TOP

TOP

Cover Image

Artist:
Clark
(クラーク)
Title:
Fantasm Planes

(ファンタズム・プレーンズ)
Release date:
2012.09.08 On Sale
Label:
Warp Records / Beat Records
Cat No.:
BRE-41
Price:
nice price! ¥1,500
国内盤特典:
ボーナストラック追加収録

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • Fantasm Planes
  • 02.
  • Henderson Swooping
  • 03.
  • Com Re-Touch / Pocket for Jack
  • 04.
  • Brigitte
  • 05.
  • Secret Slow Show
  • 06.
  • Dove In Flames
  • 07.
  • Russian Dust Hoarder *Bonus Track For Japan

Buy This Release

Official

Facebook


TOP

Clark Artist Page beatink.com
Clark
Artist Page

BOTTOM


Fantasm Planes / Clark

クラークが獲得した圧倒的な“自由”は、終わらない。

Description

2012年4月にリリースされた6作目となる『Iradelphic』では生楽器やアナログ機材を大胆に導入し、新機軸へシフトしながらもその圧倒的なクリエイティビティを披露。同作を携えたSonarSound Tokyoでの来日公演ではキャリアを包括するような最新ライブ・セットでオーディエンスを熱狂の渦へと巻きこんだ次世代<WARP>の象徴、クラーク。その後のワールド・ツアーでもかつてないほど重厚なサウンドが特徴的で、サイケデリックなシンセサイザーの即興、独特のビート・プロダクション、そしてより派手でメロディアスなフレーズが世界中のファンを唸らせている。ライブを行いながら進化を続け、とめどなく溢れるその創造力が実を結び、わずか半年足らずで最新作『Fantasm Plane』が到着した。

本作『Fantasm Plane』の制作に関してクラークは、最新のライブ・セットに大きくインスパイアされたことを語っている。よりハードで、よりダンスフロア向けにアップデートしたそのアプローチが還元された楽曲群は『Iradelphic』に収録された重要曲を最新ヴァージョンにアップデートした3曲と、最新トラック3曲にボーナストラックを加えた全7曲を収録。螺旋状にうねるミニマルなシンセ・ワークとクラークらしいフロアライクなビート・プロダクションがポリリズミックに絡み合う新曲” Fantasm Planes”(M-1)で幕を開けると、『Iradelphic』の冒頭をオリエンタルなアルペジオで飾った”Henderson Wrench”破壊的なハンマー・ビートを従えた”Henderson Swooping”(M-2)へ豹変、サイケデリックなメロディが頭から離れない”Com Touch”にもクラークらしい凶暴なアタック感のあるビートが敷かれ、新たなモチーフへカット・インするダイナミクスに興奮を禁じ得ない” Com Re-Touch / Pocket for Jack”(M-3)へ再構築されている。

「イアン・ブラウンがずっとトランペットの音が好きだったように、俺もフルートの音に魅了されることがある。それにベースだね。アナログ・ベースとサイケデリックなメロディを使ってフロアをトリップさせるんだ。ヒッピー的なやつじゃない。この『Fantasm Planes』は、爆音で聴いて意識が歪むのを感じるための作品で、そういう意識で制作したんだ。レイヴの感覚を意識しながら、もう一度アルバムにフォーカスしてみた。だけど『Iradelphic』の持つ飽和したテクスチャーは今作でも重要な役割を果たしてるんだ」- クラーク

さらに、自身の作品にはじめてヴォーカリストを招いた、マッシヴ・アタックやトリッキーで知られるマルチナ・トップレイ・バード参加曲”Secret”はアルバムで見せた深淵がまるで嘘だったかのように、よりディープなサウンドスケープを纏ったヴァージョン”Secret Slow Show”(M-5)へ深化、残りの新曲2曲ではチルアウトからは程遠い、クラークにしかたどり着けない高揚感が充満するアンビエント・トラックを収録。

本作を聴かずに過去最高傑作の呼び声高い『Iradelphic』で獲得したその圧倒的な”自由”は完結しない。



『Iradelphic』に対する海外メディアの絶賛コメント

The Independent
『Iradelphic』は、ロウ・キーのテクノから広範囲のエレクトロニカ、そしてミニマルなピアノ・サウンドまで幅広いサウンドを一つにまとめた華麗な作品だ。

The Guardian
「Secret」の魅力は、そのコラボレーションの素晴らしさにある。クラークの押しつぶされたようなビートと繊細なギター・サウンドがトップリー・バードの緊張感あるヴォーカルは、共に官能的で痛い程にもろく、その2つが完璧に融合している。

Telegraph
『Iradelphic』は驚く程素晴らしい。

Time Out
このプロデューサーは、今最も必要不可欠なエレクトロニック・ミュージシャンの一人である。

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM