TOP

TOP

Yeasayer / Odd Blood

Artist:
Yeasayer

(イェーセイヤー)
Title:
Odd Blood

(オッド・ブラッド)
Release date:
2010.05.19 Release
Label:
Mute Records / Beat Records
Cat No.
BRC-260
日本盤特典:
ボーナストラック4曲収録

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • The Children
  • 02.
  • Ambling Alp
  • 03.
  • Madder Red
  • 04.
  • I Remember
  • 05.
  • O.N.E
  • 06.
  • Love Me Girl
  • 07.
  • Rome
  • 08.
  • Strange Reunions
  • 09.
  • Mondegreen
  • 10.
  • Grizelda
  • 11.
  • Ambling Alp (Memory Tapes remix)
    *Bonus Track for Japan
  • 12.
  • Ambling Alp (DJ Rupture Remix)
    *Bonus Track for Japan
  • 13.
  • O.N.E (XXXChange remix)
    *Bonus Track for Japan
  • 14.
  • O.N.E (demo version)
    *Bonus Track for Japan



TOP

BOTTOM



TOP

BOTTOM



Yeasayer Artist Page

果てしなく広がっていく、目が眩むような美しきサイケデリック・スペクタクル。
新世代ブルックリン・シーンの旗手が描く、至高のトライバル・アート・ポップ完成!!!

Gonjasufi / Odd Blood

洗練されたアレンジが冴えわたり、
躍動感みなぎるダンサブルなリズムと純天然グルーヴが変幻自在に展開。
キラキラ輝くカラフルなメロディが全編にわたって鳴り響く、
ファニーでドリーミーな楽園ワールド!!!
底知れぬ中毒性が宙を舞い、多幸感と高揚感が溢れ出る、問答無用の大傑作!

● MGMTとのツアーやBeckのサポート・ライブなど、数多くの経験を積み重ね、遂に大ブレイク!!!
● Coachella、Lollapaloozaなど、世界のビッグ・フェスへの出演が続々決定!そして、FUJI ROCK FESTIVAL '10への出演も大決定!
● 1st Single「Ambling Alp」、2nd Single「O.N.E」を筆頭に、ニュー・アルバムは2010年アンセム化必至のキラー・チューン満載!!

Description

バトルスの『EP C』をリリースしたことでも知られるボルチモアの優良インディ・レーベル<Monitor Records>傘下の<We Are Free>からリリースしたデビュー作『All Hour Cymbals』(2007年)が、アート性、実験的要素が強かったにも関わらず、キャッチーなサウンドとそのスケール感で海外メディアがこぞって大絶賛したイェーセイヤー。MGMTとのツアーやBeckのサポート・ライブ、GLASTONBURY FESTIVAL(2008)、Bonnaroo Music Festival(2009)を始めとした世界各国のビッグ・フェスティバルへの出演などなど、大舞台でのパフォーマンスを経て、2010年の大ブレイクを確信させる、2nd Albumが到着!<MUTE>からの世界メジャー・デビューとなる本作品は、まさにポップに覚醒を果たした、問答無用の最高傑作!!!
メンバー全員がマルチ・インストゥルメンタリスト、ヴォーカリスト、ソングライターとして機能するイェーセイヤーは現状維持に満足せず、音楽シーンの最先端に存在するため、音楽的実験に積極的なミュージシャンも、よりポップなサウンドを志向する仲間たちも同じようにリスペクトし、同時にインスパイアされている。その信念と共に、イェーセイヤーは『Odd Blood』と名付けられたニュー・アルバムを抱え、スタジオから再び鮮やかに姿を現した。『Odd Blood』は、幻想的なサイケ・ポップ、ストレンジなアヴァン・ポップ、捻りの利いたアート・ロック、パーカッシヴなエレ・ポップ、クラウトロック、シューゲイズ、はたまたファンキー・ソウルから70'sロックまで、一見雑多とも思える様々な要素を大胆に、しかし自然に自分たちのものとして完全に消化した彼らが、自由な発想でアルバム・サウンドに反映させた極めて2010年的な美しい産物だ。彼ら独特のねじれたポップ感覚、異国情緒漂わせるコスモポリタン的感覚、非常にニューヨーク的なサイケデリック感覚、そして精力的なツアー活動の中で同世代バンドと関わり合うことによって獲得したエレクトロニック・ポップのヴァイブが、本作の実験を成功へと導いている。
シングル・ヒットを飛ばし、既にインディ・ロック・イベントではお馴染となっている1st Single「Ambling Alp」は、浮遊感、音の隙間、フォーキーな要素、サイケな展開など、全てが完璧に溶け合った珠玉のシンセ・ポップ・チューン。このトラックによって、彼らは飛躍的に知名度を増し、アルバムへの期待度が最高潮に高まることになった。2nd Singleとなる「O.N.E」も「Ambling Alp」同様、2010年のポップ・アンセム間違いなし!トロピカルな匂いを漂わせながら、心地良いハーモニーと絶妙なコーラスを展開するエレ・ポップ度満点のキラー・チューン!その他にも、飛び交うシンセ音とピアノがセンチメンタルな歌声と柔らかく絡み合う「I Remember」、情熱的に駆け抜けるファンキー & ポップな「Mondegreen」など、全曲歌って踊れるイェーセイヤーの楽園ワールドにクラクラとトロける様に恍惚トリップ!!!
彼らのソングライティングは感傷的なダンスポップから、自白的な哀歌、キャラクターをベースにしたストーリー・ソング、そしてラブ・バラードまですべてを網羅している。リリック面については、1stアルバムに比べ、より成熟した素直なアルバムと言え、バンドはカラフルで鮮やかに描写されたストーリーの中で、よりパーソナルなテーマを追求する自信を見せている。
今作のリリースに加え、これから始まるビッグ・ステージでのパフォーマンスの数々が、イェーセイヤーを今最もエキサイティングでエキセントリックで先進的なポップ・バンドとして、想像が及ばない遙か遠くの場所まで大きく飛躍させることに疑いの余地はない。絶品!

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM