TOP

TOP

Nightmares on Wax / Feelin’ Good

Artist:
Nightmares on Wax
- ナイトメアズ・オン・ワックス
Title:
Feelin’ Good
- フィーリン・グッド
Rlease date:
2013.09.14 sat On Sale
Label:
Warp Records / Beat Records
国内盤CD:
BRC-386
日本盤特典:
ボーナス・トラック追加収録

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • So Here We Are
  • 02.
  • Be, I Do
  • 03.
  • Master Plan
  • 04.
  • Luna 2 feat. Wolfgang Haffner
  • 05.
  • Now is The Time
  • 06.
  • Give Thx
  • 07.
  • Eye (Can't See)
  • 08.
  • Tapestry
  • 09.
  • There 4u
  • 10.
  • Om Sweet H(Om)e
  • 11.
  • Now is The Time (In The Now Mix) *Bonus Tracks for Japan


Official Site

Official Facebook

Official Twitter


TOP

Nightmares on Wax  Artist Page beatink.com
Nightmares on Wax
Artist Page

BOTTOM


Nightmares on Wax
Feelin’ Good
ナイトメアズ・オン・ワックス - フィーリン・グッド

5年振りとなるニュー・アルバム 『FEELIN’ GOOD』が遂に完成!
新曲「Now Is The Time」の視聴も開始!

Description

「俺は都会生まれだが、俺の作る音楽には太陽の光が存在してる。今のように、太陽の下で音楽を作るのがずっと夢だったんだ… 大切なのは、とにかく気持ち良くなれること。俺の音楽制作にとってそれはなくてはならない要素なんだよ」― George Evelyn, Nightmares on Wax

〈Warp〉の最古参アーティストとして知られ、セカンド・サマー・オブ・ラブやレイブ・カルチャーの大きな波が席巻していた当時のUKシーンにおいて、他に類を見る事がなかったヒップホップ、ソウル、レゲエ色の強い独特のエレクトロニクス・サウンドが、〈Ninja Tune〉や〈Mo'Wax〉といった名門レーベルまでにも大きな影響を与えたと言われるナイトメアズ・オン・ワックスが、7作目となる最新アルバムのリリースを発表!

『Feelin’ Good』と名付けられた本作は、《音楽の持つエネルギーがどれほどまでに人々に安ぎを与えるのか、皆にもう一度思い起こしてほしい》との願いが込められており、世界各国から集まったミュージシャン達と共に、現在の活動拠点であるイビザ島で制作されている。アルバムのリリース発表と同時に公開された新曲「Now Is The Time」は、以下で試聴可能。

新曲「Be, I Do」のミュージック・ビデオの試聴はコチラ!



太陽の光が散りばめられたようなバイブス… 最高の晴天のような作品 ー Q Magazine

元祖WARPアーティストによる溢れんばかりのソウルフルな帰還。チャーミングで沸き立つような作品 ー MOJO

ジョージ・エヴリンは、最新アルバムでオーケストラ、ストリングアレンジを贅沢に起用し、自身の壮大で陽が降り注ぐようなヴィジョンを見事に投影している ー FACT


ナイトメアズ・オン・ワックスが最新アルバム『Feelin' Good』から、現在UKのラジオを席巻中の最新シングル「Be, I Do」のミュージック・ビデオを公開!ツアーやレコーディングの様子が散りばめられたこのビデオのサイケデリックなアニメーションは、ヴィレジャーズ「The Waves」のミュージック・ビデオで知られるパリ在住の映像作家オールデン・ヴォルネイが手掛けている。

さらに現在、Boiler Roomで行われたDJセットの映像も公開中!音源はフリーダウンロード可能!

新曲「Be, I Do」の試聴はコチラ!

新曲「Now Is The Time」の試聴はコチラ!



本作『Feelin’ Good』は、ナイトメアズ・オン・ワックスことジョージ・エヴリンのディスコグラフィーの中でも、間違いなく最も豪華な顔ぶれが集結した作品である。ジャザノバのアレンジャーであるセバスチャン・シュトゥッドニツキーが、多彩なオーケストレーションとストリングスを担当、また長年の共同制作者であるロビン・テイラー・ファースがキーボードで、パット・メセニーやマイケル&ランディー・ブレッカー等と共演するなど、ジャズやフュージョン界で数々のプロジェクトにひっぱりだこのジャズ・パーカッショニスト、ウォルフガング・ハフナーがドラムで、またゼロ7のモーゼスがヴォーカルとして参加している。

ナイトメアズ・オン・ワックスの歴史は長いが、その音楽は、依然として壮快な斬新さを保っている。90年代にリリースされた『Smokers Delight』や『Carboot Soul』は今も尚名盤として語り継がれ、シネマティックなローファイ・ファンク・アルバム『In A Space Outta Sound』によって、USでも知名度を一気に高め、その名を世界的なものとした。ジョージ・エヴリンのこれまでのレコーディング・キャリアと、地中海を拠点に活動する現在のヴィジョンとが、見事に溶け合って7作目となる『Feelin’ Good』は完成した。

Topics

Topics

Page Top

BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM