TOP

TOP

Cover Image

Artist:
DRC Music
(DRC ミュージック)
Title:
Kinsasha One Two
(キンシャサ・ワン・トゥー)
Release date:
2011.10.29 On Sale
Label:
Warp Records / Beat Records
Cat No.:
BRC-312
国内盤特典:
ボーナストラック追加収録
3曲トラック・ダウンロード・コード付

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • Hallo featuring Tout Puissant Mukalo and Nelly Liyemge
  • 02.
  • K-Town featuring N’Gotshima and Bebson
  • 03.
  • African Space Anthem (A.S.A.) featuring Ewing Sima of Tout Puissant Mukalo
  • 04.
  • Love featuring Love
  • 05.
  • Lingala featuring Bokatola System and Evala Litongo
  • 06.
  • Lourds featuring Yende Bongongo of Okwess International
  • 07.
  • Respect Of The Rules featuring Loi X Liberal
  • 08.
  • We Come From The Forest featuring Bokatola System
  • 09.
  • Customs featuring Bokatola System
  • 10.
  • Virginia featuring Magakala Virginia Yollande and Yowa Hollande
  • 11.
  • Ah Congo featuring Jupiter Bokondji and Bokatola System
  • 12.
  • Three Piece Sweet Part 1 & 2 featuring Bebson
  • 13.
  • If You Wish to Stay Awake featuring Washiba
  • 14.
  • Departure featuring Bokatola System
  • 15.
  • Shegué featuring Nelly Liyemge and Cubain Kabeya *Bonus Track For Japan


Official


ブラー、 ゴリラズのデーモン・アルバーンが発起人となった プロジェクト
"DRC MUSIC"が<Warp>より緊急リリース決定!!

DRC Music / Kinshasa One Two コンゴ民主共和国の首都キンシャサを訪れ、現地のミュージシャンや50人以上のパフォーマーと共に制作した奇跡のアルバム!

Description

『Kinshasa One Two』は今年7月にコンゴ民主共和国の首都キンシャサで、5日間かけてレコーディングされた。Damon Albarnの声掛けで集められた気鋭のプロデューサー集団であるDRC Musicは、Jupiter and the Okwess International、Bokatola System、Nelly Liyemgeといった現地のミュージシャンや、50人以上のパフォーマーと共にアルバムの制作を行った。DRC Musicに参加したプロデューサーは、T-E-E-DことTotally Enormous Extinct Dinosaurs、GorillazなどでDamon Albarnのパートナーとしても知られるDan The Automator、Adele、Beck、Radioheadなどが所属する<XL Recordings>のオーナーであるRichard Russell、ジャズやファンクを中心にジャンルを超えた独自のサウンドを作り出すJneiro Jarel、ActressことDarren Cunningham、フランスからはスムーズジャズ/フュージョン・アーティストのMarc Antoine、その他にもAlwest、ナイジェリアのRemi Kabaka、XXのエンジニアを務めるRodaidh McDonald、そして<Warp>からのデビューが予定されているKwes。アルバムのアートワークは、自らの名を冠するUKの気鋭ブランドのデザイナーAitor Throupと、人気ブランドMHIを主宰するHardy Blechmanが手がけている。

参加ミュージシャン
Damon Albarn / T-E-E-D / Dan The Automator / Richard Russell / Jneiro Jarel / Actress / Marc Antoine / Alwest / Remi Kabaka / Rodaidh McDonald / Kwes / Jupiter and the Okwess International / Bokatola System / Nelly Liyemge …

「これだけ多くの人が現地を訪れることに対して積極的だったとはいえ、誰一人として一体どんなことが起こるのか予想が出来なかった。でもとにかく身を投じてみたんだよ。そうすると、自分が目撃し、参加しているのは、まったく新しい音楽の作り方だって気づかされたんだ」
―― Damon Albarn

「コンゴでは、教育、安全な水、健康や衛生を求めて、何十万もの人々が日々オックスファムからの援助を必要としています。この状況は、長い間メディアに注目されることなく続いてきました。DRC Musicは、コンゴの素晴らしいミュージシャンたちにスポットライトを当てるというだけでなく、オックスファムの貴重な活動のための援助金を集めると同時に、コンゴに再び世界の注目を集め、この場所がインスピレーションと創造性、そして希望に溢れる場所だということを伝えたいと思っています」
―― Oxfam's DRC Country Director, Pauline Ballaman

「今作に集約された今回のプロジェクトに関わることを非常に光栄に思います。これはこれまで<Warp>が行ってきたどんなプロジェクトとも異なりますが、我々にとってこのプロジェクトに取り組むことは当然のことと考えました。この素晴らしい作品を完成させ、コンゴの人々の支援に少しでも貢献するために集まったすべてのアーティスト、ミュージシャン、そしてプロデューサーに最上級の敬意を払います」
―― Warp Records

コンゴ民主共和国は、長きに渡る内戦によって年々凄まじい数の被害者を出し、世界で最も非人道的災害が深刻化する場所として知られています。本作によって集められた全ての利益は、現地のミュージシャン/ パフォーマーおよびコンゴ民主共和国におけるオックスファムの活動支援に充てられます。
*オックスファムとは、世界98 カ国で、そこに住む人びとと共に活動する民間の支援団体です。


歌手のMiChi、オルケスタ・デ・ラ・ルスのピアニスト塩谷哲からのコメントが到着

「愛、希望と強烈なエネルギーが詰まっていてかっこよさもありつつクリエイティブでエモーショナル!心の底で眠っていた色んな感情を目覚めさせてくれて旅に連れ出してくれる感じ。才能に満ちあふれたCongoのミュージシャン達がこれをきっかけにこれからどんどん注目されていって欲しい。We have to make a Change!きっとそんな想いから生まれてきた”MUSIC”が世界を変えて行くんだろう…」MiChi

「キンシャサは、世界中の富とは無縁に思える場所だった。国で 1、2を競う高級ホテルですらお湯が満足に出ないし停電もしょっちゅうだ。だがその不便さに反比例するように人々はエネルギッシュだった。ストリートチルドレンが結成したブラスバンドの活き活きとしたサウンド、そして踊りが脳裏から離れない。爆発したら凄いことになりそうなエネルギーのくすぶる気配が確実にそこにある。そんなキンシャサの衝動を余すところ無く表現したのがこのアルバムだ。DRC Musicのプロデュースにより、コンゴの音楽の核である独特のリズムに潜むプリミティヴなエネルギーを見事に浮かび上がらせている。音楽に対する人間の根源的な衝動がこんなにも人の心を動かすのであれば、翻って日本のこの完璧に整った音楽制作環境の善し悪しを改めて考えざるを得ないだろう。」塩谷哲(ピアニスト)

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM