熱狂の東京公演 @ EX THEATERの即レポが到着!
本日は大阪公演 @ AKASO!

Battles Live in Tokyo Battles Live in Tokyo Battles Live in Tokyo



ドクゥン、ドクゥン―まるで心臓の鼓動のようなビートが会場に響きわたる。しんと静まり返ったステージで、変幻自在にギターとベースを操るデイヴ・コノブカ(g./b./ef.)が一人演奏を始めた。バトルスの4年ぶりの六本木EX THEATERにて行われた東京公演は、平日にも関わらずソールド・アウトし、満員の会場は熱気で溢れかえっている。オープニングを飾るのは新作『La Di Da Di』からの1曲「Dot Com」。イアン・ウィリアムス(g./k.)とジョン・ステニアー(ds.)も登場すると会場は更に熱くなっていった。

1曲目の演奏からまるで雷に打たれたような衝撃である。貫く閃光のようなスポットライトが交差する中、激しく鋭いドラム・ビートと超絶なギター、重厚でゴリゴリのベース・サウンド(さすがベースアンプ6台!)が交錯し、アグレッシブなサウンドを織りなしていく。ジョンの切り裂くようにハイハットを叩く姿やイアンのくねくねとしたダンス、デイヴの淡々とでも激しく演奏する姿はビジュアル的にも強烈だ。

キャッチーな「Ice Cream」に続いてこれまたリズミカルな「FF Bada」で、彼らのエナジェティックな演奏がヒートアップ。凄まじい演奏は暴力的で狂気めいているにも関わらず、ポップさが混在している。

途中でぴたりと演奏をやめてカタコトの日本語でMCを敢行しようとするデイヴ。新譜のリード・シングル「The Yabba」にちなんでか”ヤバイ”と言ってみたり、彼らのユーモアな人柄がここで見れて、なんだかほっこりした。

また、鈴の音から始まる「Tyne Wear」の静と動を巧みに使ったパフォーマンスもお見事。静けさの中、シャンシャンと響き渡る鈴の音から一遍、突如始まる演奏の瞬間のダイナミックさには感服だ。最後にジョンが鈴を投げる場面には観客から歓声があがった。

バトルスというバンドは、まるで存在自体がアート作品のようである。彼らは音で、視覚で、またその場の熱と空気感で、ライブという作品を仕上げていくのだろう。それだから、ステージという彼らのキャンパスを通じて艶やかなパフォーマンスを見ることで、初めて”バトルス”というひとつの作品を味わうことができるのだ。

最後は彼らの存在を世に知らしめた「Atlas」で締め。イントロが始まるやいなや観客は熱狂に包まれる。興奮冷めやらぬ観客に応えたアンコールでは、「The Yabba」を投入。奇妙で摩訶不思議なメロディと強烈な重低音に目が回るようでくらくらした。”原点回帰”を目指した彼らの”バトルスの音楽とは?”という答えは今夜のライブなんだろう。強烈な帰還を観客の脳内に叩き付けた今夜は、まさに”ヤバイ”一夜であった。

栗原 葵(音楽ライター)

Battles Live in Tokyo Battles Live in Tokyo Battles Live in Tokyo


バトルス到着!東京公演は完全SOLD OUT!
待望の来日ツアー、いよいよ明日スタート!

GIF

4年振りの最新アルバム『La Di Da Di』を引っさげ来日したバトルスのジャパンツアーがいよいよ明日スタート!直々に指名した神戸出身の3ピース・ガールズ・バンド、ZZZ’sの出演や、ツアーグッズが話題となる中、明日25日の東京公演(EX THEATER)は完全SOLD OUT!(*当日券の販売はございません。予めご了承ください。)翌26日には、超至近距離であの超絶アンサンブルを体験できる大阪公演(AKASO)が控えている。

Battles Fall Tour 2015 Japan

TOKYO

2015 / 11 / 25 WED

EX THEATER
OPEN 18:00 / START 19:00

SOLD OUT!!!

アリーナ立見:前売¥6,500 ※1Drink代別途
スタンド指定席:前売¥7,000 ※1Drink代別途
OSAKA

2015 / 11 / 26 THU

AKASO
OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥6,500 ※1Drink代別途

バトルス来日迫る!
ツアーグッズのラインナップを発表!
東京公演ソールドアウト間近!

4年振りの最新アルバム『La Di Da Di』が大絶賛を浴びる中、いよいよ来週バトルスの来日ツアーがスタート!バトルス直々の指名で、サーストン・ムーア(ソニック・ユース)、ジェフ・バーロウ(ポーティスヘッド)ら多くの海外アーティスト達から熱烈な支持を集める神戸出身の3ピース・ガールズ・バンド、ZZZ’sの出演決定も話題となったが、今回は毎回反響の多いツアー・グッズを一挙発表!
LOGO T-SHIRTS LOGO T-SHIRTS LOGO T-SHIRTS LOGO TOTE PANCAKE T-SHIRTS FOOD T-SHIRTS FOOD T-SHIRTS FOOD T-SHIRTS

来日公演まで3週間!アルバムも絶好調のバトルス
サポートアクトにZZZ'sが決定!東京公演、売り切れ迫る!

ZZZ'S ZZZ's

4年振りの最新アルバム『La Di Da Di』が大絶賛を浴びる中、いよいよ3週後に迫った来日ツアーのサポートアクトを発表!神戸出身の3ピース・ガールズ・バンドZZZ’sの出演が決定した。DIY精神で自ら海外に飛び出し、ここ数年でアメリカやヨーロッパのインディー・ロック・シーンにおいて大きな注目を集めるにまでに至った彼女たちは、SONIC YOUTHのサーストン・ムーア、ポーティスヘッドのジェフ・バーロウ、No Ageをはじめ多くの海外アーティスト達から熱烈に支持されている。今回もバトルスが直々に指名したことで出演が決定!東京公演はすでに完売間近!チケットの確保はお早めに!!

最新アルバムも絶好調のバトルスが
WARPと英CHANNEL 4のコラボ企画で最新ミュージック・ビデオを公開!




9月に4年振りとなる最新アルバム『La Di Da Di』をリリースし、来月には待望の来日ツアーも控えるバトルスが、アルバム収録曲「Dot Net」のミュージック・ビデオを公開した。本ビデオは【Random Acts】と題した英Channel 4の企画で、〈Warp〉の所属アーティストと気鋭映像作家たちとのコラボレーション・シリーズの第一弾となる。今後ダークスター、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ハドソン・モホークのミュージック・ビデオも続々公開予定。今回のミュージック・ビデオを手がけたベン・ジョーンズは、バトルスのメンバーであり、バトルス作品のアートワーク全般を手がけるデイヴ・コノプカの友人であるという。

ベン・ジョーンズと僕は90年代にマサチューセッツ芸術大学に一緒に通った間柄なんだ。以来ずっと、ソロの作品であれ、ペーパー・ラッドのメンバーとしての作品であれ、彼のファンなんだよ。

Channel 4から映像作家とのコラボレーションというオファーをもらったとき、ベン・ジョーンズのことがすぐ思い浮かんだ。ベンの実験的なアニメーションとバトルスのテクニカラーなサウンドには、通ずるものがすごくあると常々思っていたからね。この二つの点をつなぐことは僕が長年思い描いていたことなんだ。

幸運にも、このコラボレーションに興味があるかどうかベンに連絡を取ったとき、彼はちょうど新しい作品を設置しおえたところで、それらが「Dot Net」のビデオの中にも登場する。実写で撮られたギャラリーの風景と独特のアニメーションの融合を駆使して、ベンは「Dot Net」のビデオを完成させた。これまでにコラボレートしてきたバトルスのビデオの中でもお気に入りの一つだし、何度見ても最高に楽しめるんだ。


バトルス最新アルバム『La Di Da Di』は好評発売中。国内盤にはボーナス・トラックが追加収録され、初回生産盤はポスター付き紙ジャケット仕様。また数量限定で、メンバーのデイヴ・コノプカがデザインした最新Tシャツ付セットの発売中。タワーレコードではオリジナル・ステッカー、HMVではロゴ缶バッヂ、amazonではロゴ・マグネットが、アルバム購入者に先着でプレゼントされる。

またバトルスは、11月25日(水)にEX THEATER(東京)にて、翌26日(木)にはAKASO(大阪)にて待望の来日公演を行う。東京公演は完売間近!チケットの確保はお早めに!!
イベントの詳細はこちら↓

いよいよ来週リリース!
最新作『LA DI DA DI』から話題曲「THE YABBA」のミュージック・ビデオを公開!

いよいよ来週、4年振りとなる待望の最新アルバム『La Di Da Di』をリリースするバトルスから、先行公開曲として話題となっていた「The Yabba」のミュージック・ビデオが到着!ミニマルかつポリリズミックな生演奏とエレクトロニクスの融合、トレードマークであるループ=反復、トランシーな奇祭感で駆け抜ける見事な展開、そのすべてを支配するグルーヴを、アルバムのアートワークにも垣間見られるシュールなセンスとともに映像化!前作『Gloss Drop』収録のシングル「Ice Cream」と同じく、バルセロナとロンドンに拠点を持つ映像作家集団CANADAが制作を務めている。


絶賛コメント続々!

反射神経ではなく、耳と心にアピールするアルバムが作れることを証明した1枚 - rockin’on 10月号

前作の色彩ゆたかな意匠を引き継ぎながら初期の緊密な関係性に回帰した - ele-king別冊ポストロック・バトルフィールド 9月15日発売

今作は正真正銘、誰もが彼らに期待していたバトルスの最高傑作だ。一つ一つのサウンドが、別のサウンドと完璧にシンクロしている。ここには無限に広がる奇異が存在する。 - MOJO ****

圧倒的に高いレベルの技術的な複雑性が見られる。キネティックかつ入り組んだ構造美が素晴らしい。このニューヨーク人たちは、再びトラディショナルなロックの概念を一歩も二歩も更新させた。 - NME

ミニマリストによるミニマリズムの傑作。超暴力的スティーヴ・ライヒ。 - Uncut

バトルスは、メタル好きにも響くヘヴィーさと、ジャズ好きにも響く繊細さ、そして実験的音楽を好む幅広いファンにも刺さる独自性を兼ね備えた音楽を創造する。 - Rolling Stone


bounce CDJ ele-king London In Stereo Crack

最新アルバム『LA DI DA DI』からアートワークも秀逸な新曲『FF Bada』を公開!
進化したポリリズム X アフロ X 祭囃子サウンドは必聴!

FF Bada

4年振りとなる待望の最新アルバム『La Di Da Di』のリリースがいよいよ2週間後に迫ったバトルスが、現在パフォーマンス映像が公開中(http://bit.ly/1IYrJsl)の先行公開曲 「The Yabba」に続いて、新曲「FF Bada」を公開!彼らにしか生み出すことのできない、ポリリズム X アフロ X 祭囃子のハードコアな融合は必聴!すでにスタートしているUSツアーでも、最高の盛り上がりを見せている模様。また「The Yabba」のミュージック・ビデオも近日公開予定!

11月には待望の来日公演も決定しているバトルス。互いのクリエイティビティを妥協なく融合し、リズム、リフ、メロディーを複雑に且つダイナミックに組み上げた鉄壁のハードコア・アンサンブルは必見!

3rdアルバムとなる本作『La Di Da Di』は、9月15日に世界に先駆け日本先行でリリース。国内盤にはボーナス・トラックが追加収録され、初回生産盤はポスター付き紙ジャケット仕様。また数量限定で、メンバーのデイヴ・コノプカがデザインした最新Tシャツ付セットの発売も決定。タワーレコードではオリジナル・ステッカー、HMVではロゴ缶バッヂ、amazonではロゴ・マグネットが、アルバム購入者に先着でプレゼントされる。なおiTunesでアルバムを予約すると、公開された「The Yabba」「FF Bada」をいちはやくダウンロードすることができる。

USオルタナティヴ・シーンで活躍してきたミュージシャンが集結したスーパーバンド、バトルス。その独創的なアイデアとサウンドは、それまでのロックの概念と常識を遥かに超越し、ミュージシャン達、音楽ファン達に強烈な衝撃を与えてきた。衝撃の1stアルバム『Mirrored』をリリースした2007年には、フジロックに初出演し、入場規制となるなど今でも語り継がれる伝説のステージを披露。その後行われたツアーも全6公演を完全ソールドアウト。2ndアルバム『Gloss Drop』をリリースした2011年には、SonarSound Tokyo、フジロック、単独ツアーと3度来日。フジロックではグリーンステージで圧巻のライブを披露した。

そして2015年、4年振りとなる正に待望の3rdアルバム『La Di Da Di』が完成。互いのクリエイティビティを妥協なく融合し、リズム、リフ、メロディーを複雑に且つダイナミックに組み上げた鉄壁のハードコア・アンサンブルが炸裂!〈Warp〉契約以降初の全編インスト作品ということも話題となっている。その鍛え上げられたバンドによる、一瞬たりとも目が離せない緊迫感、その名の通り、メンバーの個性がぶつかり合うバトルフィールドと化す白熱のライブは必見!完売必至!8月7日(金)よりbeatkart(shop.beatink.com)にて、先行販売開始!

beatkartではスタンド指定席が早くも売り切れ!
完売必至の来日公演も話題のバトルスが新曲「The Yabba」のアルバム・バージョンを初公開!

The Yabba

4年振りとなる待望の最新アルバム『La Di Da Di』の完成、待望の来日公演、ミニ・ドキュメンタリー、パフォーマンス映像の24時間限定配信など、続々と話題を提供し続けているバトルスが、今度は新曲「The Yabba」のアルバム・バージョンを公開!パフォーマンス映像の中でも披露されていた同曲だが、アルバム・バージョンは今回が初披露となる。冒頭から生演奏とエレクトロニクスをミニマルかつポリリズミックに配置し、トランシーな奇祭感で駆け抜ける見事な展開と、そのすべてを支配するグルーヴはまさに圧巻!また同曲のミュージック・ビデオの撮影が最近バルセロナで行われたことも海外メディアのインタビューで明かしている。

8月7日(金)正午より先行販売が開始された待望の来日公演は、スタンド指定席(東京公演)のbeatkart(shop.beatink.com)が早くもソールドアウトするなど完売必至!来週月曜からは、ぴあ、Tixee、イープラスの先行販売が開始!

3rdアルバムとなる本作『La Di Da Di』は、9月15日に世界に先駆け日本先行でリリース。国内盤にはボーナス・トラックが追加収録され、初回生産盤はポスター付き紙ジャケット仕様。また数量限定で、メンバーのデイヴ・コノプカがデザインした最新Tシャツ付セットの発売も決定。タワーレコードではオリジナル・ステッカー、HMVではロゴ缶バッヂ、amazonではロゴ・マグネットが、アルバム購入者に先着でプレゼントされる。なおiTunesでアルバムを予約すると、公開された「The Yabba」をいちはやくダウンロードすることができる。

Battles - The Yabba (NYC Live Session)
NYにあるバンドのリハーサル・スペース近くで撮影されたパフォーマンス映像を公開!
最新作の冒頭を飾る「The Yabba」のフル視聴はコチラ!



その独創的なアイデアとサウンドで、それまでのロックの概念と常識を遥かに超越し、ミュージシャン達、音楽ファン達に強烈な衝撃を与えてきたバトルス。互いのクリエイティビティを妥協なく融合し、リズム、リフ、メロディーを複雑に且つダイナミックに組み上げた鉄壁のハードコア・アンサンブルは必見!

また数量限定で、メンバーのデイヴ・コノプカがデザインした最新Tシャツ付セットの発売も決定した。タワーレコードではオリジナル・ステッカー、HMVではロゴ缶バッヂ、amazonではロゴ・マグネットが、アルバム購入者に先着でプレゼントされる。

Battles / LA DI DA DI

BATTLES / LA DI DA DI

バトルス[ ラ・ディ・ダ・ディ ]

2015.09.15 ON SALE

cat no.: BRC-480
price: ¥2,200 (tax in)

[Tシャツ付セット]
beatkart
[ Tower Records (限定色) ]Sサイズ / Mサイズ / Lサイズ / XLサイズ
[ amazon ]Sサイズ / Mサイズ / Lサイズ / XLサイズ
[ Tower Records ]Sサイズ / Mサイズ / Lサイズ / XLサイズ
[ HMV ]Sサイズ / Mサイズ / Lサイズ / XLサイズ


Tシャツ付きセット


TOWER RECORDS限定色


TOWER RECORDS特典ステッカー


HMV特典バッジ


amazon特典マグネット


全編インストに回帰した最新アルバムの制作の裏側を明かすドキュメンタリー・ビデオ(字幕付)を公開!
新曲のレコーディング風景も披露!

衝撃のデビュー・アルバム『Mirrored』、その捻くれたポップネスをさらに進化させた2ndアルバム『Gloss Drop』に続く、4年振りとなる超待望の3rdアルバム『La Di Da Di』のリリースを発表したバトルス。新作について、彼は「キノコのように急激に増殖する反復のモノリス。ここにあるのは、一貫性を拒んだ無限に近いループが織り成す、オーガニックかつテクノな反復だ」と説明する。詩的とも思えるこの言葉に現れた彼らの美学が、今回公開されたミニ・ドミュメンタリー『The Art of Repetition』の中で明らかにされている。



カメラは、ニューヨークにあるバトルスのリハーサル・スペース、そしてそこから4時間離れたロード・アイランドのレコーディング・スタジオを訪れ、最新アルバムを制作中のバトルスに密着。リラックスした雰囲気で語るメンバーのインタビューとともに、新作の音源の一部も明かされた必見のドキュメンタリーで、バンドのステージ・セットアップやユニークな作曲方法、ドイツで行われたライヴ映像、またメンバーの個性や関係性をも垣間見れる貴重映像となっている。

4年の沈黙を破り、無敵のハードコア・アンサンブルが帰還
全編インスト作品となる3rdアルバム『La Di Da Di』のリリースを発表!
世界に先駆け9月15日(火)に日本先行リリース決定!

よりストイックに、そしてより自由に。現代エクスペリメンタル・ロック・バンドの最高峰が遂に帰還!今年に入ってライブ活動を再開させ、新作の到着が噂されていたバトルスが、4年振りとなる最新アルバム『La Di Da Di』のリリースを発表!

芸術性、実験性、テクノロジー、そして一点集中主義という、他に類のない組み合わせで構成されたバトルス。メンバーのデイヴ・コノプカ、イアン・ウィリアムズ、そしてジョン・ステニアーの3人が「バトルスとは何か」を自らに問いただし、導き出した答えこそが〈Warp〉契約以降初の全編インスト・アルバムとなった本作である。全編を通して至る所で仕掛けられる、痛烈で、激しく、容赦のない攻撃、その中をくぐり抜けるメロディとハーモニー。さらに磨きのかかった緻密さと同時に、かつてないほどの解放感を備えた本作は、彼らが今キャリアの絶頂を迎えようとしていることを証明している。

3rdアルバムとなる本作『La Di Da Di』は、9月15日に世界に先駆け日本先行でリリースされる。国内盤にはボーナス・トラックが追加収録され、初回生産盤はポスター付き紙ジャケット仕様。

BATTLES | バトルス

2002年にNYでイアン・ウィリアムス(ex.ドン・キャバレロ)、デイヴ・コノプカ(ex.リンクス)、ジョン・スタニアー(ex.ヘルメット/トマホーク)、タイヨンダイ・ブラクストンにより結成された米エクスペリメンタル・ロック・バンド。2004年には『B EP』、『Tras』、『EP C』と3枚のEPを立て続けにリリースし、ポスト・ロック〜マス・ロック・シーンの隆盛とともに大きな注目を集める。精力的にライブ活動を行いながら、2005年には〈Warp〉と契約。2007年に1stアルバム『Mirrored』をリリースし、各メディアで絶賛を浴びると、国内外の大型フェスへの出演やツアーで大きな成功を収めた。2010年からは現在の3人編成に。2011年にリリースされた2ndアルバム『Gloss Drop』ではゲイリー・ニューマンからボアダムズのEYEまで様々なゲスト・ヴォーカルを迎えて再び話題を呼ぶ。そして2015年、ワールド・ツアーの発表に続いて4年ぶり待望となる最新アルバム『La Di Da Di』のリリースがアナウンスされた。


TOP

BATTLES

Battles

BOTTOM


Official

Facebook

Twitter




Topics

Bottom



Page Top