::: BEATINK Official Website / Tru Thoughts / Moonchild - Voyager :::

TOP

TOP

Moonchild

Artist:
Moonchild
― ムーンチャイルド
Title:
Voyager

― ボイジャー
Released:
2017.06.02 On Sale
Label:
Tru Thoughts / Beat Records
国内盤:
BRC-549 ¥2,200(+税)
日本盤特典:
ボーナス・トラック追加収録
解説書/歌詞対訳封入

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • Voyager (Intro)
  • 02.
  • Cure
  • 03.
  • 6am
  • 04.
  • Every Part (for Linda)
  • 05.
  • Hideaway
  • 06.
  • The List
  • 07.
  • Doors Closing
  • 08.
  • Run Away
  • 09.
  • Think Back
  • 10.
  • Now and Then
  • 11.
  • Change Your Mind
  • 12.
  • Show The Way
  • 13.
  • Let You Go
  • 14.
  • Cure (instrumental) *Bonus Track for Japan
  • 15.
  • The List (instrumental) *Bonus Track for Japan

Official

Official Facebook

Official Twitter


TOP

Moonchild  Artist Page beatink.com
Moonchild
Artist Page

BOTTOM


2017.06.14
Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN出演に続き、9月にCOTTON CLUBでの単独公演が決定!

6/2にニュー・アルバム『Voyager』をリリースしたムーンチャイルドが、Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017に続きコットンクラブでの単独公演が決定。
昨年カマシ・ワシントンやジ・インターネットのUSツアーをサポートし、スティーヴィー・ワンダーやロバート・グラスパーをも魅了する新世代の実力派3人の最新ステージは期待!

MOONCHILD単独公演 @ COTTON CLUB
2017年9月25日(月)& 26日(火)
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/moonchild/

またムーンチャイルドはBlue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017の9月23日(土)にも出演。
最新作『Voyager』を携えてのステージは、夏の余韻を残す仲秋の野外フェスと抜群の相性を示すだろう。

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017
開催日時: 2017年9月23日(土)、24日(日) 開場 11:00 開演 12:00
※タイムテーブル後日発表
会場:横浜赤レンガ野外特設ステージ
オフィシャルサイト:http://www.bluenotejazzfestival.jp

LAを拠点に活動するマルチ・プレーヤー、アンバー・ナヴラン、マックス・ブリック、アンドリス・マットソンの3人により南カリフォルニア大学のジャズ・スクールで結成されたムーンチャイルド。2012年に1st アルバム『Be Free』を自主リリースし、2014 年に〈Tru Thoughts〉からリリースされた2nd アルバム『Please Rewind』が世界的評価を獲得し、新世代の登場で活況を迎えているジャズやネオ・ソウル、エレクトロニックのマナーを取り入れた巧みなアレンジメントとキャッチーなリフで一気に注目の的となった。ムーンチャイルドの音は、LAらしい複雑でプログレッシブな音楽性と、西海岸に根づいたレイドバックした音が織り混ぜられた良い例だ。その結果、短期間で高評価を得る中でスティーヴィー・ワンダー、ジル・スコット、インディア・アリー、ジ・インターネット、カマシ・ワシントン等と共にライブを行い、ロバート・グラスパー、ローラ・マヴーラ、ホセ・ジェイムズ、タイラー・ザ・クリエイターといった現在のシーンを代表する数多くのアーティストたちからの称賛も受けている。今作『Voyager』が完成した今、活気に満ちたLAシーンから登場したムーンチャイルドが、ジャズ・ファンからR&Bリスナーまでも魅了する新世代ネオ・ソウル・バンドとしてシーンを牽引する一翼を担っているのは間違いない。

2017.04.03
スティーヴィー・ワンダー、ロバート・グラスパーらを魅了する新世代ネオ・ソウルの注目バンド、ムーンチャイルドが待望の最新アルバム『Voyager』のリリースを発表。新曲「Cure」を公開。

全員がマルチ・プレイヤーのアンバー・ナヴラン、マックス・ブリック、アンドリス・マットソンによって南カリフォルニア大学のジャズ・スクールで結成され、ジャズ・ファンからR&Bリスナーまで魅了する新世代ネオ・ソウル・バンドとして注目を集めるムーンチャイルドが、待望の3rdアルバム『Voyager』のリリースを発表!リード・シングル「Cure」を公開した。70年代のスティーヴィー・ワンダーにインスパイアされたソフトなシンセサイザーとキーボード、甘く爪弾かれるギターの上で、透明感溢れるアンバー・ナヴランの歌声が、別れた恋人を忘れようとしている相手に抱く恋心を歌い上げている。



2012年に1stアルバム『Be Free』を自主リリースし、2014年に〈Tru Thoughts〉からリリースされた2ndアルバム『Please Rewind』が世界的評価を獲得し、新世代の登場で活況を迎えているジャズや、ネオ・ソウル、エレクトロニックのマナーを取り入れた巧みなアレンジメントとキャッチーなリフで一気に注目の的となったムーンチャイルド。これまでにスティーヴィー・ワンダー、ジ・インターネット、ジ・インターネット、ジル・スコットらと共演し、ロバート・グラスパーやホセ・ジェイムズ、ローラ・マヴーラ、ジェイムズ・ポイザー、ジャジー・ジェフ、ナインス・ワンダー、タイラー・ザ・クリエイターまでもが彼らを賞賛。

今作『Voyager』においては、ディアンジェロやハイエイタス・カイヨーテ、またジェシー・ボイキンス三世を手がけるジェレミー・モストの存在が、バンドの音楽的な視野を広げることに重要な役割を果たしたという。レコーディングは、カリフォルニアのレイク・アローヘッドの山荘で行われ、都市から離れたことで、木々に覆われた山脈や、激しく流れ落ちる滝や鳥の歌声に触れ、大自然から受けた影響が作品に染みこんでいる。また現在、リアーナやレディ・ガガ、コートニー・ラヴ、ファレル・ウィリアムズなどを撮影してきた写真家、ミーノ・ペルースが「Cure」のミュージック・ビデオを制作中。

活気に満ちたLAシーンに登場した新世代ネオ・ソウル・バンド、ムーンチャイルド最新アルバム『Voyager』は、6月2日 (金) にボーナストラック2曲追加でリリース!iTunesでアルバムを予約すると、公開された「Cure」がいちはやくダウンロードできる。

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM