TOP

TOP

Cover Image

Artist:
My Best Fiend
(マイ・ベスト・フィーンド)
Title:
In Ghostlike Fading
(イン・ゴーストライク・フェーディング)
Release date:
2012.03.03 On Sale
Label:
Warp Records / Beat Records
Cat No.:
BRC-324
国内盤特典:
ボーナストラック追加収録

BOTTOM

Track List

  • 01.
  • Higher Palms
  • 02.
  • Jesus Christ
  • 03.
  • ODVIP
  • 04.
  • One Velvet Day
  • 05.
  • In Ghostlike Fading
  • 06.
  • Cracking Eggs
  • 07.
  • Cool Doves
  • 08.
  • I'm Not Going Anywhere
  • 09.
  • On The Shores of The Infinite
  • 10.
  • As Bright A Light *Bonus Track For Japan
  • Buy This Release

Facebook


TOP

My Best Fiend Artist Page beatink.com
My Best Fiend
Artist Page

BOTTOM


<Warp>が新たに契約したブルックリンの5ピースバンド、マイ・ベスト・フィーンドが
デビュー・アルバム『In Ghostlike Fading』をリリース!!

My Best Fiend
In Ghostlike Fading
マイ・ベスト・フィーンド / イン・ゴーストライク・フェーディング

Description

ほぼ無名ながら<Warp>がその魅了にとりつかれ、2012年3月にデビューを果たすバンドが、ブルックリン出身の5ピースバンド、マイ・ベスト・フィーンドである。
独特の雰囲気が漂わせるキーボードとファジーなギター、そして哀愁を帯びたヴォーカル、そしてストーリー性のある雄大でドリーミーなサウンド。ブルックリン・シーンの中でも飛び抜けたクオリティの高さを備えていることは、<Warp>が注目したことからも明らかであり、近い将来必ず大きなステップアップを果たすであろう。本作は、今や世界的バンドとなったグリズリー・ベア、バトルスに続き<Warp>のロックの歴史に新たな1ページを刻むだろう。

マイ・ベスト・フィーンドのメンバー五人はブルックリンに住んでいるが、彼らの作り出す音楽はそこではないどこか ー広々とした、夢見心地だけれど、不安と高揚が交互に訪れるー そんな場所にある。彼らの<Warp>からのデビュー作『In Ghostlike Fading』にある曲は、煌びやかで空間を覆うキーボード、ざらついたギター、物悲しいボーカルが合わさり、まさに夢見心地なサウンドとなっている。静かでほとんどフォークのようなヴァースから、ロックなコーラスが鳴り響けば、ゲストや友人達による浮遊感のあるボーカルハーモニーがそれを支え、そしてそれら全てにはリバーヴが気前良く掛けられている。アルバムの冒頭を飾る「Higher Palms」で彼らはフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンドに少しばかり酩酊感をプラスして、現代風にすることに成功している。リードシンガーのフレデリック・コールドウェルの詩はデカダンと懺悔、衝動と信仰告白の間をさまよっている。また彼の描く登場人物たちは魂の暗闇におののきつつも、何とか生き延びて話を物語っている。マイ・ベスト・フィーンドのバンド名は、ドイツ人映画監督ヴェルナー・ヘルツォークが、1999年に俳優のクラウス・キンスキーを描いた同名のドキュメンタリー作品『My Best Fiend(邦題:キンスキー、我が最愛の敵)』に由来する。そのバンド名は意味深であり、まるで感情と愛情そして狂気の中を綱渡りしている姿を思わせる。そしてそれらは芸術と人生の双方に欠かせないものである。つまるところ、本当に素晴らしいバンド名なのだ。バンドは最初、カンサス出身のクリス・リンドブレード(ローズピアノ)とフィラデルフィア出身のコールドウェル(ヴォーカル&ギター)のデュオであった。リンドブレードいわく、バンドは当初から生楽器とエレクトロニックサウンドについ て議論してきたという。その結果、彼らは新しいメンバーを招き入れることにした。ドラマーのジョセフ・ノールに始まり、最終的にバンドはキーボードのポール・ジェンキンス、コールドウェルの幼馴染でありハードコアバンド、ジ・エクスプロージョン(The Explosion)でも活躍していたベースのダミアン・ジェヌアルディ、の五人組となる。コールドウェルが歌詞を書きあげるにつれ、マイ・ベスト・フィーンドの刺激的なアプローチは価値ある成果を上げることになる。彼らは最初の曲を、ブッシュウィックにあるリハーサル・スタジオで完成させるが、メンバーによって丁寧に作り上げられたその雰囲気は彼らの楽曲にも現れている。だがスタジオの環境というよりも、その親密でコンスタントに刺激を受けあえる状況こそが彼らの曲を方向付けている。最も日の浅いメンバーである、ジェヌアルディはこう語る「僕たちは互いの音をよく聞くことで、アルバムの空気を作り上げたんだ。僕は元々パンクバンドでプレイしていたんだけど、このバンドでは小節を音符で埋め尽くすよりも、むしろ空白を作ったほうがより効果的だということを学んだよ。アルバムはほとんどライヴ・レコーディングで、プレイしているときはいつもお互いの音にとてもよく気を使うんだ。常に空間を意識してね。」

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM