TOP

TOP

Cover Image

Artist:
Plaid
― プラッド
Title:
The Digging Remedy
― ザ・ディギング・レメディ
Release date:
2016.06.10 On Sale
Label:
Warp Records / Beat Records
Cat No.:
BRC-517
初回生産分特典:
ボーナスMIX CD付
国内盤特典:
ボーナストラック追加収録
解説書封入

BOTTOM

Track List

  • 01.
  • Do Matter
  • 02.
  • Dilatone
  • 03.
  • CLOCK
  • 04.
  • The Bee
  • 05.
  • Melifer
  • 06.
  • Baby Step Giant Step
  • 07.
  • Yu Mountain
  • 08.
  • Lambswood
  • 09.
  • Saladore
  • 10.
  • Reeling Spiders
  • 11.
  • Held
  • 12.
  • Wen
  • 13.
  • Nulls *Bonus Track For Japan


Official

Official

Official


TOP

Plaid Artist Page beatink.com
PLAID
Artist Page

BOTTOM


PLAID
THE DIGGING REMEDY
プラッド / ザ・ディギング・レメディ

2016.05.30
新曲「Do Matter」のMVを公開!

〈WARP〉が誇るエレクトロニック・ミュージックのオリジネイター、プラッドが、6月10日(金)に世界同時リリースする2年振りの最新アルバム『The Digging Remedy』から、新曲「Do Matter」のミュージック・ビデオを公開!



本ミュージック・ビデオは、映像作家Christopher Arcellaが、監督およびプロデュースを手掛けており、シネマティックなプラッドの楽曲をストーリーの基盤とし、ザ・デザイナーズ・リパブリックが手がけたロゴ・アートにインスパイアされたという飛行物体が登場する。

2016.05.17
6/10世界同時リリースの最新アルバム『THE DIGGING REMEDY』から
新曲「The Bee」を特設サイトにて公開!

〈WARP〉が誇るエレクトロニック・ミュージックのオリジネイター、プラッドが、6月10日(金)に世界同時リリースする2年振りの最新アルバム『The Digging Remedy』から、新曲「The Bee」を公開した。先日公開された「Clock」同様、今回もデジタル・アーティスト、Cabbio(cabbi.bo)とのコラボで制作されたインタラクティブな特設サイトにて音源を入手できる。

http://dig.thediggingremedy.com

今回公開された「The Bee」は、スウィンギングなヒップホップ・ビートの上が特徴。最新作『The Digging Remedy』では、活動初期の彼らにインスピレーションを与えたすべての音楽的要素が詰まっている。そしてその全てがより壮大に、より対象範囲が広く、より華麗で、より細部まで輝いている。また今作では、マルチ楽器奏者のベネット・ウォルシュがフルートとギターで参加。拡大し続けるプラッドのサウンド・パレットにまた新たな魅力を加えている。

2016.04.28
最新アルバム『THE DIGGING REMEDY』を6月10日世界同時リリース!
特設サイトと新曲「CLOCK」を公開!

〈WARP〉が誇るエレクトロニック・ミュージックのオリジネイター、プラッドが2014年以来2年振りの最新アルバム『The Digging Remedy』を6月10日(金)に世界同時リリースする。今回の発表に合わせ、デジタル・アーティスト、Cabbio(cabbi.bo)とのコラボし制作された特設サイト(thediggingremedy.com)がオープン。そこで新曲「Clock」が公開されている。

エド・ハンドレイとアンディ・ターナーによるプラッドは、同時代のエレクトロニック・ミュージックの進化を体現し続け、長きに渡ってエレクトロニカ・シーンの中心で活躍する存在だ。〈Warp〉の仲間であるオウテカやエイフェックス・ツイン、盟友リッチー・ホウティンらと共に、革新的なリズムのバリエーションや、感情に訴えるメロディやサウンド・デザイン、そして官能的なテクスチャーをエレクトロニック・ミュージックにもたらし、彼らが生み出した聴き手を温かく包むような楽曲は、興奮を煽るレイヴ・エクスプロージョンと好対照を成していた。

最新作『The Digging Remedy』では、今回公開された「Clock」の恍惚としたデトロイト・コードのように、活動初期の彼らにインスピレーションを与えたすべての音楽的要素が詰まっている。そしてその全てがより壮大に、より対象範囲が広く、より華麗で、より細部まで輝いている。また今作では、マルチ楽器奏者のベネット・ウォルシュがフルートとギターで参加。拡大し続けるプラッドのサウンド・パレットにまた新たな魅力を加えている。

各曲とも最高の作品価値がありながらも、どれひとつとして小手先の器用さや仰々しい見せ場には走らず、また現在のエレクトロニック・ミュージックにありがちな、大衆を喜ばせるためのこれ見よがしなスタジアム向けの楽曲に、プラッドが手を染めるすることも決してない。だからこそ彼らは、長い歳月を重ねてきた中で、音楽制作の目的と価値観とが活動初期から変わっていなくても尚、斬新な存在であり続けているのだ。

プラッド最新アルバム『The Digging Remedy』は、6月10日(金)世界同時リリース!国内盤にはボーナストラック「Nulls」が追加収録され、解説書が封入されるほか、初回生産分はボーナスMIX CD付きとなっている。iTunesでアルバムを予約すると、公開された「Clock」がいちはやくダウンロードできる。

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM