TOP

TOP

Gonjasufi / A Sufi & A Killer

Artist:
Gonjasufi

(ゴンジャスフィ)
Title:
A Sufi & A Killer

(ア・スフィ・アンド・ア・キラー)
Release date:
2010.04.21 Release
Label:
Warp Records / Beat Records
Cat No.
BRC-258
日本盤特典:
ボーナストラック2曲収録
解説:
野田 努
(http://www.dommune.com/ele-king)

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • (Bharatanatyam)
  • 02.
  • Kobwebz
  • 03.
  • Ancestors
  • 04.
  • Sheep
  • 05.
  • She Gone.
  • 06.
  • SuzieQ
  • 07.
  • Stardustin'
  • 08.
  • Kowboyz&Indians
  • 09.
  • Change
  • 10.
  • Duet
  • 11.
  • Candylane
  • 12.
  • Holidays
  • 13.
  • Love Of Reign
  • 14.
  • Advice
  • 15.
  • Klowds
  • 16.
  • Ageing
  • 17.
  • DedNd
  • 18.
  • I've Given
  • 19.
  • Made
  • *Bonus Tracks for Japan
    Ancestors (agdm Mix)
  • Robots



Gonjasufi Artist Page

精神世界を彷徨う祈り、深い瞑想から目覚めた魂の叫び。
スピリチュアルでドラッギーな定義不能の幻惑サウンド!!!
突如現れた稀有な才能、ゴンジャスフィのミステリアス・ワールドに中毒者続出!

Jamie Lidell

フライング・ロータス、ザ・ガスランプ・キラー、メインフレームがプロデュース参加!

Description

フライング・ロータスのセカンド・アルバム『ロス・アンジェルス』に収録された“Testament”にはゴンジャスフィの歌がフィーチャーされている。
多くのリスナーにとってはそれがこのアーティストとの最初の出会いとなっているのだが、フライング・ロータスはその歌を「時間を超越した、驚くべき汚物である」と表現した。聴けばわかることだが、実際にそれはたしかにソウルフルだがまるで亡霊の声のようでもあるのだ。
そればかりか、『A Sufi & A Killer』で驚かされるのは、IDMスタイルとBボーイがアシッド・ロックを配線回路に接続されていることである。もっと単純化して言えば、<ストーンズ・スロウ>におけるポスト・ヒップホップの音の冒険、<ワープ>におけるIDMの実験、その両者の結合においてこれほどまでドラッギーにねじくれたものはない。「電子のヘンドリックス」、そう、まさにそうだ。
(解説より一部抜粋)

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM