トップ・ページ ニュース ビートレコーズ イベント オーディオ・アクティブ ドライ&ヘビー ビートインクオフィシャル通信販売サイト リンク メール English Page

Autechre, Juan Atkins and much much more...

TOP

Autechre

Autechre

BOTTOM

TOP

Appearance:
Autechre
オウテカ

Juan Atkins
ホアン・アトキンス

Claude Young
クロード・ヤング

EYE (BOREDOMS)

Manathol
マナソル

2nd floor:
Manathol (Bwugung/Mille-Plateaux)

Sabi (SAAG/merck)


Date:
2010.06.04 (Fri)
OPEN/START: 22:00
Venue:
ディファ有明
www.differ.co.jp

Differ Ariake / ディファ有明

Ticket:
ADV.¥5,500 / DAY¥6,500
Available on
●BEATINK ( Online-Shop "beatkart" )
●チケットぴあ(P:101-616)
●ローソン(L:73063)
●e+(pre-order:3/1-3/7)
●レコード・ショップ:disk union(渋谷CLUB MUSIC SHOP / 新宿CLUB MUSIC SHOP / 新宿本館1F / お茶の水CLUB MUSIC SHOP / 池袋店 / 下北沢店 / 吉祥寺店 / 国立駅前店 / 町田店 / 淵野辺店 / 千葉店 / 柏店 / 北浦和店)、GAN-BAN、HMV渋谷店、TECHNIQUE、TOWER RECORDS新宿店、TOWER RECORDS渋谷店、TOWER RECORDS秋葉原店
Attention:
20歳未満の方はご入場出来ません/入場時に写真付身分証の提示をお願いします。
YOU MUST BE 20 AND OVER / PHOTO ID REQUIRED

BOTTOM



TOP

Autechre Artist Page beatink.com
Aurechre
Artist Page

BOTTOM


Autechre T-Shirts

UKエレクトリック・ミュージックのパイオニア、オウテカによる
完全暗転したフロアーで繰り広げるエクスペリメンタルなライブ・セット!
更にデトロイト・テクノのオリジネイター=ホアン・アトキンス、クロード・ヤング、そしてボアダムスのEYEを迎え開催する貴重な一夜開催決定!!


 印象的な旋律と研ぎ澄まされた音を精工にレイヤーし特異で立体的な音響を構築、その揺るぎなき創造性を結実させた新作アルバム『OVERSTEPS』のリリースと共にオウテカが2年振りに来日する。これまでの来日でも自身が運営に関わるレーベル、Skamのロブ・ホールやマソニックスことグラハム・マッシー等をツアーに帯同させ、もはやおなじみとなった(そして常に圧倒的である)漆黒の空間でのライブ共々、徹頭徹尾コンセプチュアルな夜を演出してきたオウテカの2人だが、今回の来日公演で彼等はサイボトロンの1人としてデトロイト・テクノの礎を築き、以降もモデル500名義を中心に数多くのアンセムを手掛けてきたゴッドファーザー・オブ・デトロイト・テクノ=ホアン・アトキンス、そしてデトロイトからそのキャリアをスタートさせ、プロデューサーとしてはもちろん数多くのMix CDも手掛けDJとしてのスキルも高い評価を得ているクロード・ヤング達を共演者して選出。更に巨大なウェアハウスといった様相のディファ有明に、この日の為にサウンド・システム=ファンクション・ワンを導入し、長期ヨーロッパ・ツアーを経て来日する彼等を万全のシチュエーションで迎える。歴史と進化を体感し意識が躍動する、文字通り”特別”な一夜になる事は必至だ。

 経験している人はよく知っているように、オウテカのライヴは本当にエキサイティングだ。いまだ挑戦的で、変わらず実験的なことをやりながら、彼らのライヴは陶酔的で、早い話、のれるのだ。次にどんな展開が待っているのか、先が読めない楽しさというのもある。最新アルバムの『オーヴァーステップス』でみせたディテールにおける複雑性が、彼らのステージでどのように反映されるのかという点においても興味深い。そしてあの音楽のぞくっとするほどの美しい瞬間がいかように導き出されるのだろう、本当に楽しみだ。
 また、先日取材したときに「いまシュトックハウゼンとマントロニクスのどっちを聴きたいか?」と問うたところ、迷わず「マントロニクス」と答えるところにオウテカのハートを感じたりもした。だからオウテカからのリクエストということで、DJにホアン・アトキンスやクロード・ヤングがブッキングされるのもよくわかる話だ(そして、おそらくアトキンスはマントロニクスをかけるだろう……)。オウテカは結局のところ、自分たちがエレクトロ・ヒップホップ〜テクノという流れのなかにいることを自覚している。そしてこの文化はつねに新しく変化し、更新されるべきだと信じている。立ち止まってはいけない。行こう!
野田 努 / ele-king (www.dommune.com/ele-king/)


- Running Order -


10:00-11:00 Manathol
11:00-12:00 EYE
12:00-01:30 Claude Young
01:30-02:45 Autechre
02:45-05:00 Juan Atkins

当日券情報


当日券は22:00より会場入り口にて販売致します。
当日券: 6,500円
*当日券は売り切れ次第、終了いたします。あらかじめご了承ください。

Topics
Topics

bottom

TOP

Pickup Artists

BOTTOM