::: BEATINK Official Website / Tru Thoughts / Anchorsong - Ceremonial :::

TOP

TOP

Anchorsong

Artist:
Anchorsong
― アンカーソング
Title:
Ceremonial

― セレモニアル
Release date:
2016.01.22 Fri On Sale
Label:
Tru Thoughts / Beat Records
国内盤:
BRC-489 ¥2,000(+税)
日本盤特典:
ボーナス・トラック追加収録

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • Eve
  • 02.
  • Expo
  • 03.
  • Mother
  • 04.
  • Oriental Suite
  • 05.
  • Kajo
  • 06.
  • Monsoon
  • 07.
  • Butterflies
  • 08.
  • Rendezvous
  • 09.
  • Last Feast
  • 10.
  • Outro
  • 11.
  • Ceremony
  • 12.
  • Wolves (Bonus Track for Japan)
  • 13.
  • Diver (Bonus Track for Japan)

Official

Official Facebook

Official Twitter

Official Soundcloud


TOP

Anchorsong  Artist Page beatink.com
Anchorsong
Artist Page

BOTTOM


Anchorsong is absolute fire!!!
by Gilles Peterson

伝統的なアフリカのリズムとミニマルミュージックの融合。
70年代のアフリカ音楽のグルーヴを取り込んだオーガニックなエレクトロニック・ミュージック。
ジャイルス・ピーターソン絶賛の日本人アーティスト、アンカーソングが
待望の2ndアルバムを発表!!!

Description

UKレーベル〈Tru Thoughts〉から新作をリリースする日本人アーティスト
Anchorsongが世界を唸らせるMPCパフォーマンス映像を公開!
ニュー・アルバム収録の新曲2曲も同時公開!

BonoboやQuanticなどを発掘し、独自の審美眼で良質な作品を世に送り出し続けるUKの老舗レーベルが認めた日本人アーティスト、Anchorsong。約5年振りのニューアルバム『Ceremonial』(2016年1月22日発売)から、「Last Feast」「Oriental Suite」をデジタルで先行リリース。合わせてRed Bull Studios Tokyoで撮影されたセッション映像が公開された。MPC2500とキーボードを駆使し、目の前でリアルタイムにビートを打ち込んでいくという独特のスタイルを体感できる映像となっている。

Last Feast


Oriental Suite


また1月22日の発売されるアルバム『Ceremonial』(日本盤のみボーナストラックが2曲追加収録)は、ジャイルス・ピーター ソンやローラン・ガルニエ、カリズマ、オスンラデなど、すでに世界中から 多くの賞賛の声とサポートを受けており、前作で魅せたキャッチーでメロディックなフレーズとビートはそのままに、ミニマル・ミュージックの方法論を取り入れ、オーケストラ・ポリリズムからブルージーなハイライフ、そして“フェラ・クティ”スタイルのアフロビートの影響を色濃く反映させた意欲作となっている。

Red Bull Studios Tokyoとは?
レッドブル・スタジオ東京とは、ベルリン、ニューヨーク、ロンドン、コペンハーゲン、パリなど世界12都市にあるレコーディング・スタジオのひとつで、音楽に情熱を持ったアーティストやレッドブルとパートナー関係にあるアーティストが無償で使用できる音楽好きにとって特別な空間です。

先行シングル「Last Feast」「Oriental Suite」購入はこちらから:
http://apple.co/1Qq2EJV

ボノボやクァンティックなどを発掘し、独自の審美眼で良質な作品を世に送り出し続けるUKの老舗レーベル〈Tru Thoughts〉が認めた日本人アーティスト、アンカーソング。
MPC2500とキーボードを駆使し、オーディエンスの目の前でリアルタイムに楽曲を打ち込んでいくという独特のパフォーマンスを武器に、2004年9月より活動を開始。
プレフューズ73、ボノボ、デイデラス、ジャガ・ジャジスト等の海外勢のみならず、DJクラッシュやデデマウスといった日本人アーティストとの競演も数多く経験、2009年にはUSの音楽フェスティバル゛サウス・バイ・サウス・ウエスト゛にUKシーンで活動するアーティストとして出演を果たす。驚異的なセールスを記録した3枚のEPが〈Tru Thoughts〉の目に留まり、2011年に1stフルアルバム『Chapters』をリリース。翌2012年には、ザ・シネマティック・オーケストラ、マウント・キンビーらと共にSonarSound Tokyoに出演を果たしている。

5年振りの新作となる『Ceremonial』は、すでにジャイルス・ピーターソンやローラン・ガルニエ、カリズマ、オスンラデをはじめ世界中から多くの賞賛の声とサポートを受けており、前作で魅せたキャッチーでメロディックなフレーズとビートはそのままに、ミニマル・ミュージックの方法論を取り入れ、オーケストラ・ポリリズムからブルージーなハイライフ、そして“フェラ・クティ”スタイルのアフロビートからの影響を反映させている。今作のテーマは「オーガニックなグルーヴを纏ったエレクトロニック・ミュージック」と本人が語るように、70年代のアフリカ音楽からの影響が、サンプリングというダイレクトな手法で大胆に取り入れられている。アフロビートやハイライフのレコードからサンプリングしたドラムやパーカッションのブレイクに、自身のビートやメロディを組み合わせていくうちに、今回のコンセプトが自然と形成されていった。

繊細さと大胆さを持ち合わせたメロディとオーガニックなリズムが同居することで露わになるアンカーソング独自の世界観。その開放的な音は、伝統的なアフリカのリズムとともに肌触りのいいタペストリーのように織り成され、リスナーを新たな世界へと連れて行ってくれるだろう。2016年1月22日に世界同時リリースされる本作は、日本盤CDのみボーナス・トラックが2曲追加される。

アルバム・リリースを記念して12月からツアーをスタート!
新たな日程も追加となりました!!

Anchorsong "Ceremonial" Release Party
Special Guest : Young Juvenile Youth
supported by 『SYNCHRONICITY』


スペシャルゲストにYoung Juvenile Youthを迎え、Anchorsongは弦楽器4人を含めたストリングスの特別編成にてライブを披露!

公演日時:1/28(木)OPEN 18:00 / START 19:00
チケット代:前売 \3500 / 当日 \4000
チケット発売日:先行(イープラス)… 11/14(土)12:00/一般(ぴあ、ローソン、イープラス、青山 月見ル君想フ)… 11/28(土)

アルバムをひっさげての待望の日本〜アジア・ツアーの開催も決定!今後も随時更新予定。
12/18 (Fri) @CAMA ATK, Hanoi VIETNAM
12/19 (Sat) @Wonderfruit Festival, Pattaya THAILAND
1/8 (Fri) @松山サロンキティ 愛媛
1/9 (Sat) @ONZO 高知
1/11 (Mon) @Crowbar 徳島
1/15 (Fri) @Club Freedom 大分
1/16 (Sat) @オハナカフェ 長崎
1/17 (Sun) @Circus 大阪
1/22(金)@Pitstil, Seoul
1/23 (Sat) @TBC HONG KONG
1/28 (Thu) @月見ル君想フ 東京
1/30 (Sat) @Korner Taipei TAIWAN

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM