TOP

TOP

Flying Lotus / Until the Quiet Comes

Artist:
Flying Lotus

(フライング・ロータス)
Title:
Until the Quiet Comes

(アンティル・ザ・クワイエット・カムス)
Rlease date:
2012.09.26 Release
Label:
Warp Records / Beat Records
国内盤:
BRC-350
初回生産分のみスペシャル・パッケージ仕様!
PRICE:
¥2,200 (tax in.)
国内盤特典:
ボーナス・トラック追加収録

BOTTOM

Track List

  • 01.
  • All In
  • 02.
  • Getting There feat. Niki Randa
  • 03.
  • Until the Colours Come
  • 04.
  • Heave(n)
  • 05.
  • Tiny Tortures
  • 06.
  • All the Secrets
  • 07.
  • Sultan’s Request
  • 08.
  • Putty Boy Strut
  • 09.
  • See Thru to U feat. Erykah Badu
  • 10.
  • Until the Quiet Comes
  • 11.
  • DMT Song feat. Thundercat
  • 12.
  • The Nightcaller
  • 13.
  • Only if You Wanna
  • 14.
  • Electric Candyman feat. Thom Yorke
  • 15.
  • Hunger feat. Niki Randa
  • 16.
  • Phantasm feat. Laura Darlington
  • 17.
  • me Yesterday//Corded
  • 18.
  • Dream to Me
  • 19.
  • The Things You Left *Bonus Track for Japan

beatkart

Myspace

Facebook

Twitter

Myspace


TOP

Flying Lotus beatink.com
Flying Lotus
Artist Page

BOTTOM


FLYING LOTUS
Until the Quiet Comes

フライング・ロータス / アンティル・ザ・クワイエット・カムス

歴史的金字塔『Cosmogramma』は序章に過ぎなかった…。
フライング・ロータス最新作『Until the Quiet Comes』が遂にその全貌を現す!
前作に続き、トム・ヨーク、サンダーキャット、
そして本作にはなんとエリカ・バドゥ参加!!
歴史はまた、フライング・ロータスによって塗り替えられ、
世界は再び、未知なる旅へと誘われる。

Description

フライング・ロータスの作品はすべてが事件だ。機械的に、一定の間隔でリリースされることはなく、また方程式に従って作られることはない。音楽に宇宙的感覚や究極の自己内省を求めるリスナーにとって、それらはパズルを埋める新たなピースであり、またその他の一般的なリスナーにとってはとにかく壮大で圧倒的な存在となりながら波紋を広げてきた。最先端の音楽シーンに置いて、もはや誰もが認める中心人物として君臨するフライング・ロータス。その作品群は、ジャズやソウル、エレクトリック・ミュージックにおける過去の偉大な巨匠たちが抱いた野心やヴィジョンを共有し、それでいて、誰も見たことがない圧倒的な未来を描いている。

フライング・ロータスの『Cosmogramma』が起こした波紋は、今も尚広がり続け、その影響下で様々なアーティストが素晴らしい作品が生み出している。『Cosmogramma』は、フライング・ロータスが住む宇宙を描いた作品だ。シンセサイザーは常軌を逸したソウル・ジャムを奏で、ディープなフリー・ジャズ遊牧民たちによって創られた大きなうねりは壮大なオーケストラへと見事に昇華されている。またカリフォルニアの音楽シーンがレディオヘッドと密接な関係を築くきっかけにもなった一枚である。そして、『Cosmogramma』という“スペース・オペラ”の残光から、フライング・ロータスの次なる作品の芽は生まれていた。

『Until the Quiet Comes』(静寂が訪れるまで)

フライング・ロータス本人曰く「神秘的事象、夢、眠り、子守唄のコラージュ」として創作された本作は、“夜行性の情緒を携えた向こう側の世界への旅”という特殊な感覚を纏っている。点滅しながら徐々に意識が遠のき、潜在意識の世界へ。焦点の合わない不可思議な感覚が訪れると、未知なる旅が始まる。作品全編を通してサウンドには緊張感が漂い、相互に作用するメロディとリズムが優雅な展開を描き出す。それらはまるでフライング・ロータスのDNAに刻まれているアート・フォームを丹念に抽出したかのようだ。コズミックなベースの重厚さとコンピューターを駆使したアレンジの融合は、これまでに音楽史上に登場したいかなる作品よりも見事で、プロデューサーとして、コンポーザーとしての飛躍的な成長を証明するだけでなく、よりディープなコンセプトが収録曲のすべての基盤になっていることを示している。また前作以上に豪華なアーティストが参加していることも忘れてはならない。

フライング・ロータスによって支配された美しいカオスに完全に溶け合う才能はそう多くはない。長年に渡ってコラボレーションを続けてきたニキ・ランダとローラ・ダーリントンが再び今作にも参加し、フライング・ロータスが彼女等との共演にこだわるその魅力を証明している。また前作に続いてトム・ヨークとの共演も再び実現し、デジタル・フリー・ジャズとでも形容できそうな”Electric Candyman”(M-14)で二人にしか創り得ないディープなコラボレーションを披露。また『Cosmogramma』におけるその類稀なベース・プレイで、ブレインフィーダー・クルーの新たな顔役となったサンダーキャットは、本作でもアルバム全編に渡ってベースをプレイし、新世代のサイケデリックなソウル・アンセム”DMT Song”(M-11)ではヴォーカリストとしてもフィーチャーされている。さらに、本作品では新たに90sネオ・ソウルの核心にしてレフト・フィールド R&Bの女王、エリカ・バドゥが参加しており、アルバムのハイライトの一つである”See Thru to U”(M-9)で祈願の共演を果たしている。

フライング・ロータスは、今最も急進的かつ広範囲に成長している音楽シーンの中心に存在し、活気あるロサンゼルスを拠点に様々な同志を集めてきた。ジャンルの垣根をもろともしない、それらのスタイリスティックなコラボレーションは、音楽シーンの方向性を変えてしまうほどの影響力を持つ。それもすべて彼の確固たる姿勢とコンセプトの深さによるものだ。しかし、歴史的金字塔『Cosmogramma』を世に送り出してからもなお驚異的なスピードで飛躍を続けながらも、ベースライン、そしてビートが生み出す独特の”グルーヴ”という重要な基盤を失うことはない。それはかつてジャズやソウルの巨匠たちが、愛する人のために書いた楽曲に、美しく思慮深いテーマを隠し、多くの人々を魅了してきたのと同じだ。『Until the Quiet Comes』は伝統的な音楽理論に基づいた作品でありながら、まったく新しい方法論を提案している。それこそが傑作の証なのだ。

フライング・ロータスの最新ライブ・セットが一部公開!前後に張られた巨大スクリーンに映像を投射、「LAYER 3」と名付けられた最新セットがエレクトラグライド2012で日本初上陸!

『Until the Quiet Comes』からニュー・シングル「PUTTY BOY STRUT」のPVが公開!

『Until The Quiet Comes』の全曲ダイジェスト・ムービー公開!

最新アルバム『Until the Quiet Comes』のショートフィルムが公開!

『Until the Quiet Comes』の世界観を伝えるカリール・ジョセフ監督による衝撃的なショート・フィルムには、アルバムから “See Thru To U (feat. Erykah Badu)”、“Hunger (feat. Niki Randa)”、“Getting There (feat. Niki Randa)”が使用されており、フライング・ロータス自身も出演!!

エリカ・バドゥがヴォーカルをつとめる、収録曲「See Thru to U」が公開!

最新作からの楽曲も披露!ベスト・アクトの呼び声高い今年のコーチェラ・フェスティバルの模様を公開!

FLYING LOTUS LIVE @ COACHELLA 2012 from Theo Jemison on Vimeo.

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM