360° LIVE VIDEO
ソールドアウトした来日公演のライヴ映像を全方向見渡せる360度動画で公開!



全天球撮影:渡邊課(Concent, Inc.) http://watanabe-ka.tumblr.com

最新アルバム『Damogen Furies』が、キャリア最高となるオリコン洋楽チャート4位を記録し、5月の来日公演でも集まったオーディエンスの度肝を抜くパフォーマンスで大成功を収めたスクエアプッシャーが、ソールドアウトした東京公演のライヴ映像を公開した。来日を前に公開されたいた「Stor Eiglass」同様、今回のライヴ映像も全方位を見渡せる360度動画となっている。ステージ上に設置された360度カメラによって、映像が投影されたスクエアプッシャーのライブ・アクションから2枚の大型スクリーンに映し出される映像、さらに会場のリアクションまで臨場感抜群で体感することができる。ライヴを実際に見た人も見れなかった人も必見です!

LIVE REPORT
2015.05.15.FRI @ YEBIS THE GARDEN HALL

Squarepusher

Squarepusher

 去る5月15日、スクエアプッシャーのおよそ11年ぶりとなる単独来日公演が恵比寿ザ・ガーデン・ホールにて開催された。
 3月末、最新作『Damogen Furies』のリリースに先駆け、アルバム収録曲「RAYC FIRE 2」のパフォーマンス 映像がYouTubeにアップされた。そこにはスクエアプッシャーことトム・ジェンキンソン自身がスクリーンの一部となって、きめ細やかで暴力的なあのサウンドとともに、すさまじい精度でシンクロするキレ味鋭いモーショングラフィックスの映像が映し出されていた。5分間の映像でもかなりのインパクトだが、今回の来日公演では、それが一時間以上も続くという刺激に満ち満ちた体験となった。

 完全暗転した会場。ステージの背後には二枚の巨大スクリーンがそびえ立ち、その中央には、フルフェイスのヘルメットをつけ、まるで宇宙服か化学防護服かと言わんばかりの衣装をまとったトムが。自身に映像を写しながらラップトップ画面を見てライヴをするためのその出で立ちは、コミカルでありながら異様な迫力がある。そこから爆音(スーパーウーファーを4台入れたとのこと)で放たれる高速屈折ブレイクビーツの乱射と、絶えず動き回り明滅していく映像が繰り出される。

 一曲目に披露されたのは『Do You Know Squarepusher?』から「Kill Robok」。メロディ要素がほとんどない隙間の多い楽曲で、キックやベースの強烈な音圧、あるいは映像とのシンクロ具合を体験するにはもってこいの曲。しかしながらいきなりの意表をつく超エクスペリメンタルな展開に、観客も踊るというよりも圧倒されて唖然とすることの方が多かったのではないかと思う。二曲目以降は新作『Damogen Furies』収録曲をアルバムの曲順に披露。フロアもヒートアップしていった。例えばキックが鳴る時はトムのみに映像が映し出され、スネアが鳴ると他の画面が光るといった具合に映像と音が細かく同期していたりするのだが、音数が多くやたらと展開が早い上に音量が尋常じゃなく大きいので、その情報量はYouTube映像との比にならない。光はスクリーンのあちこちで常に何かしらの音に反応し、音は常に移ろいでいく。ステージを見て頭と体を揺さぶられるうちに光と音に飲み込まれていくような未知の感覚に陥っていく。間もなくキャリア20年を迎えようとする彼が今もなお自らの表現を更新していることも本当に驚異的だと思う。

 ライヴ本編が終わると、アンコールではヘルメットを脱いだトムが登場し、ついに6弦ベースを持ってベースソロを披露。『Ultravisitor』から「Iambic 9 Poetry」を演奏。このあたりの「求められているものをわかっている」感、サービス精神旺盛なところも素晴らしい。最後にはシーケンスを流し、かの名曲「Tetra-Sync」をダイナミックに演奏してみせた。おそらくはベースのボリュームメーターであろう、ベースの音と同期したブルーのグラフィックをスクリーンいっぱいに投影。海のように波打つ美しい映像とともに公演は幕を閉じた。

text by 南波一海

Squarepusher

Squarepusher



ソールドアウト目前の単独公演はいよいよ今週!
360度見渡せる最新ミュージック・ビデオ公開!会場にて話題のバーチャルリアリティ・ミュージック・ビデオを体験できる特設ブースの設置も決定!

先月リリースされた最新アルバム『Damogen Furies』が、キャリア最高となるオリコン洋楽チャート4位を記録するなど、大きな反響を呼んでいるスクエアプッシャー。
いよいよ明後日からスタートする来日公演にさきがけ、本日最新のミュージック・ビデオ「Stor Eiglass」が公開された。UKを拠点とするクリエイティブスタジオ《Marshmallow Laser Feast》、アニメーション・スタジオ《Blue Zoo》、イラストレーター、Rob Pybusとの共同作業で制作された本ビデオは、バーチャルリアリティ仕様のミュージック・ビデオになっており、カラフルなアニメーション世界を360度どんな方向からでも見渡すことが可能となっている。

先日真鍋大度のDJ出演も発表された東京公演では、「Stor Eiglass」のミュージック・ビデオのバーチャルリアリティ世界を体験できる特設ブースの設置が決定。VR体験ブースでは、Oculus RiftなどのVRデバイスが用意され、全方位バーチャルリアリティ体験を臨場感抜群で体感することができる。

STOR EIGLASS

ANDY

*本ミュージック・ビデオを体験するには、お使いのスマートフォン (iPhone/Android)にフリーでダウンロードできる専用アプリをインストールする必要があります。

「Stor Eiglass」VRアプリのダウンロードはコチラ!
iOS【http://smarturl.it/stor-eiglass-ios
Android【http://smarturl.it/stor-eiglass-play

「Stor Eiglass」の360度動画がコチラ!
ライヴ会場の特設ブースでは、VRデバイスで、より臨場感のある体験が可能!

STOR
PREVIEW
EIGLASS


スクエアプッシャーVR体験ブース
協力:渡邊課(Concent, Inc.)
http://watanabe-ka.tumblr.com

[ 当日券情報はこちら ]
17:00より会場(恵比寿ザ・ガーデン・ホール)にて販売開始!
若干数となりますので、売り切れ次第終了とさせて頂きます。ご了承ください。

当日券:6500円(1ドリンク代別途)

[ チケット情報はこちら ]
SOLD OUT!!!
BEATINK WEB SHOP "beatkart"(shop.beatink.com)、e+(イープラス)チケットぴあ(Pコード:257-891)、ローソンチケット(Lコード:73082)
tixee(スマホEチケット)、Clubberia

店頭販売(当日まで販売)残りわずか!!!
HMV Record shop(渋谷)、diskunion(渋谷CMS / 新宿CMS / 下北沢CMS / 吉祥寺店 / お茶の水駅前店)、Tower Record 新宿店Technique


[ タイムテーブルはこちら ]
18:00 Doors Open → 19:00 真鍋大度 → 19:50 SQUAREPUSHER

※予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。


来日まであと2週間!
フロント・アクトに真鍋大度が出演(東京公演)

SQUAREPUSHER

DAITO MANABE

開催まであと2週間!そして待ちに待った最新アルバム『Damogen Furies』も発売され、オリコンの洋楽チャート4位、メインチャート37位とキャリア最高位を記録し、ドンドンその勢いを増してきたスクエアプッシャー。
さらにここで東京公演にフロントアクトとして真鍋大度がDJ出演することを大発表!

昨年スクエアプッシャーとロボットバンドZ-MACHINESとのコラボレーションの際には、真鍋氏が「SAD ROBOT GOES FUNNY」のミュージック・ビデオ (http://www.youtube.com/watch?v=VkUq4sO4LQM)の制作を担当するなど縁は深い。また彼のDJプレイと聞いてピンとこない人もいるかもしれないが、昨年末のフライング・ロータスのアフター・パーティー@恵比寿リキッドルームでも大評判を博した通り、その実力は折り紙つきだ。
いよいよ完売迫る来日公演!チケット確保はお早めに!

来日まであと3週間!
スクエアプッシャー最新アルバム『DAMOGEN FURIES』がいよいよ本日リリース!
見逃し厳禁!日本時間明朝8時、NYで行われるスペシャル・イベントのオンライン生配信が決定!

最新アルバム『Damogen Furies』のリリースを記念し、ニューヨークにて一夜限りのオーディオ・ヴィジュアル・インスタレーションが披露され、その様子が公式サイト(http://squarepusher.net/)より生中継されることも決定した。放送は、日本時間4月22日(水)午前8時スタート予定。このインスタレーションは、アニマル・コレクティヴやデペッシュ・モード、ファレル・ウィリアムス、フライング・ロータスなどの写真や映像を手がける映像作家のティム・サセンティと、ジェネレーティブアートのクリエイターとして活躍するジョシュア・デイヴィスとのコラボレーション作品であり、スクエアプッシャーのパフォーマンスの一部と同期させた形で、プロジェクションとモーション・グラフィックを駆使した映像を披露するというもの。イベントは入場無料(入場制限あり)となっている。

エイフェックス・ツインにも通じるドリルンベース的なサウンドの中に、初期から一貫したアプローチを持つジャズの手法、はたまたアシッドやインダストリアル、エレクトロニカななエッセンスを盛り込んだオリジナリティあふれる曲が並んでいる。
- TV Bros

凄絶かつお茶目な超人
- rockin’on 5月号

ジャンルを超越した音塊が次々にあふれ出る
- MUSIC MAGAZINE 5月号

ここ数年の活動の完結編にして決定版的な作品
- 宇野維正 MUSICA5月号

全編ワンテイク録音編集なし!の衝撃も相まって、ズタズタに切り刻まれたビートが、不穏に動き廻る音階が、そして圧倒的な「鉄」の感触が容赦なくこちらの五感を埋め尽くす……。EDMの多幸やエレクトロニカの深淵に真っ向から中指を立てるかのように気を吐くこの孤高。
- 庄村聡泰 MUSICA5月号

『Damogen Furies』のような全編エレクトロニック・サウンドのアルバムでも、ジェンキンソンはオーガニックかつレスポンシブな音楽を追求している。楽器の限界を超えるためにテクノロジーを使うというよりも、人間らしい柔軟性を反映させているのだ。
- Pitchfork

エイフェックス・ツイン『Syro』と並んで語られるべき名盤。誰よりも先を行っているということを、この比類なきアーティストは再び証明した。
- NME


SQUAREPUSHER帰還!!!
常軌を逸した鬼気迫る新作『DAMOGEN FURIES』のリリースと11年振りまさかの単独公演を発表!
衝撃の最新ライヴの全貌が明らかに!ネクストレベルの最新オーディオ・ヴィジュアル・パフォーマンス映像公開中!

LEDスクリーンとLEDマスクを用いた革新的ライブパフォーマンスと共に生まれた前作『Ufabulum』から3年、鬼才スクエアプッシャーことトム・ジェンキンソンが、かつてないほど強烈で、常軌を逸したとしか思えないほどの爆発的衝動を凝縮した最新作『Damogen Furies(ダモジェン・フューリーズ)』を完成させた。その衝撃の一端が、今回公開された新曲「Rayc Fire 2」でも垣間見れる。なおこちらの音源はスクエアプッシャー公式サイトにて無料配信中。自動生成プログラムによって世界で唯一のアートワークをゲットできる音源ファイルがダウンロード可能。驚くべきは、ここにアルバムに収められたトラックは、すべてワンテイクで録られたもので、編集も一切ないということ。今作は、長年にわたるハードウェアやソフトウェアの実験や解析を経て辿り着いた一つの最高到達点であり、キャリアを通して磨き上げてきた手法や技巧が、より直感的に、パワフルに再現された作品と言える。

前作『Ufabulm』リリース時のLEDを駆使したライブパフォーマンスは、SonarSound Tokyoとエレクトラグライドで披露されたが、今回は代表作『Ultravisitor』ツアー以来、実に11年振りとなる、まさかの単独公演が5月15日(金)に東京で実現!さらに京都で行われるTHE STAR FESTIVALにも翌16日にヘッドライナーとして出演が決定!

最新ライブセットが初披露される来月の英バービカン・センターでのショーも即完し、刷新されたパフォーマンスへの注目度は増すばかり!東京公演のチケット先行発売は、2月20日金曜正午からBEATINK WEB SHOP "beatkart"(shop.beatink.com)および、e+(イープラス)プレオーダーにてスタート!

スクエアプッシャー3年振りの最新作『Damogen Furies』は、ボーナストラック追加収録で4月21日にリリース。初回生産盤CDのみ三つ折りデジパック仕様。また数量限定で最新デザインのTシャツ付セットの販売も決定!iTunesでは『Mastered for iTunes』フォーマットでマスタリングされた高音質音源での配信となる。
またタワーレコードではアートワーク缶バッヂ、HMVでは、ロゴ缶バッヂ、diskunionではオリジナル・ポスター、amazonではロゴ・マグネット、その他の対象店舗では、ロゴ・ステッカーが、アルバム購入者に先着でプレゼントされる。

LIVE AT
BARBICAN


STOR
EIGLASS

「Stor Eiglass」の試聴はこちら

今回公開された「Stor Eiglass」では、より攻撃的なサウンドが堪能できると同時に、エレクトロニック・ミュージックのパイオニア的作曲家であるスクエアプッシャーの広域かつ類稀なる音楽的解釈を垣間見ることができる。


DOWN
LOAD

新曲「Rayc Fire 2」の試聴およびダウンロードはこちら

squarepusher.net

Squarepusher / Damogen Furies

SQUAREPUSHER / DAMOGEN FURIES

スクエアプッシャー[ ダモジェン・フューリーズ ]
Released 21st April 2015
cat no.: BRC-461
price: ¥2,200 (tax in)

[ ご予約はこちら ]
amazon:国内盤CD / Tシャツ付き限定盤 - Sサイズ , Mサイズ , Lサイズ , XLサイズ
beatkart:国内盤CD / Tシャツ付き限定盤
Tower Records:国内盤CD
HMV:国内盤CD
iTunes:Damogen Furies - Squarepusher



T-SHIRTS
SET



TRACK
LIST

01. Stor Eiglass
02. Baltang Ort
03. Rayc Fire 2

04. Kontenjaz
05. Exjag Nives
06. Baltang Arg

07. Kwang Bass
08. D Frozent Aac
09. Straks Nombir (Bonus Track for Japan)


LIVE
DATES

『Ultravisitor』ツアー以来、実に11年振りとなる、まさかの単独公演決定!

[ TOKYO ]
2015 - 05 - 15 - FRI
恵比寿 ザ・ガーデン・ホール

OPEN/START 18:00
TICKET 前売 ¥5,500(+税)
*1ドリンク代別途

主催: SHIBUYA TELEVISION
企画・制作: BEATINK
協力: 恵比寿ガーデンプレイス
INFO: BEATINK 03-5768-1277
info@beatink.com

[ KYOTO ]
2015 - 05 - 16 - SAT
"The Star Festival"
スチール®の森 京都

出演:DJ KOZE / ZIP / FUMIYA TANAKA / LAWRENCE / AXEL BOMAN / AND MORE.

TICKET(税込):
前売 ¥7,500
グループ券(4枚)¥28,000
グループ券(10枚)¥60,000

[ MORE INFO ]
http://www.thestarfestival.com
MAIL:info@thestarfestival.com



RAYC FIRE 2
CLIP




TOP

Squarepusher

Squarepusher

BOTTOM


Official




Topics

Bottom


Page Top