TOP

TOP

Cover Image

Artist:
Clark
(クラーク)
Title:
Iradelphic
(イラデルフィック)
Release date:
2012.04.04 On Sale
Label:
Warp Records / Beat Records
Cat No.:
BRC-330
国内盤特典:
ボーナストラック追加収録

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • Henderson Wrench
  • 02.
  • Com Touch
  • 03.
  • Tooth Moves
  • 04.
  • Skyward Bruise/Descent
  • 05.
  • Open
  • 06.
  • Secret
  • 07.
  • Ghosted
  • 08.
  • Black Stone
  • 09.
  • The Pining pt1
  • 10.
  • The Pining pt2
  • 11.
  • The Pining pt3
  • 12.
  • Broken Kite Footage
  • 13.
  • Lysergic Planes *Bonus Track For Japan
  • Buy This Release

Official

Facebook


TOP

Clark Artist Page beatink.com
Clark
Artist Page

BOTTOM


エレクトロニック・ミュージックの枠を飛び越えたクラークの新機軸!
変貌したクラークが獲得した圧倒的な自由。

CLARK
「僕にとって、『Iradelphic』は、おぼろげで不明瞭な光点、白熱を帯び、一体となった、揺るぎのない完全、を意味している」―― クラーク

思わず耳を疑うほどの変貌ぶりだ。
前作『トーテムズ・フレア』からおよそ3年を経てリリースされるクラークの6枚目のオリジナル・アルバムは、こちらの期待や予想とはまるで異なる方向性を持った作品になったと言っていいだろう。ここには、テクノらしい音色や定型のビートはほとんど存在せず、まったく新しいクラークの音楽が顔を覗かせているのである。様々なアコースティック楽器を使い、メランコリックな旋律と不穏で繊細な叙情性が同居した本作が見せた飛躍は、あまりにも大きく、エレクトロニック・ミュージックなのにうんぬん、という余計な前置きのすべてを取っ払っても――極端に言えば彼の過去作のことすら忘れても――楽しむことができる、圧倒的な“自由”を獲得していると言っていいだろう。
『イラデルフィック』を聴け。クラークはいま、間違いなく新たなフェーズに突入している。




クリス・クラークは旅に出ていた。冒険の始まりは、前作『Totems Flare』を完成させた3年前に遡る。彼は『Iradelphic』のレコーディングを、オーストラリア、ベルリン、ウェールズ、ブリュッセル、コーンウォール、ノルウェー、ロンドンで行った。レコーディングには、ヴィンテージから最先端のものまで多種多様な機材が使われている。また『Iradelphic』には、トリッキーやマッシヴ・アタックのヴォーカリストとしてお馴染みのトリップホップを代表する女性アーティスト、マルティナ・トップレイ・バードがヴォーカル参加されている。
クラークの生み出す音楽は、フレンドリー・ファイアーズ、フライング・ロータス、ネイサン・フェイク、フォー・テットら、今の音楽シーンを語る上で欠かすことのできない重要なリーダーたちから文句なしの称賛を受けている。
また今回のアートワークは、過去にプライマル・スクリーム、ステレオラブ、オアシス、プロディジー、ブロードキャスト、レイザーライトなどを手がけたことで知られるジュリアン・ハウス(Julian House)が担当している。


さらに、タワーレコードで最新アルバム『Iradelphic』を買うと
1500枚限定CD『Throttle Monolith』 をプレゼント!!

特典の詳細はこちら: http://tower.jp/article/feature_item/2012/02/06/0102



クリス・クラークが名前をクラークへと改名し、それまでの繊細なIDM路線から、ハードでレイヴィーなテクノへと変貌した時期にリリースされた『Throttle〜』シリーズ3部作。これまでは、mp3と12インチ・ヴァイナル盤のみで販売されていた音源が、なんと超限定のCDフォーマットで登場!

タワーレコード各店舗およびオンラインショップで、最新作『Iradelphic』(4月4日 発売/日本盤CD/BRC-330)をお買い上げいただくと、『Throttle〜』シリーズ3部作の中から『Throttle Promoter』『Throttle Furniture』の2作をコンパイルし、さらに『Body Riddle』時代に作られたボーナストラックを加えた日本独自の特典用CD『Throttle Monolith』を先着でプレゼント!!

なおシリーズ3部作のもう一つ、『Throttle Clarence』は、今回再リリースされる『Clarence Park』に追加収録されます。

Tracklisting

Tracks taken from Throttle Promoter
01. See See
02. Dirty Pixie
03. Kin Griff
04. Gaskarth/Cyrk Dedication (Tape)
Bonus Track
05. Dead Shark Eyes
Tracks taken from Throttle Furniture
06. Herr Bar
07. Re Scar Kiln
08. Urgent Jell Hack
09. Frau Wav (Brief Fling)
10. Dusk Swells


Chris Clark / Clarence Park

CLARK最新作"Iradelphic"と同時発売であの<歴史的名作>が初の日本盤化決定!!

Chris Clark / Clarence Park

のちに非凡な才能を開花させるクラークはこのデビュー作から始まった!!
なんとボーナス・トラックには、名前をクラークに改名した直後に8cmCDとMP3でのみ限定リリースした『Throttle Clarence』から8曲、さらに未発表曲2曲を追加収録!!

more information

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM