TOP

TOP

Mount Kimbie - Love What Survives

artist:
Mount Kimbie
― マウント・キンビー
title:
Love What Survives
― ラブ・ホワット・サバイブス
release date:
2017.09.08 fri On Sale

label:
Warp Records / Beat Records
国内盤CD:
BRC-553 ¥2,200 (+tax)
国内盤特典:
- ボーナストラック追加収録
解説書/歌詞対訳封入

BOTTOM

Track List

  • 01.
  • Four Years and One Day
  • 02.
  • Blue Train Lines (feat. King Krule)
  • 03.
  • Audition
  • 04.
  • Marilyn (feat. Micachu)
  • 05.
  • SP12 Beat
  • 06.
  • You Look Certain (I’m Not So Sure) (feat. Andrea Balency)
  • 07.
  • Poison
  • 08.
  • We Go Home Together (feat. James Blake)
  • 09.
  • Delta
  • 10.
  • T.A.M.E.D
  • 11.
  • How We Got By (feat. James Blake)
  • 12.
  • Kalimba *Japan Bonus Track

Official Site

Official Facebook

Official Twitter

Official Soundcloud


TOP

Mount Kimbie Artist Page beatink.com
Mount Kimbie
Artist Page

BOTTOM


2017.09.06
待望のニュー・アルバムはいよいよ今週リリース!
マウント・キンビーが3曲のスタジオ・セッション映像を公開!
“Blue Train Lines”
“Delta”
“Made To Stray”

いよいよ今週、4年振りのニュー・アルバム『Love What Survives』をリリースするマウント・キンビーが、新たにスタジオ・セッション映像を公開!最新アルバムから「Blue Train Lines」と「Delta」、そして前作『Cold Spring Fault Less Youth』収録の代表曲「Made To Stray」の3曲を披露している。

MOUNT KIMBIE Live (EB.TV Studio Session)


オリジナル・バージョンはコチラ。

Blue Train Lines (feat. King Krule)

Dalta

Made To Stray

ついに今週その全貌が明らかになる『Love What Survives』は、彼らの3年間におよぶ濃密な創作活動の結晶である。その間、彼らは様々なアイデアをもとに試行錯誤しながら、他に類がないマウント・キンビーの本領を発揮すべく、曲作りを続け、磨きをかけてきた。ジェイムス・ブレイク、ミカチュー、キング・クルエルといった、ともにイギリスの若き才能の一角を占める親しい友人や共同制作者をヴォーカルに取り込み、聴き手を独特な世界に引き込むマウント・キンビーらしいアルバムをまた一つ完成させた。

なおマウント・キンビーは、yahyel(ヤイエル)をサポートアクトに迎え、ソールドアウト必至のジャパンツアーに加え、朝霧JAMへの出演も発表されている。
単独公演情報はこちら:http://www.beatink.com/Events/Mount-Kimbie-x-yahyel/

マウント・キンビーの最新アルバム『Love What Survives』は、9月8日 (金) に世界同時リリース!国内盤にはボーナストラック「SLP12 Beat (Part 2)」が追加収録され、解説書と歌詞対訳が封入される。iTunesでは『Mastered for iTunes』フォーマットでマスタリングされた高音質音源での配信となり、アルバムを予約すると「We Go Home Together (feat. James Blake)」「Marilyn (feat. Micachu)」「Blue Train Lines (feat. King Krule)」「Delta」の4曲がいち早くダウンロードできる。

また、9月9日(土)に開催されるVOGUE FASHION’S NIGHT OUTに合わせBEAMS RECORDSにて『Love What Survives』の発売を記念したインストアDJイベントも開催決定!!
http://www.beams.co.jp/news/593/
(*MOUNT KIMBIEアーティスト本人の出演はございません)

2017.07.13
満を持して新作アルバム『Love What Survives』のリリースを発表!
ジェイムス・ブレイク、ミカチューに続きキング・クルエル参加の新曲「Blue Train Lines」を解禁!

僕たちのニュー・アルバム『Love What Survives』が、9月8日(金)にリリースされることが決まって、とても興奮してるよ。アルバム制作は、バンドとしての僕らを変えてしまったくらい面白いプロセスで、完成した作品に対しても最高に満足してる。早くみんなにこのサード・アルバムを聴いてもらいたいね。
- Mount Kimbie


4月に盟友ジェイムス・ブレイクをフィーチャーした「We Go Home Together」、5月にはアカデミー賞ノミネート・アーティストとしても高く評価されているミカチューをフィーチャーした「Marilyn」と新曲を立て続けに発表し、先月にはyahyel(ヤイエル)をサポートアクトに迎えたジャパンツアーも決定。現在話題沸騰中のマウント・キンビーが、今回満を持して最新アルバム『Love What Survives』のリリースを発表!合わせて長年のコラボレーターであるキング・クルエル参加の新曲「Blue Train Lines」を公開した。


今作は『Love What Survives』、常に限界を押し広げていく彼らが贈る、自信に満ち溢れた新たなステートメントであると同時に、これまで積み重ねてきたキャリア全ての集大成とも言える作品となっている。今回公開された「Blue Train Lines」は、2013年にリリースされた前作『Cold Spring Fault Less Youth』以降のバンドの進化を凝縮したような楽曲だ。躍動感のあるリズムセクションにあわせて、キング・クルエルの渋くしゃがれたヴォーカルが炸裂する。

今作は3年間の濃密な創作活動の結晶である。その間、彼らは様々なアイデアをもとに試行錯誤しながら、他に類がないマウント・キンビーの本領を発揮すべく、曲作りを続け、磨きをかけてきた。ジェイムス・ブレイク、ミカチュー、キング・クルエルといった、ともにイギリスの若き才能の一角を占める親しい友人や共同制作者をヴォーカルに取り込み、聴き手を独特な世界に引き込むマウント・キンビーらしいアルバムをまた一つ完成させた。





アルバム全体に漂う、より開放的なオーラは、ロンドンとロサンゼルスの両都市にまたがって制作されたという事実も影響している。2016年にドム・メイカーがアメリカの西海岸へ移り住んだ後、彼らは二つの都市を行き来しながら、ともに精力的なセッションを重ね、アイデアを磨き上げていった。生活拠点を異文化の広大な土地にある都市に置くことは、新鮮な視野とインスピレーションを得る機会をバントに与え、それが飛躍的進化へと繋がった。

また今作では、80年代のUKファッションシーンに多大なる影響を与えた伝説のファッション集団〈バッファロー〉の一員でもあり、数多くのファッションマガジンで活躍していた写真家マーク・ルボンとその息子であるフランク・ルボンが、ミュージック・ビデオの制作およびアルバムのアートワーク制作に参加している。

マウント・キンビーの最新アルバム『Love What Survives』は、9月8日 (金) に世界同時リリース!国内盤にはボーナストラック「SLP12 Beat (Part 2)」が追加収録され、解説書と歌詞対訳が封入される。iTunesでは『Mastered for iTunes』フォーマットでマスタリングされた高音質音源での配信となり、アルバムを予約すると「We Go Home Together (feat. James Blake)」「Marilyn (feat. Micachu)」「Blue Train Lines (feat. King Krule)」の3曲がいち早くダウンロードできる。

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM