TOP

TOP

The Heavy / The Glorious Dead

Artist:
The Heavy
― ザ・ヘヴィー
Title:
The Glorious Dead
― ザ・グローリアス・デッド
Release date:
2012.08.08 sat On Sale
Label:
Counter Records / Beat Records
国内盤:
BRC-346Z ¥1,800 (ex.tax)
日本盤特典:
ボーナス・トラック追加収録
ポスター封入

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • Can't Play Dead
  • 02.
  • Curse Me Good
  • 03.
  • What Makes a Good Man?
  • 04.
  • Big Bad Wolf
  • 05.
  • Be Mine
  • 06.
  • Same Ol'
  • 07.
  • Just My Luck
  • 08.
  • The Lonesome Road
  • 09.
  • A Lesson Learned Bonus Track for Japan
  • 10.
  • Don't Say Nothing
  • 11.
  • Blood Dirt Love Stop

Official

Facebook

Twitters


TOP

The Heavy Artist Page beatink.com
The Heavy
Artist Page

BOTTOM


焼ける様に熱いソウルフルなヴォーカルと重厚なギター・サウンド、そしてサイケ&ファンクな黒いグルーヴ。ノスタルジックで異常なほどにクセになる… 欧米を席巻するソウル・ロック・モンスター、ザ・ヘヴィー最強伝説が遂に幕を開ける!ペプシCM曲「Same Ol'」収録!

Description

ついに鬼ヶ島上陸!
大好評「ぺプシストロング ゼロ」新CM第4弾公開!
ザ・ヘヴィー「Same Ol’」がフルで聴けるシリーズ最長の4分バージョンも!



2014年よりオンエアがスタートし大好評のTV-CM 「桃太郎」シリーズ。昨年、一般社団法人全日本シーエム放送連盟(略称:ACC)が主催している 「ACC CM フェスティバル」で最高賞の総務大臣賞/ACC グランプリを獲得し、イギリスでも、TVドラマの主題歌やCM曲、映画のサウンドトラックなどに送られる【Music Week Sync Awards】にて、テーマ曲に起用されたザ・ヘヴィーの日本での大ブレイクが認められ、「International Breakout Project」部門で最優秀賞を受賞するなど、海外でも話題となった。今回は、YouTubeでシリーズ累計600万回以上再生されるなど、大きな反響を呼んでいる同人気CMシリーズの第4弾が公開!7月11日(土)からオンエアが開始される。

鬼ヶ島への旅立ちを描いた第1弾『Episode.ZERO』篇(2014年3月オンエア)、桃太郎が3人の仲間に出会う以前、「宮本武蔵」のもとで修行を積む姿が描かれた第2弾『Episode.1』篇(2014年5月オンエア)、桃太郎の仲間である「犬」に焦点をあて、生い立ちから、桃太郎と出会うまでのストーリーを描いた第3弾『Episode.2』篇(2014年12月オンエア)に続く、本『Episode.3』篇では、桃太郎の仲間である「キジ」に焦点をあて、新キャラクターである、キジの双子の兄「カラス」も登場。圧倒的な「力」の前に、苦戦を強いられる桃太郎たちが、倒れそうになりながらも、最後にはカラスの心を取り戻すストーリーが壮大に描かれている。音楽にはもちろんザ・ヘヴィー(The Heavy) の楽曲「Same Ol’」を起用。「Same Ol’」がフルで聴けるシリーズ最長の4分バージョンも公開中!

ペプシTVCM「桃太郎」の世界観を360°再現した体感型ゲーム“ONI-GOKKO”が登場!
クライマックスで流れるのはザ・ヘヴィーの大ヒット・シングル「Same Ol’」!



2014年度のACC CM フェスティバル最高賞である総務大臣賞/ACC グランプリに輝くなど、大きな話題となったペプシのTVCM「桃太郎」シリーズ。その世界観を360°再現した体感型ゲーム“ONI-GOKKO”が登場!

“ONI-GOKKO”は、6月11日(木)から6月23日(火)まで期間限定で原宿にオープンする「PEPSI STRONG BAR」に設置される最先端のオキュラスリフトを使った強刺激アトラクション「PEPSI STRONG BALL」にて遊ぶことができる。

プレイヤーはまず、「PEPSI STRONG BALL」に「ペプシストロングゼロ」をセット。そして、この球体の中でオキュラスリフトを装着し、足元のフットパネルと画面が連動することで、臨場感あるゲームの世界を体験することができる。操作は簡単。迫り来る「鬼」を「ラン」「ダッシュ」「ムーブ」「ジャンプ」の4つの動作でかわしながら、一気に走り抜け、「鬼」を振り切ってゴールを目指す。

クライマックスとなる巨大な「鬼」が登場すると、このTVCMで日本でもブレイクを果たしたザ・ヘヴィーの大ヒット・シングル「Same Ol’」が流れ出し、壮大なエンディングを演出する。

【 オフィシャルリンク 】http://www.pepsi.co.jp/p-strong/#strongbar

デヴィッド・ベッカム出演も話題!H&M新CMの音楽にザ・ヘヴィーが起用!

H&M David Beckham

H&M David Beckham



デヴィッド・ベッカムがお気に入りのアイテムをセレクトした、“Modern Essentials selected by David Beckham”のコレクションの販売開始に合わせ、ビリヤードを舞台に映画『The Hustler』の世界を投影し、デヴィッド・ベッカムが現役時代のフリーキックを彷彿させるテクニックを披露し、話題となっているH&Mの新CM。音楽には、昨年ペプシネックス ゼロのテレビCMに起用された「Same Ol’」が大ヒットし、ここ日本でもブレイクを果たしたザ・ヘヴィーによる「What Makes a Good Man?」が起用されている。

単独来日公演決定!

NTV系「スッキリ!!」生出演を果たしたザ・ヘヴィーがフジロックに続き、10月の単独来日公演決定!

東京10/21(火) 恵比寿LIQUIDROOM
Open18:00/Start19:00
¥6,500(税込み・前売り・スタンディング/ドリンク代別途)
Info: 03-3444-6751(SMASH)

大阪10/22(水) 梅田クラブクアトロ
Open18:00 /Start19:00
¥6,500(税込み・前売り・スタンディング/ドリンク代別途)
Info: 06-6535-5569(SMASH WEST)

MORE INFO: SMASH - http://smash-jpn.com/new/detail.asp?id=2209&status=0


待望の単独来日に合わせ、タワーレコード渋谷店にてスペシャル・アコースティック・ライブの開催が決定!

ACC賞グランプリにも輝くなど、CM作品としての評価も素晴らしいペプシネックスゼロのCMに楽曲を提供したのをきっかけに大躍進を遂げ、いよいよ来月、初となる単独公演で再来日を果たすザ・ヘヴィーが、タワーレコード渋谷店にてアコースティック・ライブを行うことが決定した。あの大ヒット曲「Same Ol’」をスペシャル・アコースティック・ヴァージョンで楽しめる貴重な機会!

イベントタイトル:THE HEAVY スペシャル・アコースティック・ライブ
開催日時:2014年10月19日(日)18:00
開催場所:タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
参加方法:
9月26日(金)よりタワーレコード渋谷店 / 新宿店 / 池袋店 / 秋葉原店 / 横浜ビブレ店にて、The Heavy 『The Glorious Dead』 (BRC-346X)、The Heavy 『The House That Dirt Built』 (BRC-426)、The Heavy 『Great Vengeance and Furious Fire』(BRC-186Z)のいずれかをご購入いただいたお客様に、先着で参加券を配布いたします。

詳細はコチラ:http://towershibuya.jp/news/2014/09/26/21380

・9月25日(木)までに対象商品をご購入いただいた方には、参加券はお付けできません。
・参加券1枚につき1名様がご参加いただけます。
・対象商品1点につき1枚の参加券、1点以上ご購入の場合は購入枚数分配布いたします。
・整理番号はございません。イベント開始30分前に1F階段前にお集まりください。お並びいただいた順番に会場内にご案内いたします。


桃太郎を実写化した「ペプシネックス ゼロ」のCM第2弾が解禁!CM音楽には再びザ・ヘヴィーを起用!



3月にオンエアされたTV-CM『桃太郎「Episode.ZERO」』篇が、「桃太郎がかっこいい」「まるで映画みたい」などと話題となり、WEB限定バージョン(90秒)も、YouTubeで120万回以上再生されるなど、大きな反響を呼んだ「ペプシネックス ゼロ」の新CM第2弾が公開された。音楽には前回と同じく、ザ・ヘヴィー(The Heavy) の楽曲「Same Ol’」を起用。ザ・ヘヴィーは今年のフジロックフェスティバルへの出演も決定している。

前作同様、「自分より強いものに挑み続ける」ペプシブランドの姿勢を“Forever Challenge.”というテーマで表現した本CMは、強大な鬼に挑むために剣術の修行にでる桃太郎を、ハリウッドを彷彿とさせるスケールでドラマティックに描いている。桃太郎に剣術を教えるのはなんと「宮本武蔵」。桃太郎と宮本武蔵の剣術修行のシーンは必見!

WEB限定公開となる『桃太郎「Episode.1」』篇のロングバージョンは、本日5月9日(金)から公開!

桃太郎を実写化した「ペプシネックス ゼロ」新CM音楽に「Same Ol’」が起用!





UK南部のバースで黒人ヴォーカル、スワビーとギタリストのダンTを中心に結成された4人組バンド、ザ・へヴィー。基本的にザ・へヴィーの楽曲はこの2人によって制作されており、キャリアをスタートさせ、間もなくクリス・エリュール(Ds.) とスペンサー・ペイジ(b.) がメンバーに加わり、現在は脱退してしまった紅一点のリトル・ハンナも加わった当時にはそのサウンドも随分と厚みを増し、現在の形に近くなっていた。

2008年に『Great Vengeance and Furious Fire』デビューすると“まるでカーティス・メイフィールドとレッド・ツェッペリンがセッションしたかのよう”と称され、60〜70年代のロック/ソウル黄金時代の普遍的なフレイヴァーをヒップホップ以降の現代の感覚で融合させたグルーヴが絶賛され、瞬く間に多くのリスナーが共鳴した。2009年にリリースされた2ndアルバム『The House That Dirt Built』は本国UKのみならずUSでも大ヒットとなり、15万枚以上のセールスを記録した。

前作に収録された“How You Like Me Now?”は、全米で50%近い視聴率を記録するアメリカン・フットボールの最高の大会、スーパーボウルでプレミア上映された車のCMをはじめ、TVゲーム『Driver: San Francisco』や、クリスチャン・ベイルとマーク・ウォールバーグが主演した映画『ザ・ファイター』のサウンドトラックとしても起用された。また米人気番組“レイト・ショー・ウィズ・ デイヴィッド・レターマン”に出演した際は、レターマンがアンコールをリクエストするという前代未聞の伝説も残している。今作は、時代やジャンル、国境まで越え様々なインスピレーションを寄せ集めたメンバーたちのセルフ・プロデュースとなった。「セルフ・プロデュースを決めたのは自分達のヴィジョンを実現するためには自力でやり遂げなければいけないと思ったからなんだ。通常、3枚目のアルバムの結果次第で残るか消えるか分かれ道になるんだ。俺達は残るつもりで思い切ってやったんだ。」とダンTは言う。

そして2011年1月、ザ・ヘヴィーのメンバー達はレコーディング・スタジオを建て、それぞれが持ち合わせたインスピレーションの材料を元に自分達にしか再現できない形を創り始める。そしてミキシングは、築200年の水車小屋をピーター・ガブリエルが改築/設計したリアル・ワールド・スタジオで行われた。

重厚なバンド・アンサンブルに、これでもかと注入される濃厚なソウル・スピリッツ!

世界的ブレイクを果たした後にリリースされる、3年ぶりとなる最新作『The Glorious Dead』は、これまで披露してきた重厚かつ圧巻のグルーヴはさらに黒くなり、サイケ、ファンク、ヴゥードゥー、リズム&ブルースからレトロ・ソウルまで史上最多の音楽要素を飲み込んだ快心作に仕上がった。

先行シングル“What Makes A Good Man ?”(M-3) はアルバムの中核となる曲で、この曲のレコーディングがアルバム全体の基礎を固める物となった。レッド・ツェッペリンばりの重厚グルーヴと力強いゴスペル・コーラスが見事な高揚感を醸し出し、“Big Bad Wolf”(M-4) ではファンキーなブレイクビーツと怪しげなエレクトロをバックにジェイ・ホーキンズばりの絶叫を披露、ニュー・オリンズ直系のボトムが効いたブラス・ナンバーに仕上がっている。
近年のレトロ・ソウル回帰のストレートなエレジー・ムードを纏いながらも、モダンな鳴りでその歌心が染み渡る“Be Mine”(M-5)ではスワビーのエモーショナルなヴォーカルが、今まで以上にバンド・サウンドとの絶妙な絡み合いを聴かせている。さらには鉈でぶった切ったような凶暴なギターリフとホーンが破壊力抜群の“Same Ol’”(M-6)、“Just My Luck”(M-7) ではブルージーなガレージ・パンクとソウルフルなブリッジが渾然一体となって押し寄せ、狂乱のパーティ・チューンへと昇華される。アルバムの最後を飾る曲“Blood Dirt Love Stop”(M-11) に至っては、かのダニー・ハサウェイによる名カバー“You've Got A Friend”級の大団円ソウルを披露している。

ファンクやクラッシック・ブルース、R&B等、あらゆる古い音楽のエッセンスを斬新なアイディアとクロスさせ、進化したヴィンテージなサウンドがここ狭しと言わんばかりに主張しあう一枚。焼ける様に熱いソウルフルなヴォーカルと重厚なギター・サウンド、そしてサイケ&ファンクな黒いグルーヴ。ノスタルジックで異常なほどにクセになる…ザ・ヘヴィー。聴くものの魂を揺さぶる超濃厚かつ重厚な最終兵器が、遂にシーンに投下される!!!!

先行シングル"What Makes A Good Man ?"が先行ストリーミング中!!

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM