TOP

TOP

!!! (chk chk chk) / As If

Artist:
!!! (chk chk chk)

― チック・チック・チック
Title:
As If

― アズ・イフ
Release date:
2015.10.06 tue Release
Label:
Warp Records / Beat Records
国内盤:
BRC-481
PRICE:
¥2,111 (+tax)
国内盤特典:
ボーナス・トラック追加収録

BOTTOM

Track List

  • 01.
  • All U Writers
  • 02.
  • Sick Ass Moon
  • 03.
  • Every Little Bit Counts
  • 04.
  • Freedom! '15
  • 05.
  • Ooo
  • 06.
  • All the Way
  • 07.
  • Til The Money Runs Out
  • 08.
  • Bam City
  • 09.
  • Funk (I Got This)
  • 10.
  • Lucy Mongoosey
  • 11.
  • I Feel So Free (Citation Needed)
  • 12.
  • Butt Dial/Bitter Lemon *Bonus Track for Japan

Official Site

Twitter

Facebook



TOP

!!! (chk chk chk) beatink.com
!!! (chk chk chk)
Artist Page

BOTTOM


あのパーティー野郎たちが待望の来日公演直前に
最新アルバム『As If』をドロップ!

Description

史上最高にキャッチーなインパクト絶大のリード・トラック ”Every Little Bit Counts”のMVをついに公開!

昨年11月に先に公開となった ”Ooo” に続いて、本作品の監督を務めたのは米人気深夜番組‘Too Many Cooks’の制作で知られるCasper Kelly。
彼は!!!とふたたびタッグを組んで、Funny or Dieの協力のもと、またひとつ最高にファニーなビデオを完成させた。
監督であるCasperは以下のようにコメントを寄せている。

「"Every Little Bit Counts" のビデオを撮るのは本当に刺激的だったよ。こんなに心から楽しい曲の作品を作るってことは、ふだん僕が手がけているもっと暗くて歪な世界観とまったく異なるものだったから。ニュースという言葉で埋めつくされた世界に、ニックがウィリー・ウォンカだとかドクター・スースの帽子をかぶったネコみたいに、突然楽しげに飛び込んでくるんだ。本当におかしなことに、そしてまったくの偶然なんだけど、MVの撮影中にニックは僕に、実際にこれと同じようなことをしたことがあるよって言ったんだ。散歩しているときに、ニュースの製作チームがゲイの結婚に反対する男にインタビューをしているところに通りがかったから、飛び込んで行って、「もしだれかこれを録画してたら、テープくれよ!」って言ってやったんだ、ってね。ニックと仕事するのは本当に楽しいよ。彼は禅の心を知り尽くしたようにおだやかなところと、男の子みたいに熱っぽくて、なんでもやってやろう!って貪欲なところを持ち合わせている不思議で魅力的な男なんだ。 」


"Ooo”のビデオはこちら



また、!!! (Chk Chk Chk)は来月からヨーロッパツアーをスタートさせる。ツアーのサポート・アクトには!!! のメンバーによるStereolabのコピー・バンド"Stereolad"が登場するというなんとも彼ららしい、遊び心あふれる演出が用意されている。

あの熱狂ライブが360°動画で蘇る!
チック・チック・チックが東京公演のライブ映像 & リミックス音源を公開!

快心の最狂アルバム『As If』をリリースし、今年最もアツい来日ツアー(東京2公演+大阪公演+朝霧JAM)で、日本を盛り上げたチック・チック・チックが、完全ソールドの東京公演からアルバム曲「I Feel So Free」のライブ映像を公開した。こちらの映像は、ステージ上に設置された4台の特殊なパノラマカメラによって撮影されており、全方位を見渡しながら、まるでステージ上にいるかのような臨場感を体験できる360度動画となっている。ライヴを実際に見た人も見れなかった人も必見!

「I Feel So Free」の360°ライブ映像はコチラ!



またSeth TroxlerとPhil Moffaの二人が同曲をジャジーなニューヨーク・ハウスへとアレンジした「I Feel So Free (Troxler x Moffa Lost Souls Of Saturn Remix)」も同時公開!



現在もバンドはUSツアー真っ只中で、彼ら自身が扮したステレオラブ(?)がサポートするという彼らにしかできないコンセプトもメディアに大きく取り上げられ話題となっている。

いよいよ来週リリース&来日を控えたチック・チック・チック最新情報到着!!!

→ 快心の最新アルバムから新曲2曲&超DIYな最新ビデオを一挙公開!
→ Tシャツ、CA4LAコラボ・キャップなど来日公演でゲットできる限定グッズの詳細を発表!
→ 同じく追加公演(東京)に出演するカインドネスの来日記念ミックス音源を公開!


来日公演と朝霧JAM出演も話題沸騰中のチック・チック・チックが、いよいよ来週リリースを迎える最新アルバム『As If』から2つの新曲「OOO」と「Bam City」を一挙公開!自ら「ほとんど俺たちのライヴ・セットそのもの」と語る快心の最狂アルバムの中身が徐々に明らかに!さらに彼らのDIYスピリット満載の最新ミュージック・ビデオも必見(楽曲は「Bam City」)!バンド史上桁違いのキャッチーさが話題のキラー・チューン「Every Little BitCounts」は今日本全国でヘビロテ中!

「OOO」「Bam City」の試聴音源 +「Bam City」のミュージック・ビデオはコチラ!




アルバムのリリース直後に来日が控える彼ら。東京公演が早々に完売し、海外からカインドネス、日本からは熱狂のダンスミュージック日本代表YOUR SONG IS GOODの参戦も決定している大フィーバー確実の追加公演もすでに発表されている。

今回の公式ツアーTシャツはファンキーでモンキー!!!な、なんともチック・チック・チックらしいデザイン!またCA4LAとのコラボ・アイテムとしてハット・キャップ・ニットの3種などファン必携のオフィシャル・グッズが販売予定!さらに会場でグッズを購入するとモンキーステッカー(非売品)を先着でプレゼント!

グッズ/イベント詳細はコチラ!
http://www.beatink.com/Events/ChkChkChk2015

またカインドネスは、来日を記念して「Mix For Tokyo - Yoroshiku Onegaishimasu」と題した最新ミックス音源を公開!トレンドをおさえたスタイリッシュな選曲は予習にもぴったり!

チック・チック・チックが夏の終わりを告げる、キャリア史上最もポップな必殺アンセムを公開!未到達の絶頂感が貴女の心身を焼き焦がす!

早々と東京公演が完売し、なんと海外からインディーダンス・シーンのオシャレ番長カインドネス、日本からは熱狂のダンスミュージック日本代表YOUR SONG IS GOODも参戦する大フィーバー確実の追加公演を発表したチック・チック・チック。明日からチケットの販売が開始され争奪戦になること必至の注目のパーティーだ。さらに今年の朝霧JAMにヘッドライナーとして出演することも発表され、自ら「ほとんど俺たちのライヴ・セットそのもの」と語る快心の最狂アルバム『As If』も期待大の彼らが、自画自賛も納得のキャリア史上最もポップな必殺アンセム「Every Little Bit Counts」を公開!既にキー・ステーションでヒット中のこの楽曲を聴いてアガらない人がいたら即病院へGO!

バンド史上桁違いのキャッチーさ!
衝撃のキラー・チューン「Every Little BitCounts」はコチラ!




チック・チック・チックは、10月8日(木)に空きっ腹に酒をゲストに迎えた大阪公演、10月9日(金)にはZAZEN BOYSをゲストに迎えた東京公演(こちらはすでにソールドアウト!)、さらに同日同会場にてカインドネスとYOUR SONG IS GOODをゲストに迎えた追加公演を行い、10月10日(土)には朝霧JAMにヘッドライナーとして出演することが決定している。

追加公演のトレーラー映像はコチラ!

すべてのパーティー野郎必見!!!
チック・チック・チックが最新作からリリックビデオを公開!

10月6日に6枚目となるスタジオ・アルバム『As If』をリリースし、その直後には来日公演も決定している「最狂ライブバンド」チック・チック・チックが、強靭なグルーブと強力ダンスチューン満載し、自ら「ほとんど俺たちのライヴ・セットそのもの」と語る快心の自信作から「Freedom! ’15」のリリックビデオを公開!パーティー野郎を自負するチック・チック・チックらしい本ビデオには、フロントマンのニック・オファーと、バッキング・ヴォーカリストとして参加したヨランダ・ハリス・ダンシー、テレサ・マナーが登場する。




すでに来日が発表され、早くもソールドアウト間違いなしと話題のチック・チック・チックが、その来日直前の10月6日に、強靭なグルーブと強力ダンスチューン満載の最新にして、バンド史上最強のダンス・アルバム『As If』をリリース!

「最狂ライブバンド」として2000年代半ばからディスコ・パンク・シーンの主役として活躍してきたチック・チック・チック。彼らにとって実に6枚目のアルバムとなる本作『As If』は、バンド自ら「ほとんど俺たちのライヴ・セットそのもの」と語る快心の自信作。そのサウンドが粗削りであればあるほどよりパンクを感じたという、90年代初期のハウス・レコードをモチーフに、最新のダンス・ミュージックとパンクの痛快さをチック・チック・チック流にクラッシュ。さっそく収録曲2曲が、バンド自らの解説付きで公開された。

「Freedom! ’15」と「Sick Ass Moon」の試聴はコチラ!

Freedom! '15
一種のディスコ・オデッセイさ。ディスコ・ソングだからこそ描ける旅だという意味でね。最初はバラードとして始まり、激しいディスコ・ジャム・セッションで終わる。これは、ディスコ・セッション・グループが、ディスコの12インチ・シングルの両面を隅々までに使って思い切り演奏でき、陶酔できた時代を参考にしている。この曲では僕らも実際、思う存分伸び伸びと演奏していて、できる限りありのままの姿になろうと、装飾を削ぎ落としているよ。ライヴで僕らに何ができるか、その輝かしい例だ。

参照楽曲:
Loleatta Holloway - Love Sensation (Extended Mix) https://www.youtube.com/watch?v=--5FIf8Z6TE
Diana Ross - Love Hangover (Full Version) (Slayd5000) https://www.youtube.com/watch?v=niEYaeYa72U

Sick Ass Moon
ダンス・ミュージックでR&Bのヴォーカル・サンプルが良く使われるようになってしばらく経つけど、ここで俺らのヴォーカルの鳴り方や雰囲気を変えてみてもいいなって思ったんだ。この曲は、タイトルの通りヤバいほど綺麗だった月にインスパイアされてる。ニール・ヤングがギターで弾くようなクラシックな曲にしたかった一方で、曲の構造としてはクラブ・ミュージックの展開や、キックのオン/オフでテンションを解放する感じにインスパイアされてる。

参照楽曲:
Trus'me - I Want You (Alan Fitzpatrick Remix) https://www.youtube.com/watch?v=HIyhQGLhw-U
Blawan - Getting Me Down https://www.youtube.com/watch?v=sIkhewd69SE
Erykah Badu - On & On https://www.youtube.com/watch?v=-CPCs7vVz6s


チック・チック・チック最新アルバム『As If』は、日本先行・ボーナストラック追加収録で、来日直前となる10月6日(火)にリリース!iTunesでは、アルバムを予約すると公開された「Freedom! ’15」と「Sick Ass Moon」の2曲がいちはやくダウンロードできる。

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM