TOP

TOP

Underworld - Barbara Barbara, we face a shining future

artist:
Underworld
― アンダーワールド
title:
Barbara Barbara, we face a shining future
― バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー
release date:
2016.03.16 wed On Sale

label:
Smith Hyde Productions / Beat Records
国内盤CD:
BRC-500 ¥2,450 (+tax)
CD + T-Shirts:
BRC-500T ¥6,000 (+tax)
国内盤特典:
ボーナストラック追加収録

● 通常盤CD


beatkartで購入

Amazonで購入

Tower Recordsで購入

HMVで購入

icon

● CD+T-Shirts限定盤


beatkartで購入


S / M / L / XL サイズ


Amazonで購入


S

M

L

XL


Tower Recordsで購入


S

M

L

XL


HMVで購入


S

M

L

XL



● Digital Download


iTunesで購入

BOTTOM

Track List

  • 01.
  • I Exhale
  • 02.
  • If Rah
  • 03.
  • Low Burn
  • 04.
  • Santiago Cuatro
  • 05.
  • Motorhome
  • 06.
  • Ova Nova
  • 07.
  • Nylon Strung
  • 08.
  • Twenty Three Blue (Bonus Track for Japan)

Official Site

Official Facebook

Official Twitter

Official Soundcloud


2016.08.22
サマソニでヘッドライナーを務めたアンダーワールド
11月にキャリア初の武道館公演で再来日決定!!!
伝説化必至のサマソニ・ライブレポ公開!

8/20(東京)、8/21(大阪)とサマーソニック2016にヘッドライナーとして出演し、世界屈指のダンス・アクトにふさわしい感動的なパフォーマンスで、会場を一体化させたアンダーワールドが、11月9日(水)に日本武道館にて単独公演を行うことを発表!チケットの一般発売は9月24日(土)から。

11月9日(水)日本武道館

OPEN 18:00/START 19:00
TICKET: アリーナスタンディング ¥11,000(税込)指定席 ¥9,000(税込)
チケット発売日:9/24(土)〜
企画制作・招聘:クリエイティブマン
協力:Beatink
https://www.creativeman.co.jp/artist/2016/underworld/

Summer Sonic 2016
Underworld Live Report



 8月20・21日、英国を代表するエレクトロニック・グループ、アンダーワールドが東京・大阪にて同時開催された日本最大級の音楽フェスティバル「SUMMER SONIC 2016」に初出演。20日にはQVCマリンフィールドのヘッドライナーを務め、サマソニ東京最大の会場を最高にポジティブな空気で満たした。
 アンダーワールドの出演は19時40分より。午前中からの不安定な天候もやっと落ち着き、日も落ちたなか、カール・ハイドとリック・スミスの2人が登場すると、喜びの歓声があがった。まずは「I Exhale」「If Rah」という、ニューアルバム『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』の頭2曲からスタート。心臓の鼓動のように、太く一定のビートが刻まれ、会場をどんどんアゲていく。
 同作は、彼らが一大ブレイクしたアルバム『ダブノーベスウィズマイヘッドマン』(1994年)の再現ライブ(2014年)をきっかけに、“ライブの即興性”“2人で作ること”に向き合い、新たな刺激を追究した作品なのだが、この日のステージは、カールとリックの2人だけで立ち、ステージバックのスクリーンにも曲名が映し出されるのみと、実にシンプル。エレクトロニックの音楽ではあるが、ひとつひとつにライブ(人肌)を感じ、情報過多でなんでもネットですんでしまう現代に対し、本質をつく彼らのアティテュードとしても見える。



 また、ニューアルバムの曲に、お茶の間にも浸透している「Two Months Off」、前作からポップで踊れる「Scribble」など、彼らのヒット曲が織り込まれていくのだが、光のグラデーションのように、時代をこえて、それぞれの曲が瑞々しく、美しくつながっていくのは見事だった。
 そして、「Rez」「Cowgirl」「Born Slippy」という、アンダーワールドを象徴するアンセムで怒濤のクライマックスへ。ここで100個以上もの巨大な白い球体がアリーナに投げ込まれ、お祭り感満載となり、会場も大盛りあがり。さらに、その球体がビートに合わせ青や赤へと色を変え、アリーナ全体が光のアート空間のよう。終いには「Born Slippy」に合わせて、打ち上げ花火が次々とあがるという演出に、オーディエンスは手をあげ、踊りまくる ーー ステージ上の2人、そしてアリーナもスタンドも含め、大きな興奮に包まれた瞬間だった。
 この日、カール・ハイドは“日本は第2の故郷”とMCで何度も言い、日頃のサポートに感謝を述べていたが、世界的に見ても彼らの日本人気は高く、今年の3月には、先に触れたニューアルバムがオリコン週間チャート洋楽1位を獲得し、渋谷ParcoでのTOMATO個展をはじめ、「ミュージックステーション」(テレビ朝日)への出演など、何かとザワザワしている。さらに、サマーソニックの興奮が覚めないなか、11月9日には日本武道館での単独公演も決定した。数々のアーティストが伝説を作ってきた日本武道館を、アンダーワールドが最高のダンスフロアに変える瞬間。お見逃しなく!

2016.08.10
今年のサマソニのライブ音源がゲットできる限定ダウンロードカードが発売決定!
最新Tシャツのデザインも公開!サマソニ直前、インタビュー特集も続々オンエア!

Underworld Summer Sonic T-ShirtsUnderworld Summer Sonic T-Shirts


いよいよ来週サマーソニックに出演するアンダーワールドが、これから披露するサマソニの音源をゲットできるスペシャルな限定ダウンロードカード『Live At Summer Sonic 2016』のリリースを発表!!!

本ダウンロードカードの購入者は、今年のサマーソニックで披露されるアンダーワールドのライブから、新旧の代表曲を織り交ぜた最新ライブ音源を9月2日(金)よりダウンロードできる。

最新ライブ『Live At Summer Sonic 2016』のダウンロードカードは、サマソニ出演に先駆け、8月12日より一部のレコードショップにて、サマソニ会場で販売される最新Tシャツとセットで販売される。またサマソニ会場では、ダウンロードカード単体での販売もあるほか、最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』とのセット販売も予定されている。

オリコン初登場洋楽アルバム1位、DANCE & SOULアルバム1位の二冠を達成し、iTunesやamazonでもジャンル別チャート1位を記録した最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』をひっさげ、アンダーワールドがいよいよサマーソニックに登場!20日(土)は東京会場、21日(日)は大阪会場に出演する。

なおアンダーワールドのカール・ハイドの最新インタビューが現在サマーソニック公式サイトにて公開中! http://www.summersonic.com/2016/

Underworld
Live At Summer Sonic 2016

2016/08/12 FRI ON SALE
※ダウンロードカード+Tシャツセットのみ一部店舗にて販売

ダウンロードカード単体(BRDL-001)
ダウンロードカード+Tシャツセット(BRDLW-001/BRDLB-001)
ダウンロードカード+CDセット(BRDLCD-001)

※ ダウンロード開始日は、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

サマソニ直前、インタビュー特集も続々オンエア!

スペースシャワーTV「INTERNATIONAL FLASH」SUMMER SONIC 2016 特集
放送日時:8/12(金)26:00〜
http://www.spaceshowertv.com/program/regular/international_flash.html

MTV「Underworld LiveSelects」
放送日時:8/17(水)23:30〜24:00
http://www.mtvjapan.com/onair/program/7622

2016.06.30
「Nylon Strung」のミュージック・ビデオを公開!

この夏サマーソニックで再来日を果たすアンダーワールドが、3月にリリースされた最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』から「Nylon Strung」のミュージック・ビデオを公開した。3月に開催されたTOMATO結成25周年記念エキシビションでも共に来日したサイモン・テイラーが監督を務め、メンバーのカール・ハイドとリック・スミスも出演している。

Underworld - Nylon Strung

先週末にはグラストンベリーにも出演したアンダーワールド。その模様の一部が英BBCにて公開されている。

Underworld - Two Months Off (Glastonbury 2016) http://bbc.in/28Ulms1

また7月15日には3月の来日時に販売された限定Tシャツの一般発売も決定!



beatkartで開催中のTシャツキャンペーン内では、本日から購入可能!
http://shop.beatink.com/shopbrand/ct336

オリコン初登場洋楽アルバム1位、DANCE & SOULアルバム1位の二冠を達成し、iTunesやamazonでもジャンル別チャート1位を記録したアンダーワールドの最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』。それに続いて、リミックスEP『Shining Future Remixes』も、デジタル限定で配信中。

2016.05.12
最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』の
リミックスEP 『Shining Future Remixes』のリリースを発表!

今年3月16日に最新アルバムをリリースし、この夏サマーソニックで再来日を果たすアンダーワールドが、新作収録曲のリミックス4曲を収録したEP作品『Shining Future Remixes』を5月27日にデジタル配信限定でリリースすることを発表し、昨日J-WAVEにて先行公開された、フランスのアンダーグラウンドで活躍するヴォイスキーによる「If Rah」のリミックスを公開した。

If Rah (Voiski Sleepless remix)


リミキサーには、ジャーマン・テクノを語る上で欠かすことのできないDJ Koze、奇才電子音楽家マシュー・ハーバート、最近の彼らのお気に入りだというヴォイスキー、ベルリン屈指の人気テック・ハウス・レーベル〈Get Physical〉を主宰するM.A.N.D.Y.が顔を揃えている。

アンダーワールドは、各トラックに以下のようなコメントを寄せている。

I Exhale (DJ Koze remix)
DJ Kozeは僕達のお気に入りのDJ/プロデューサーのひとりなんだ。今クラブでかかっている音楽を聴きたいと思ったときには、いつでも彼の最新作をチェックするようにしている。最近彼はあまりリミックスワークをしていないようだったから、彼が僕達のトラックをリミックスしてくれることになってとても嬉しかったよ。

If Rah (Matthew Herbert's Lunar dub)
マシューは僕達と同じくらい長い年月に渡ってUKのダンスシーンで活躍してる。
また彼は、ダンスミュージック以外でも様々な仕事をしているんだ。僕達のようにね。こんなに共通点があるのになぜ今まで一緒に仕事をしてこなかったんだろう?きっとまたいつか一緒になにかする可能性もあるんじゃないかな。

If Rah (Voiski Sleepless remix)
ヴォイスキーはフランスのアンダーグラウンドで活躍するクールなプロデューサーで、ダニエル・エイヴリーが紹介してくれたんだ。彼は自身のレーベルと、いくつかのヨーロッパのクールなテクノ・レーベルから素晴らしい音楽をリリースしている。僕達はレコード・ショップに出かけると必ず彼の作品を探すんだ。

Nylon Strung - M.A.N.D.Y. Remix
フィリップとパトリックはベルリンで〈Get Physical〉っていうレーベルをやっているんだ。彼らは二人とも素晴らしいDJ/プロデューサーで、世界中ですごくクールなクラブイベントを開催している。彼らとはもう長年の付き合いで、フィリップは90年代後半には僕達のドイツのレーベルで一緒に働いていたこともあるんだよ。

アルバム・リリースの直前には、渋谷パルコにて開催された世界的クリエイティブ集団Tomato結成25周年記念エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」のために来日し、一夜限りの貴重な限定ライブやアートインスタレーションの展示も行った彼ら。Tomato/Underworldが登場するPARCOコーポレートメッセージ『SPECIAL IN YOU.』第6弾広告も本日より公開されている。

【パルコ】2016/君も、特別。Tomato/Underworld編


オリコン初登場洋楽アルバム1位、DANCE & SOULアルバム1位の二冠を達成し、iTunesやamazonでもジャンル別チャート1位を記録するなど好評のアンダーワールドの最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』。それに続いてのリリースとなる『Shining Future Remixes』は、5月27日にデジタル配信限定でリリースされる。

Underworld
Shining Future Remixes

iTunes: http://apple.co/1T9gBzQ

[ Tracklisting ]
1. I Exhale (DJ Koze remix)
2. If Rah (Matthew Herbert's Lunar dub)
3. If Rah (Voiski Sleepless remix)
4. Nylon Strung - M.A.N.D.Y. Remix

2016.04.19
サマソニでの再来日にも期待!
アンダーワールドがスタジオ・セッション映像を公開!
新曲のみならず、あの名曲も披露!

オリコンチャートで洋楽アルバムとDANCE & SOULアルバムの2部門で1位、全英チャートでも名盤『Beaucoup Fish』以来のトップ10入りを果たすなど、6年ぶりの最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』が好調のアンダーワールドが、初出演となったコーチェラの直前に米ラジオ局KCRWの番組『MORNING BECOMES ECLECTIC』にて収録したスタジオ・セッション映像を公開!「I Exhale」「If Rah」「Low Burn」「Ova Nova」の新曲4曲に加え、往年の名曲「Jumbo」、「8 Ball」も披露されている。



夏にはサマソニで再び日本に帰ってくるアンダーワールド。彼らの6年ぶり7作目となる最新スタジオ・アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』は現在好評発売中!

2016.04.06
ミュージック・ステーションでも披露され、
現在ラジオヒット中の「If Rah」の公式ミュージック・ビデオを公開!

オリコンチャートで洋楽アルバムとDANCE & SOULアルバムの2部門で1位、全英チャートでも名盤『Beaucoup Fish』以来のトップ10入りを果たすなど、6年ぶりの最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』が好調のアンダーワールドが、現在J-WAVE「TOKIO HOT 100」で2週連続1位、その他Tokyo FM「COSMO POPS BEST 10」、bayfm「カウントダウン・レディオ」、福岡CROSS FM「MUSIC AMP」でも1位を獲得するなどヒット中のリードシングル「If Rah」のミュージック・ビデオが公開された。本楽曲は、3月11日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)でも、「Born Slippy (Nuxx)」とともに披露されたことでも話題となった。

Underworld - If Rah


「If Rah」に続く2ndシングル「Nylon Strung」は、iTunes先行で4月8日(金)にデジタルリリースされる。カップリングには、アルバムの冒頭を飾る「I Exhale」のDJ Kozeによるリミックスが収録される。

I Exhale (DJ Koze remix)の試聴はコチラ!

iTunesでの予約はコチラ! http://apple.co/1RJ15Kc

夏にはサマソニで再び日本に帰ってくるアンダーワールド。彼らの6年ぶり7作目となる最新スタジオ・アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』は現在好評発売中!日本盤CD限定のスペシャル・フォーマットとして、Tomatoがデザインを手がけたTシャツ付セットも限定数販売されている。またamazonではオリジナルA2ポスター、タワーレコードでは特製マグカップ、TSUTAYAではオリジナル・マグネット、HMVとディスクユニオンではオリジナル缶バッヂ、その他の対象店舗ではジャケット・デザインのステッカーをアルバム購入者にプレゼント。さらに渋谷エリア内および全国のPARCO内にある対象のレコードショップでアルバムを購入すると、特製ロゴ・ステッカーもプレゼントされる。特典はすべて先着となるので気になるファンはお早めに! 2016.04.01
アンダーワールドの超限定「パルコ屋上」ライブも話題となったTOMATO25周年企画展は、いよいよ今週末まで!
カール・ハイドによるアートインスタレーションの制作映像が公開!

現在、渋谷パルコにて好評開催中の世界的クリエイティブ集団Tomato結成25周年記念エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」。エキシビション初日となった3月12日(土)には、渋谷パルコPART3の屋上に特別に用意されたライブ会場にて、アンダーワールドが一夜限りの限定ライブ「Underworld Live: Shibuya Shibuya, we face a shining future」を行い、2次会場となった「2.5D(渋谷パルコ PART1・6F)」での360度映像ライブストリーミングや、「渋谷のラジオ」(87.6MHz FM)およびQ-FRONT大型モニター「Q’S EYE」を通じての生中継なども大きな話題となった本エキシビションが、4月3日(日)にいよいよ最終日を迎える。メイン会場であるパルコミュージアム(渋谷パルコ3F)にはUnderworldコーナーが設けられており、過去のアルバムアートや使用されなかった未公開作品も展示されています。

最終日を前に、エキシビジョン会場の一つである渋谷パルコ「GALLERY X」にて展示中のアートインスタレーション「TOKYO STREET POEM」の制作映像が公開された。アンダーワールドのメンバー、カール・ハイドによるペインティング作品と、リック・スミスによるサウンド演出からなる貴重なアート空間を収めた映像は必見!



また、「渋谷パルコ PART 1・8階 特設会場」では、Galaxyプロデュースにより「Gear VR」を活用し、 アンダーワールドの一夜限りの限定ライブを追体験できるコーナーが設置されており、当限定ライブで披露した全12曲の360度映像を楽しめる。

セットリスト
01. I Exhale
02. If Rah
03. Dark Train
04. Two Months Off
05. Low Burn
06. Jumbo


07. Push
08. Ova Nova
09. Nylon Strung
10. Rez
11. Cowgirl
12. Born Slippy (Nuxx)


THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”の詳細はコチラ
http://www.parco-art.com

オリコン初登場洋楽アルバム1位、DANCE & SOULアルバム1位の二冠を達成し、iTunesやamazonでもジャンル別チャート1位を記録するなど好評のアンダーワールドの最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』。日本盤CD限定のスペシャル・フォーマットとして、Tomatoがデザインを手がけたTシャツ付セットも限定数販売中!amazonではオリジナルA2ポスター、タワーレコードでは特製マグカップ、TSUTAYAではオリジナル・マグネット、HMVとディスクユニオンではオリジナル缶バッヂ、その他の対象店舗ではジャケット・デザインのステッカーをアルバム購入者に先着でプレゼント。さらに渋谷エリア内および全国のPARCO内にある対象のレコードショップでアルバムを購入すると、特製ロゴ・ステッカーが先着でプレゼントされる。

2016.03.28
名盤『Beaucoup Fish』以来となる全英チャート TOP 10入り!
日本でもチャートを席巻中の最新作から2ndシングル「Nylon Strung」がデジタルリリース決定!
カップリングは「I Exhale (DJ Koze remix)」!

アンダーワールドの最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』が、オリコンチャートで洋楽アルバムとDANCE & SOULアルバムの2部門で1位となったのに続き、全英チャートでも、1999年の『Beaucoup Fish』以来のトップ10入りを果たした。

この他日本では、iTunesでエレクトロニックチャート1位、メインチャートでも最高2位を記録。amazonではダンス・エレクトロニカチャート1位、ハイレゾ音源配信サイトOtotoyでもウィークリーチャート1位となり、リードシングルの「If Rah」も、J-WAVE「TOKIO HOT 100」で今週1位を獲得。bayfm「カウントダウン・レディオ」、福岡CROSS FM「MUSIC AMP」でも1位となっている。

そして今回、その「If Rah」に続く2ndシングル「Nylon Strung」がiTunes先行で4月8日(金)にデジタルリリースされることが決定!カップリングには、アルバムの冒頭を飾る「I Exhale (DJ Koze remix)」が収録される。

I Exhale (DJ Koze remix)の試聴はコチラ!


iTunesでの予約はコチラ!: http://apple.co/1RJ15Kc

現在英NMEにて、アルバムのメイキング映像 Part.2が公開中! Making Of ‘Barbara, Barbara, We Face A Shining Future’ Part 2 - Lyrics


Part.1はこちら

最新アルバム・トレーラー映像はコチラ!

夏にはサマソニで再び日本に帰ってくるアンダーワールド。彼らの6年ぶり7作目となる最新スタジオ・アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』は現在好評発売中!日本盤CD限定のスペシャル・フォーマットとして、Tomatoがデザインを手がけたTシャツ付セットも限定数販売されている。またamazonではオリジナルA2ポスター、タワーレコードでは特製マグカップ、TSUTAYAではオリジナル・マグネット、HMVとディスクユニオンではオリジナル缶バッヂ、その他の対象店舗ではジャケット・デザインのステッカーをアルバム購入者にプレゼント。さらに渋谷エリア内および全国のPARCO内にある対象のレコードショップでアルバムを購入すると、特製ロゴ・ステッカーもプレゼントされる。特典はすべて先着となるので気になるファンはお早めに!

2016.03.23
最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』オリコン洋楽チャート初登場1位を獲得!
アルバムのメイキング映像 & アンダーワールドが渋谷をジャックした限定ライブの映像が公開!

サマーソニックにヘッドライナーとして初出演決定、3月の緊急来日、まさかの「ミュージックステーション」出演、渋谷をジャックした一夜限りの限定ライブなどの話題を経て、ついに先週リリースを迎えたアンダーワールド最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』が、最新のオリコンチャートで、洋楽1位を獲得!DANCE & SOULアルバム部門の1位と合わせて2冠を達成!!

この他、iTunesではエレクトロニックチャート1位、メインチャートでも最高2位を記録。amazonではダンス・エレクトロニカチャート1位、ハイレゾ音源配信サイトOtotoyでウィークリーチャート1位、e-onkyo musicでも3位となっている。

現在英NMEでは、アルバムのメイキング映像が公開されている。

Making Of ‘Barbara, Barbara, We Face A Shining Future’ Part 1 - Process


さらに、Parcoが東京・渋谷から世界に向けて開催する、世界的デザイン集団Tomatoの結成25周年記念エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」のハイライトとして行われた一夜限りの限定ライブ「Underworld Live: Shibuya Shibuya, we face a shining future」のダイジェスト映像が公開!

Underworld - Shibuya Shibuya we face a shining future


同エキシビジョンの初日となる3月12日(土)に開催したこの限定ライブは、「渋谷パルコ PART3・屋上」のライブ会場に抽選で招待された200名と、2次会場となった「2.5D(渋谷パルコ PART1・6F)」で抽選から選ばれた50名に向け360度映像ライブストリーミングを行い、「渋谷のラジオ」(87.6MHz FM)を通じて中継された。またライブのラスト10分間は、渋谷を象徴する駅前スクランブル交差点に位置するQ-FRONT大型モニター「Q’S EYE」でも生中継されるなど、アンダーワールドから渋谷へのサプライズとしてプレゼントされた。

THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”の詳細はコチラ
http://www.parco-art.com

好評発売中のアンダーワールドの6年ぶり7作目となる最新スタジオ・アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』。日本盤CD限定のスペシャル・フォーマットとして、Tomatoがデザインを手がけたTシャツ付セットも限定数販売!またamazonではオリジナルA2ポスター、タワーレコードでは特製マグカップ、TSUTAYAではオリジナル・マグネット、HMVとディスクユニオンではオリジナル缶バッヂ、その他の対象店舗ではジャケット・デザインのステッカーをアルバム購入者にプレゼント。さらに渋谷エリア内および全国のPARCO内にある対象のレコードショップでアルバムを購入すると、特製ロゴ・ステッカーもプレゼントされる。特典はすべて先着となるので気になるファンはお早めに!

2016.03.16
超待望の最新アルバムついに本日リリース!

昨年11月に新作の存在が明らかになって以降、サマーソニックへの初出演(しかもヘッドライナー!)、3月の緊急来日など、かねてより大きな話題となっていたアンダーワールド。先週には「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)にも出演し、新曲「If Rah」と代表曲「Born Slippy (Nuxx)」を地上波で生披露。翌3月12日には、Parcoが東京・渋谷から世界に向けて開催する、世界的デザイン集団Tomatoの結成25周年記念エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」のハイライトとして、渋谷パルコPART3の屋上にて、200名の選ばれたファンを前に「Underworld Live: Shibuya Shibuya, we face a shining future」と題した特別なパフォーマンスを行うなど、まさにアンダーワールド一色の盛り上がりを見せている。



ついに本日リリースを迎えた最新アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』は、発売前からamazon【ダンス・エレクトロニカ】チャートの1位を記録し、iTunesでは発売後さっそく洋楽アルバムチャート1 位、【エレクトロニック】チャートでも1位に登場!タワレコード【ソウル/クラブ/ラップ】チャート、HMV【ダンス&ソウル】でも1位を記録した。また米Pitchforkでも8.1点の高得点を獲得している。

アンダーワールドの6年ぶり7作目となる最新スタジオ・アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』はついに本日リリース!日本盤CD限定のスペシャル・フォーマットとして、Tomatoがデザインを手がけたTシャツ付セットも限定数販売!またamazonではオリジナルA2ポスター、タワーレコードでは特製マグカップ、TSUTAYAではオリジナル・マグネット、HMVとディスクユニオンではオリジナル缶バッヂ、その他の対象店舗ではジャケット・デザインのステッカーをアルバム購入者にプレゼント。さらに渋谷エリア内および全国のPARCO内にある対象のレコードショップでアルバムを購入すると、特製ロゴ・ステッカーもプレゼントされる。特典はすべて先着となるので気になるファンはお早めに!

2016.03.07
アンダーワールドが3月11日放送のミュージック・ステーションで
新曲「If Rah」と代表曲「Born Slippy (Nuxx)」を披露!

3月11日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演が決定し、話題沸騰中のアンダーワールドが、地上波初の生パフォーマンスを披露する本放送で、新曲「If Rah」と代表曲「Born Slippy (Nuxx)」の2曲を演奏することを発表した。

また「ミュージックステーション」前日の3月10日には、カール・ハイドがInterFM897「Ready Steady George!! 」に生出演決定!(公開生放送ではありません)
https://www.interfm.co.jp/rsg/index.php?mode=tue&id=179
*登場は17:00頃を予定しております。
*当初予定しておりましたInterFM897「HappyHour!」の渋谷HMV&BOOKS TOKYO内 FM897 SHIBUYASTUDIOでの公開生放送は、公開生放送の出演は中止となりました、誠に申し訳ありません。

さらに各種特典の詳細も発表され、amazonではオリジナルA2ポスター、タワーレコードでは特製マグカップ、TSUTAYAではオリジナル・マグネット、HMVとディスクユニオンではオリジナル缶バッヂ、その他の対象店舗ではジャケット・デザインのステッカーがアルバム購入者に先着でプレゼントされる。



なおアンダーワールドは、3月12日から4月3日に渡って、渋谷パルコから世界に向けて開催する、世界的デザイン集団Tomatoの結成25周年記念エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」のハイライトとして、エキシビション初日に渋谷某所で「Underworld Live: Shibuya Shibuya, we face a shining future」と題した限定ライブを行うことも発表されている。

詳細はコチラ: http://www.parco-art.com

渋谷エリア内および全国のPARCO内にある対象のレコードショップでは、特製ロゴ・ステッカーがアルバム購入者に先着でプレゼントされる。



対象店舗一覧
タワーレコード 渋谷店 / TSUTAYA 渋谷店 / HMV record shop 渋谷 / HMV&BOOKS TOKYO / disk union 渋谷クラブミュージックショップ / レコファン 渋谷BEAM店 / ヴィレッジヴァンガード渋谷宇田川 / TECHNIQUE / 代官山蔦屋書店 / 岩盤/GAN-BAN
タワーレコード浦和店 / タワーレコード広島店 / タワーレコード静岡店 / タワーレコード仙台パルコ店 / タワーレコード千葉店 / タワーレコード大津店 / タワーレコード池袋店 / タワーレコード福岡店 / タワーレコード名古屋パルコ店 / バンダレコード新所沢PARCO / 山野楽器 調布PARCO / ヴィレッジヴァンガード 千葉PARCO / ヴィレッジヴァンガード 松本PARCO / ヴィレッジヴァンガード 熊本PARCO 2016.03.02
アンダーワールドの限定ライブも行われる「TOMATO」結成25周年記念大型企画展にて、
名作『トレインスポッティング』の期間限定上映が決定!
カール・ハイドからのコメントも到着!

Trainspotting「(C)Channel Four Television Corporation MCMXCV」

『トレインスポッティング』に関わることができたのは、アンダーワールドにとってとても大きな出来事の一つだよ。世界中から注目されるきっかけにもなったし、僕らがこの映画に貢献できたことは、今でもみんなの記憶に残っているからね。
- Karl Hyde, Underworld


3月12日から4月3日に渡って、渋谷パルコから世界に向けて開催する、世界的デザイン集団Tomatoの結成25周年記念エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」にて、Tomato、アンダーワールドが脚光を浴び、世界のトップアーティストへ躍り出るきっかけとなったダニー・ボイルの名作『トレインスポッティング』の期間限定上映がシネクイント(渋谷パルコ PART3・ 8F)にて決定!

なおアンダーワールドは本企画展のハイライトとして、エキシビション初日に渋谷某所で「Underworld Live: Shibuya Shibuya, we face a shining future」と題した限定ライブを行うことも発表されている。

詳細はコチラ: http://www.parco-art.com

3月11日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)への出演とともにこの夏のサマーソニックへのヘッドライナーとしての出演も話題のアンダーワールド。6年ぶり7作目となる最新スタジオ・アルバム『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』は3月16日にリリース。日本盤CD限定のスペシャル・フォーマットとして、Tomatoがデザインを手がけたTシャツ付セットも限定数販売される。

2016.02.26
アンダーワールド、ミュージック・ステーション出演決定!
3月11日放送回で地上波初となる生パフォーマンスを披露!
Tomatoによる先行シングル「イフ・ラー」の特別PVも公開!

3月16日に6年ぶり7作目となる最新スタジオ・アルバム『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』をリリースし、8月にはサマーソニックにも出演するアンダーワールドが、3月11日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に登場!アンダーワールドが地上波のテレビ番組で生演奏を披露するのは今回が初となる。

また今回の発表に合わせ、先行シングル「イフ・ラー(If Rah)」のために、Tomatoが特別に制作した実験的映像「If Rah (visual experiment)」が日本限定で公開された。

If Rah (visual experiment)



なおアンダーワールドは、3月12日から4月3日に渡って、渋谷パルコから世界に向けて開催する、世界的デザイン集団Tomatoの結成25周年記念エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」のハイライトとして、エキシビション初日に渋谷某所で「Underworld Live: Shibuya Shibuya, we face a shining future」と題した限定ライブを行うことも発表されている。

詳細はコチラ: http://www.parco-art.com

アンダーワールドの6年ぶり7作目となる最新スタジオ・アルバム『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』は3月16日にリリース。日本盤CD限定のスペシャル・フォーマットとして、Tomatoがデザインを手がけたTシャツ付セットも限定数販売される。なお、2月29日(月)までに対象店舗(※オンラインストアは除く)で、日本盤CDを予約すると、オリジナル・A4クリアファイルがアルバム購入時にプレゼントされる。

2016.02.16
アンダーワールドが緊急来日!ライブで渋谷をジャック!
世界的デザイン集団「TOMATO」結成25周年記念大型企画展に登場!

3月16日に6年ぶり7作目となる最新スタジオ・アルバム『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』をリリースするアンダーワールドの緊急来日が発表された。3月12日から4月3日に渡って、Parcoが東京・渋谷から世界に向けて開催する、世界的デザイン集団Tomato (www.tomato.co.uk) の結成25周年記念エキシビション「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”」のハイライトとしての来日となり、エキシビション初日に「Underworld Live: Shibuya Shibuya, we face a shining future」と題したパフォーマンスで華を添える。

Tomatoの創立メンバーでもあるアンダーワールドのカール・ハイドとリック・スミスは、3月12日渋谷某所で、抽選に当選された幸運な200名のオーディエンスに向け、彼らが推奨するBowers & Wilkins 社製P5 ハイファイヘッドフォンを使った一夜限りの「SUPER-HIGH-QUALITY-LIVE-TO-HEADPHONE」ライブを行う。

さらに、今回のライブは、この春開局する「渋谷のラジオ」(87.6MHz FM)とのコラボレーションで、ラジオ電波を通じて、渋谷の街へ生放送。最新アルバム「Barbara Barbara, we face a shining future」に収められた楽曲も初披露される。(詳細後日発表)

また、このライブでは、「Galaxy」プロデュースによるライブストリーミングを2次会場にて開催予定。「Gear VR」とともに360度映像で楽しめるかつてない体験をお届けし、さらに本企画に協力する「Galaxy」と「Bowers & Wilkins」がよりその空間を盛り上げます。(詳細後日発表)

この他、エキシビション本展への参加としてKarl Hydeによるペインティング作品と、Rick Smithによるサウンド演出からなるアートインスタレーションも展示される予定。(Gallery X: 渋谷パルコ・パート1 B1F)

詳細はコチラ >>> www.parco-art.com

2016.02.12
6年振りの最新アルバムから
リードシングル『イフ・ラー』がApple Musicで先行解禁!

If Rah

アンダーワールドが、3月16日にリリースされる6年振りの最新作『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー(Barbara Barbara, we face a shining future)』からのリード・シングル「イフ・ラー(If Rah)」をApple Musicで独占先行公開!

http://apple.co/1Qawv57

先月には2012年にロンドンオリンピック開会式の音楽監督を務めて以来の新曲「アイ・エグゼイル(I Exhale)」を公開し、カール・ハイドがユニークなダンスを披露するPVも話題となったアンダーワールド。最新アルバムのリード・シングルとなる「イフ・ラー(If Rah)」は、J-Waveで先行解禁され、いきなりチャート入りを果たすなど、早くも反響を生んでいる。アンダーワールドの代名詞といえる無機質で幻惑的なフレーズとビートの反復、徐々にビルドアップしていく高揚感、そこにカール・ハイドが彼らしい記号的表現で言葉を積み上げていく。アンダーワールドがアンダーワールドのままに、さらなる創造的進化を遂げたことを象徴する楽曲となっている。

初のサマソニ出演も話題のアンダーワールドが、音源のみ公開されていた新曲のPVを公開!アルバム予約でもらえる先着特典も発表!

昨日、8月20日と21日に開催されるSUMMER SONIC 2016の第1弾出演者が発表され、初出演を果たすことが明らかとなったアンダーワールドが、3月16日にリリースされる6年振りの最新作『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー(Barbara Barbara, we face a shining future)』から、先週公開された新曲「アイ・エグゼイル(I Exhale)」のプロモーション・ビデオを公開した。



また、限定数販売されるTシャツ付セットのTシャツデザインが公開されたのに続き、2月29日(月)までに対象店舗(※オンラインストアは除く)で、日本盤CDを予約すると、アルバム購入時にもらえるオリジナル・A4クリアファイルのデザインが公開された。

Clear File

アンダーワールド最新作『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』は、日本盤限定のボーナストラックを追加収録し、3月16日(水)に日本先行でリリースされる。限定数のみの販売となるTシャツ付セットも絶賛予約受付中!お見逃しなく!

6年振りの最新アルバムから新曲「アイ・エグゼイル」を発表
併せて限定Tシャツのデザインを公開。
2月には〈BEAT RECORDS〉ポップアップショップにアンダーワールド特設コーナーが登場!

アンダーワールドが、3月16日にリリースされる6年振りの最新作『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー(Barbara Barbara, we face a shining future)』から、12月に公開されたトレーラー映像に続き、アルバム冒頭を飾る「アイ・エグゼイル(I Exhale)」の音源を公開した。本楽曲は、2012年に彼らがロンドンオリンピック開会式の音楽監督を務めて以来の新曲となる。なお本作のリード・シングル「イフ・ラー」も近日公開予定。





なお、今回の発表に合わせ、日本盤CD限定のスペシャル・フォーマットとして限定数販売されるTシャツ付セットのTシャツデザインも公開された。こちらのデザインは、アルバム・アートワークも担当している世界的アート・コレクティヴTOMATOが手がけている。

アンダーワールド最新作『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』は、日本盤限定のボーナストラックを追加収録し、3月16日(水)に日本先行でリリースされる。限定数のみの販売となるTシャツ付セットも絶賛予約受付中!お見逃しなく!

また、2015年に2回開催され、好評を博した〈BEAT RECORDS〉ポップアップショップが来月再び開催され、大好評の¥300 CDコーナーやヴァイナル・コーナー、人気アーティストTシャツなどに加え、今回はアンダーワールドの特設コーナーが登場!入手困難のレア・グッズなどを含め、過去2回を上回る商品ラインナップになる予定。前回同様、様々な特典も用意!豪華なDJ陣も迎え、さらに楽しいイベントになること間違いなし!

BEAT RECORDS POP-UP SHOP
2016.2.27 (sat) 〜 2.28 (sun)
at KATA[LIQUIDROOM 2F]

6年振りの最新アルバム
トレーラー映像公開!

先日、6年振りとなる最新作『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー(Barbara Barbara, we face a shining future)』の完成を発表したアンダーワールドが、今度はニュー・アルバムのトレーラー映像を公開した。



本映像のモチーフともなっているアルバム・アートワークは、世界的デザイン・コレクティヴTOMATOが手がけている。なおTOMATOは、日本盤CD限定のスペシャル・フォーマットとして限定数販売されるTシャツ付セットのTシャツデザインも担当。デザインは近日中に公開予定。

アンダーワールド最新作『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』は、日本盤限定のボーナストラックを追加収録し、3月16日(水)に日本先行でリリース。

アンダーワールドが、その創造的再生を象徴する最新作『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー(Barbara Barbara, we face a shining future)』の完成を発表した。オリジナル・アルバムとしては7作目となり、2010年の『バーキング(Barking)』以来、6年振りの新作となる。アートワークは、世界的デザイン・コレクティヴTOMATOが手がけている。

『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』は、日本盤限定のボーナストラックを追加収録し、3月16日(水)に日本先行でリリース。また日本盤限定のスペシャル・フォーマットとして、TOMATOデザインによるTシャツ付セットが限定数販売される。

About『Barbara Barbara, we face a shining future』

『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』は、アンダーワールドの創造的再生の象徴である。彼らの7枚目のアルバム(2010年の『バーキング』以来、2人のアルバムとしては初。ロンドンオリンピック開会式以来の新譜)は、偶然と制御された混沌とが融合した奇跡の一枚だ。カール・ハイドとリック・スミスが生み出したこの最高傑作は、2015年の春に2人が実行した厳しい作曲プロセスの賜物である。35年間制作を共にしたのち、この新たなプロセスに挑んだアンダーワールドは、徹底的な変革を遂げることとなった。

リック・スミス
「2人で特定のルールのもとでゲームしようと思った。その日、スタジオに入ったら、新しい音楽をその日の間だけ作る。次回は、また新しい音楽。そのやり方が定着するまでに何週間もかからなかった。僕たちはそうやって作業を進めたんだ。物事の本質に目を向けることができ、考えすぎてその本質を駄目にすることのないやり方だと思った。瞬時にお互いの反応を確認でき、そこで生まれたアイデアはとても純粋なものだった。」

カール・ハイド
「リックの姿勢は『身一つで臨め』だった。僕の姿勢は『先入観なしで臨め』だった。僕たちの間にあったその姿勢こそが最も大切だった。その日中に、素晴らしい芸術作品を完成させようという意識はなかった。『毎日新しい何かをレコーディングする。見直すのはやめ、レコーディングを続けよう。』が合言葉だった。探究心、そしてプレッシャーを感じることなく前進している感覚が常にあった。2人で集まって、互いに火花を散らしたら、どんなことが起きるかとにかくやってみよう、という感じでね。」

作曲の際、リックとカールは一度限りのセッションで30ほどの異なるアイデアを練った。さらに探求する価値があると思われたトラックは、2人で行う作曲セッションとは別のところで、リック(とのちに共同プロデューサーであるハイ・コントラスト)が発展させていった。このセッションは、アンダーワールドに長年失われていたものをリックとカールに再び与えてくれた。つまり、互いの頭を突き合わせて、様々な作業方法を試し、実験するという正真正銘のコラボレーションの過程である。

リック・スミス
「カールとこうやって作曲したことは一度もなかった。僕たちがどんなメンバー構成だったときも、特定のルールに従ってアルバム一枚を完成させたことはない。僕たちにとっては新境地だが、決して過激なアイデアというわけではない。あのスタジオの一室では、人との触れ合いが全てだった。

カール・ハイド
「仕事に向かうときは、完全にオープンな気持ちで臨んだ。僕たち2人が集ったとき、スタジオの中に僕ら以外の何かがあると信じて。そして毎回、その何かは存在していた。」

『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』が、自らに課した制限や、間近な空間でアイデアを探求していった成果であるならば、その方法は、確かに自然発生的な、熱狂的エネルギー(=スタジオに存在した別の何か)を生み出す手助けをしたようだ。そういったものは普通、駆け出しのバンドの活動初期に発生するような何かで、音楽制作35年周年を迎えるバンドが持つものではない。

そのエネルギーは、「I Exhale」の超確固たるパーカッションの上に広がる過激な呪文の中に満ち溢れている。異世界のコロニーに建てられたテクノクラブのために作られたような「Low Burn」の祝祭的な音に、そのエネルギーは宿っている。またそのエネルギーは、「If Rah」の鈍く容赦ない地響きの中に、「Motorhome」の歪んだ瞑想的ハーモニーに、「Nylon Strung」の讃美歌のような幸せに満ちた鼓動の中に存在する。

リックとカールの間に走った電流が具現化されたことに加え、アンダーワールドの再活性に貢献したのは、彼らの名盤『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』が、2014年に20周年を記念して再発売されたことや、それに続くライブ公演である。(これは、アンダーワールド史上最速で売れたライブであり、カール曰く「キャリア史上最も楽しめたツアー」だった。)

リック・スミス
「『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』をライブという形で再訪することは、僕とカールが一緒に前進するために重要なことだった。アルバムのトラックに手を加えること、トラックに敬意を表すように手を加えていくのは難しい作業だったけれど、とてもやりがいがあった。その作業はほとんどカールに課せられた。カールは、『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』に何か過激な変化を加え、それをライブにしなければいけなかった。神の恵みもあり、彼はそれを成し遂げた。それが、僕たちが先へ進んで行くことを可能にした鍵になったと思う。」

カール・ハイド
「『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』のライブ公演中は、初期の記憶の特に強い部分を思い起こさせてくれた。ラムフォードにあるリックの部屋でジャムしながらアイデアを出し合っていた頃をね。アイデアは「Mmm Skyscraper… I Love You」や「Dirty Epic」、「Dark & Long 」へと進化していった。僕の作曲に対する考え方やパフォーマンスに対する考え方など、すべてを変えたのは「Dirty Epic」だった。僕が音楽面でフラフラと浮遊し始めると、今でもこの曲が脳をリセットしてくれる。リマインダー的な曲なんだ。このアルバムには、僕らには辿る道などないのだという考えが映し出されている。僕らは再び未開拓の地に降り立った、ということだ。」

『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』の第1回目のレコーディングセッションは2014年8月に行われている。13ヶ月後、アルバムはまとめられマスタリングされた。それはリックとカールのキャリア史上、初めてのことであった。

カール・ハイド
「アンダーワールドのアルバムは制作を始めてから完成するまでに、毎回、平均して3年くらいかかっていたと思う。こんなことは今までになかった。今までのアルバムは、作品ごとに、非常に精神的・身体的に疲労衰弱させられるものだったから、完成後はしばらくの間、アルバムのことを考えたくないという気分になりがちだった。今回のアルバムでは、2人とも『次は、いつスタジオに戻って続きができるだろう?』という気持ちを抱いているんだ。」

1日1曲。彼らの最高傑作。アンダーワールドは生まれ変わった。そして、輝かしい未来へと前進する。

Biography

カール・ハイドとリック・スミスから成るアンダーワールドは、世界で最も影響力のある草分け的エレクトロニック・グループの1つとして20年以上活躍してきた。その20年間で、アンダーワールドの音楽は、ダンスフロアを超越し、90年代を代表するアイコン的映画(トレインスポッティング)から、2012年ロンドンオリンピックの開会式(彼らは音楽監督として抜擢された)まで、ありとあらゆるものに起用されてきた。

リックとカールは80年代初期にカーディフで出会う。そこから10年間、クラウトロックのゴッドファーザー、コニー・プランクとスタジオで作業したり、バンド「フルール」としてヒット曲を出すなどの音楽活動を行う。アンダーワールドの初期バージョン(通常、Mk 1と呼ばれている期間)が解散すると、リックはエセックスのラムフォードへ移り、自宅の空き部屋にスタジオを作った。スミスが、地元の有望なDJ、ダレン・エマーソンと出会うと、新しいアンダーワールドが誕生した。エマーソンのDJセットをロンドンのクラブで度々聴いたリックは、そこから大きな影響を受け、当時イギリスでまだ生まれたばかりのダンスミュージック・シーンのサウンドにインスピレーションを得て作曲するようになった。

レモン・インターラプト名義でシングルを数枚リリースしたのち、生まれ変わったアンダーワールドは、未来の青写真となる13分間の長編トラック「Mmm Skyscraper… I Love You」をリリース。当時の(あるいはそれ以降を含めた)エレクトロニック・ミュージックのレコードとは全く違う響きを持つ1992年のシングルは、幻覚を誘発しそうなカールのモノローグが、容赦なくうねり続けるリズムトラックにぴったりとはまっていた。アンダーワールドはバンドのようでありながら、その演奏はバンドを超えた異世界のものだった。続いて発表されたアルバム、傑作と大絶賛された1994年の『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』は、人と機械をシームレスに融和させ、当時のMOJO誌の言葉を借りれば「ダンスミュージックだが、他のどんなダンスミュージックとも全く異なっている」ものだった。

『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』リリース後の数ヶ月で、アンダーワールドは圧倒的なライブの評判を築き上げた。ライブは、曲を新しい方向へ進化させ、その夜の雰囲気に合うようアレンジされる交流の場となった。形式にとらわれないアンダーワールドのライブは、同世代のグループの、構成が比較的明確な演奏方法とは一線を画するものだった。

1996年初めにリリースされたアンダーワールドのセカンドアルバム『弐番目のタフガキ』では、自らを未知の領域へと追いやり、イギリス史上最高のエレクトロニックアルバムの1枚と議論の余地なく言えるような作品を誕生させた。8曲のトラックは、テクノ、ドラムンベース、ミニマル、アンビエントミュージックを経由し、ユニークとしか言いようのない音の旅路を紡ぎ出した。このアルバムで、メディアはアンダーワールドに、国宝に近いステータスを与えている。(「ペットショップボーイズ、ニューオーダー、そしてピンク・フロイドさえとも並ぶイギリスのバンド。たとえアシッド・ハウスが残したものが唯一アンダーワールドであったとしても、そこに十分な正当性を感じるに違いない。」ザ・フェイス誌)

『弐番目のタフガキ』のリリースは、アーヴィン・ウェルシュの原作を映画化して大成功を収めたダニー・ボイルの『トレインスポッティング』と時期が重なっていた。映画のラストシーンには、1995年にシングルのBサイドとしてリリースされた「Born Slippy: NUXX」が起用された。映画が成功を収め、96年の夏に曲が再リリースされる頃には、「Born Slippy: NUXX」は大ヒット・アンセムとなる。UKシングル・チャートの2位にランクインし、イギリスで100万枚以上のセールスを記録した。

アンダーワールドの3枚目のアルバム、1999年の『ボクー・フィッシュ』でも再び賞賛を得る。−−「ものすごく長いアルバムでも、聴いていて、この音楽がずっと続いてくれたらいいのにと思う稀な瞬間がある。これは、それを強く感じさせてくれる1枚だ。」雑誌NME−− 現在までに『ボクー・フィッシュ』は、グループ史上最高の販売枚数を記録。アルバムが多方面で成功を収めると、アンダーワールドは世界中のフェスティバルでメインステージを任されることになり、世界で最も知名度のあるエレクトロニック・グループとなっていった。その頃のフェスティバルでの公演の多くは、当時まだ珍しかったDVDフォーマットでリリースされたライブ作品『エヴリシング、エヴリシング』に収められている。


『ボクー・フィッシュ』のツアー終了後まもなく、ダレン・エマーソンはソロプロジェクトを追求すべくグループを脱退。2人組として活動を続けたリックとカールは、次のアルバム『ア・ハンドレッド・デイズ・オフ』を2002年にリリース。先行シングル「Two Months Off」は、ラジオ、クラブともに大ヒットした。(「アンダーワールドの名盤。美しく不可解な出来事…彼らはそれ以外生み出さない。」アンカット誌)

2006年、アンダーワールドはインターネットと直接販売の新たな可能性を探索し始め、『リバーラン』のシリーズをリリース。常に革新者である彼らは、デジタル配信のみで音楽をリリースした最初のメジャー・アーティストの1つだった。『リバーラン』のリリース(『ラブリー・ブロークン・シング』『ピザ・フォー・エッグズ』『アイム・ア・ビッグ・シスター・アンド・アイム・ア・ガール・アンド・アイム・ア・プリンセス・アンド・ディス・イズ・マイ・ホース』)は、新しい音楽と自由形式なシングル曲のコンピレーションが合わさったもので、2007年の『オブリヴィオン・ウィズ・ベルズ』(「効き目が切れたドラッグというよりむしろ、10年経ってもまだ続いているパーティのサウンド」NME誌)の実験的性質を方向づける作品となった。

ダニー・ボイルの『サンシャイン2057』、そして、アンソニー・ミンゲラの『こわれゆく世界の中で』の映画音楽を担当した期間を得て、リックとカールは2010年『バーキング』を発表。(「押し進むようなアンダーワールドのクラシカルなサウンドと、彼らのキャリア以降に多く誕生した技術やテクスチャが調和的に融合している」Resident Advisor)本作で2人は、同年代のプロデューサー(マーク・ナイト、ハイ・コントラスト、ダブファイアー、ポール・ヴァン・ダイクなどを含む)何人かを厳選し、彼らと共同作業を行った。その中の多くは、キャリア初期にアンダーワールドに多大な影響を受けていた。

『バーキング』がリリースされて間もなく、アンダーワールドは、2012年ロンドンオリンピック大会開会式の音楽監督に就任する。ダニー・ボイルが芸術監督を務め「驚異の島々」と題された開会式は、世界全体で9億人の視聴者を記録し、イギリス国内でも2700万人の視聴者を記録した。同年、アンダーワールドはQ誌のイノヴェーション・イン・サウンド・アワードを受賞した。

2014年の秋、アンダーワールドは『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』の20周年を記念して、作品のデラックス・エディションをリリース。(「ストーン・ローゼズのデビュー・アルバム以来の最重要アルバムとして当時称賛された『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』は、20年経った今でも、変わらず唯一無二で真に迫ってくる。本作はまるで、深夜に都市が独りつぶやいているように聴こえる」ガーディアン誌、「革命的なアルバム」The Quietus)ロンドンを代表するロイヤル・フェスティバル・ホールにて、アルバムを通しで演奏する1度限りの公演はほんの数秒で売り切れとなった。

『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』のリイシュー(2015年には『弐番目のタフガキ』のデラックス・エディションもリリースされている)とそれに続いた世界ツアーは、2016年のアンダーワールドの7枚目のアルバム『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』誕生の背景となった。厳密なレコーディング・プロセスの成果となった新作では、アンダーワールドの創造的再生が披露され、自然発生と狂乱を最高峰まで極めたアンダーワールドのすべてが凝縮されている。

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM