を開始した 2018 年には、このような未知のウイルスの感染が世界中に拡大するというような状況は予想していませんでしたが、約 1 年半にわたるクリエイション期間中には、人間社 会が直面する様々な事象(グローバリゼーション、 SNS、超高度情報化社会、監視社会、AI、コミュニケ ーション等々)について話し合い、思考を巡らし、そ れらを捉えようとする視点を持った作品へと成長していきました。

この新種のウイルスは我々人間にどのような変化をも たらすのでしょうか。経済的にグローバル化され国家と国家が競争する世界ではなく、すべての細部が協力し合うようなシステムについて、人と人とのコミュニケーションについて、立ち止まり考える機会となり得るでしょうか。 一度は上演中止となった本作品が、このたび、記録映像の配信という形で公開できますことを、ロームシアター京都ならびに関係者の皆様に感謝申し上げます。

(2020 年 12 月 ダムタイプ)


 原 摩利彦は2020年、最新作『PASSION』のリリースし、今月には自身が2018年から2019年に行ったライブ演奏の音源を厳選し、全12曲にまとめたライブアルバム『MARIHIKO HARA SELECTED LIVE RECORDINGS 2018-2019』をリリース。その他にも映像作品やCMへの楽曲提供、美術展やホテルのサウンドスケープを手掛けるなど、精力的に活動している。

【『PASSION』収録MV】
森山未來出演のMV「Passion」

https://youtu.be/1FeL0js8nB0

1968年に撮影された世界の風景映像を用いたMV「Via Muzio Clementi」
https://youtu.be/0z5bQerLCCc

【『MARIHIKO HARA SELECTED LIVE RECORDINGS 2018-2019』 】
https://odesli.co/Rq8NNQ30P5MZj

 最新作『PASSION』は現在好評発売中。心に沁みる叙情的な響きの中に地下水脈のように流れる「強さ」を感じさせる、原の音世界がぎゅっと詰まった全15曲を収録。マスタリングエンジニアには原も敬愛する故ヨハン・ヨハンソンが残した名盤『オルフェ』を手がけた名手フランチェスコ・ドナデッロを迎えており、作品の音にさらなる深みを与えている。また、購入特典として録り下ろしのスコット・ウォーカーの名曲「Farmer In The City」カヴァー音源をプレゼント。

NEWS

2021.05.14
2021.05.13
2021.05.12
2021.05.07
2021.05.06
2021.04.30
2021.04.30
2021.04.28
2021.04.28
2021.04.27

RELATED NEWS