TOP

TOP

Cover Image

Artist:
David Lynch
- デヴィッド・リンチ
Title:
The Big Dream
- ザ・ビッグ・ドリーム
Release date:
2013.07.10 On Sale
Label:
Sunday Best / Beat Records
Cat No.:
BRC-384
Price:
¥2,200
国内盤特典:
ボーナス・トラック追加収録

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • The Big Dream
  • 02.
  • Star Dream Girl
  • 03.
  • Last Call
  • 04.
  • Cold Wind Blowin'
  • 05.
  • The Ballad of Hollis Brown
  • 06.
  • Wishin' Well
  • 07.
  • Say It
  • 08.
  • We Rolled Together
  • 09.
  • Sun Can't Be Seen No More
  • 10.
  • I Want You
  • 11.
  • The Line it Curves
  • 12.
  • Are You Sure
  • 13.
  • And Light Shines ( Bonus Track - Japan Exclusive )
  • +
  • I’m Waiting Here with Lykke Li ( Download Bonus Track - Worldwide )

Buy This Release

Official

Facebook


TOP

David Lynch Artist Page beatink.com
David Lynch
Artist Page

BOTTOM


DAVID LYNCH
THE BIG DREAM

デヴィッド・リンチ ― ザ・ビッグ・ドリーム

「音楽は、最高にスリリングだ」 ― デヴィッド・リンチ

Description

ロサンゼルスより――多様な表現媒体を駆使して活躍するカリスマ・アーティスト、デヴィッド・リンチがこの夏、2011年の絶賛を浴びたソロ・デビュー作『CRAZY CLOWN TIME』に続くニュー・アルバムと共に、音楽シーンに舞い戻ってくる。今回発表された『THE BIG DREAM』は、日本先行・ボーナストラック追加収録で7月10日にリリースされる。

最新作『THE BIG DREAM』から新曲2曲を歌詞と共に公開!



「Are You Sure」

立ち上がって 山となれ 電車の動力に
海 それは生き物 川 手のように
跳び上がり そして再び雲となり
雨となって 大地に降り注ぐんだ
ああ 本当に?
ああ 本当に?
ああ 本当に?
もしかして 恋に落ちたのか

立ち上がって 山となれ 電車の動力に
海 それは生き物 川 手のように
跳び上がり そして再び雲となり
雨となって 大地に降り注ぐんだ

ああ 本当に?
ああ 本当に?
ああ 本当に?
もしかして 恋に落ちたのか





「Star Dream Girl」

ラジオの音量を上げてくれ
皆に聞かせたい話があるんだ
連中はそこら中からやって来る
広いハイウェイを飛ばして来る
群れを成すようにやって来る
これまでなかったほどに
選ばれし者として輝く彼女の姿を
見るのが待ち切れないんだ
毎晩、連中はやって来る
彼女を夢に見ようとして
毎晩、連中はやって来る
彼女を夢に見ようとして

スター・ドリーム・ガール

ラジオの音量を上げてくれ
連中はそこら中からやって来る
広いハイウェイを飛ばして来る
群れを成すようにやって来る
これまでなかったほどに
選ばれし者として輝く彼女の姿を
見るのが待ち切れないんだ

スター・ドリーム・ガール

毎晩、連中はやって来る
彼女を夢に見ようとして
毎晩、連中はやって来る
彼女を夢に見ようとして

スター・ドリーム・ガール



各レコードショップ別のオリジナル特典の詳細も発表!

購入者先着特典として、タワーレコードではデヴィッド・リンチ自らが監督した映像作品を収録したDVD、HMVではB6サイズの大判アートカード、amazonではアートカード3枚セット、他対象CDショップでは、オリジナル・ブックマークをプレゼント!いずれも数に限りがあるため、お見逃しなく!

David Lynch
B6大判アートカード

David Lynch
オリジナル・ブックマーク


David Lynch
アートカード3枚セット

最新作『The Big Dream』から、リッキ・リーをフィーチャーした「I'm Waiting Here」のミュージック・ビデオが公開!



2ndアルバム『The Big Dream』のリリースを発表した革新的映像作家デヴィッド・リンチが、スウェーデンのシンガーソングライター、リッキ・リーをフィーチャーした 「I'm Waiting Here」のミュージック・ビデオを公開した。映像はリッキ・リーが手がけている。本楽曲は、アルバム『The Big Dream』の全フォーマットにダウンロード可能なボーナストラックとして追加される。リンチはリッキ・リーのことを、詞やメロディの優れたセンスを持った生まれながらのソングライターと絶賛しており「彼女はこの曲に自分のスタイルをもたらしている。 ドゥーワップの雰囲気が漂っているものの、それはある意味'50年代のものとは大きく懸け離れているんだ」と語っている。

なお、世界に先駆けて7/10にリリースされる日本盤は、初回生産盤のみゲートフォールド式(見開)の紙ジャケット仕様で発売され、12ページのブックレット、「I'm Waiting Here」のダウンロード・カード、さらに歌詞対訳およびリンチ本人による各曲解説が封入され、日本限定のボーナス・トラック「And Light Shines」も追加収録される。
また、iTunesではiTunes専用にマスタリングした『Mastered for iTunes』フォーマットの高音質にてリリースされる。

デヴィッド・リンチのオフィシャルYouTubeチャンネルにてトレーラー映像公開中!



新作でのリンチは、曲を書いて歌うという原点に立ち返り、アルバム収録の13曲中12曲を自らが書いている。唯一自らが書いていない曲は、ボブ・ディランのフォーク名曲『The Ballad of Hollis Brown』をリンチ流にカバーしたもの。『THE BIG DREAM』は、リンチ自身の音楽スタジオ、〈アシンメトリカル・スタジオ(Asymmetrical Studio)〉にて、数ヶ月間のレコーディングを経て完成され、前作に続き、エンジニアを務めたディーン・ハーリーが、プロデュースやアレンジでも貢献している。

自らの音楽スタイルを"モダン・ブルース"と称するリンチによると、新作の作曲プロセスはデビュー作のそれと近いものだったという。「大半の曲はブルース・ジャムのようなものから始まり、そこから逸脱していく。その結果生まれるのが、ハイブリッドでモダナイズされた陰鬱なブルースなんだ」

『THE BIG DREAM』は、CD/LP/デジタルのフォーマットでリリースされ、その全てにダウンロード可能なボーナストラックとして、スウェーデンのシンガーソングライター、リッキ・リーをフィーチャーした「I'm Waiting Here」が追加される。重量盤仕様の2枚組LPには、リッキ・リーのトラックを収録した7インチのボーナス盤が封入され、さらにそのB面にはリンチが彫ったエッチングが施されている。リンチはリッキ・リーのことを、詞やメロディの優れたセンスを持った生まれながらのソングライターと絶賛する。「彼女はこの曲に自分のスタイルをもたらしている。ドゥーワップの雰囲気が漂っているものの、それはある意味'50年代のものとは大きく懸け離れているんだ」

巨匠映画監督が手掛ける音楽への期待に違わず、収録曲はいずれも隅々まで映画的である。リンチは、独特のリヴァーブをたっぷり効かせたギターや加工されたヴォーカルを用いて、彼の映画作品のファンにはお馴染みの、個性的キャラクターが息づく不思議な世界を描き出すムードやメロディを紡ぎ出している。例えば「Star Dream Girl」に出てくる抗しがたいファム・ファタール(魔性の女)、「The Big Dream」や「Are You Sure」における繊細なロマンチスト、「Say It」の人当たりの良いサイコパス(狂人)、そして「Sun Can't Be Seen No More」での何をしでかすか分からない変人などがそうだ。

リンチが最新のエレクトロニックな作風(「Wishing Well」「Last Call」)や従来のドリーミーな楽曲(「Are You Sure」「Cold Wind Blowin’」)に手を染める一方で、アルバム自体はその片足を彼が愛するブルースに根付かせたままでいる。「ブルースは純粋で感情的な音楽形態であり、それが魂を揺さぶるんだ。僕は常にそこに立ち返る。なぜならそれはとても心地好いからね」リンチはそう語る。

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM