トップ・ページ ニュース ビートレコーズ イベント オーディオ・アクティブ ドライ&ヘビー ビートインクオフィシャル通信販売サイト リンク メール English Page


artist :
title :
Sound Mirrors
catalog no. : BRC-142
price : 2,500yen
release date : 2006/01/25
日本盤CD


豪華ゲスト多数参加!!
<NINJA TUNE>の総帥COLDCUT、9年振りの最新アルバム

VJソフト「VJamm3 Sound Mirrorsバージョン」付き
音と映像をミックスする究極のオーディオビジュアル楽器!
コールドカット自らが開発した画期的VJソフト付き。





NINJA TUNE presents ZEN TV II出演決定!






2006年の最初を飾るに相応しい大注目作が到着!!<NINJA TUNE>を設立後、数々のアーティストを世に送りだし、アンダーワールドやケミカルブラザーズ等と共にUK音楽シーンを盛り上げてきた、ブレイク・ビーツの立て役者コールドカット。音楽以外にも映像分野での功績も大きく、VJAMのソフトやDVDJの開発にたずさわり、現在の音楽と映像の掛け橋としてマルチな活躍してきた彼等が遂に9年振りの最新作(オリジナル3rdアルバム)をリリース。なんと全12曲中のうち10曲にゲスト・ヴォーカルを迎えた本作は、幅広い音楽ファンに多大な影響を与えること受け合いな1枚。まず冒頭を華々しく飾るのは、ジョン・スペンサー(元JSBX)とマイク・ラッドが激しく歌い上げる、大ヒット中の骨太ロッキン・トラック「 Everything Is Under Control 」。そしてスクラッチと軽快なコンガのリズムにルーツ・マヌーヴァのリリックがマッチしたダンスホール的な「True Skool 」に、生きた伝説ロバート・オウェンズをフィーチャーした「Walk A Mile」。そして感動さえも沸き起こる最高のアブストラクト・ナンバー「Mr Nichols」には独特のポエトリー・リーディング的なスタイルMCで注目を集める孤高の詩人ソウル・ウィリアムス等、それぞれのアーティストが持つ個性を生かしながらもコールドカット流の絶妙なアレンジでユーモアかつバラエティーにとんだ本作は、進化した彼等を楽しめ、実感できるアルバム!!

Photo by Steve Double


tracklisting
Everything Is Under Control / True Skool / Man In A Garage / Walk A Mile / Mr Nichols / Sound Mirrors / Boogieman / This Island Ea / Whistle And A Prayer / Colours The S / Just For The Kick * / Aid Dealer *
(* bonus tracks)





バイオグラフィー
1987年 コールドカット結成
元美術教師ジョナサン・モアとコンピュータープログラマーのマット・ブラックが出会い、コールドカットを結成。ここから新たなるダンス・ミュージックの歴史の幕開けとなる!!
1988年 デビューアルバム『What's That Noise』をリリース
1990年 NINJATUNE設立
メジャーでの規制に嫌気をさし、自らレーベルを立ち上げる。その後、多くのアーティスト/サウンドを世に送りだすことになる
1995年 「Autumn Leaves」がラウンジ・ブームのアンセムとなる
1997年 CDとCD-ROMの2枚組、ヴィジアルとサウンドの初融合アルバム
コールドカットの名を世に轟かせた名盤『Let Us Play』をリリース
4年もの歳月を費やし完成した2ndアルバムは、ありとあらゆるサウンド&ヴィジュアル、ゲームとクイズとアミューズメントを詰め込んだ前代未聞の「サウンドおもちゃ箱」
DJ クラッシュとの来日記念盤『Cold Krush Cuts』リリース
「Atomic Moog 2000」をリリース
VJAM(ヴィジャム)を完成させる
VJ (MIDIを通じて映像操作する)ソフトを制作、当時のオーディオ・ヴィジュアルの世界に、革命的な影響を与えた!!
1998年 「Timber (with ヘクスタティック)」をリリース
VJAMを使ったPVが話題となった、ヘクスタティック参加の代表シングル。
1999年 リミックス・アルバム『Let Us Replay』をリリース
前作『Let Us play』をカール・クレイグや、日本からは坂本龍一、コ−ネリアスなどの豪華アーティストが多数参加したリミックス・アルバム。
2001年 「Re:volution」をリリース
当時UKで行われていた選挙戦に出馬していた政治家達をやじり、世界的話題になった問題作!!!!
フジロック・フェスティバル(ホワイト・ステージ)出演
この年のホワイト・ステージでの"ベスト・アクト"と賞賛を浴びる。
2004年 ニンジャ・チューン ZEN TV ジャパンツアーにて来日
コールドカット、へクスタティック、キッド・コアラ、ボノボ、ジェイソン・スインスコ−(シネマテック・オーケストラ)と共にツアーを行い、東京公演@O-EASTではオープン以来、初の最大集客人数を記録した。
2005年 ジョン・スペンサー、マイク・ラッドがボーカル参加した「Everything Is Under Control」をリリース
エレクトラグライド'05に初参戦
11/25東京@幕張メッセ、11/26 大阪@ATCホールで行われる国内最大級を誇るエレクトロニクス・ミュージックの祭典、エレクトラグライド2005に今回初出演!!この他にもアンダーワールド、オウテカ、カール・コックス、クリス・カニンガムが出演。








COLDCUTオフィシャルサイト
COLDCUT特集がSPACE SHOWER TVでオンエア
NINJA TUNE presents ZEN TV II出演決定!
COLDCUT "Everything Is Under Control" (BRE21)
通信販売 -> The Deli (ビートインクオフィシャル通販サイト)