TOP

TOP

The Death Set / Michel Poiccard

Artist:
The Death Set
(ザ・デス・セット)
Title:
Michel Poiccard

(ミシェル・ポワカール)
Rlease date:
2011.02.12 On Sale
Label:
Counter Records / Beat Records
国内盤:
BRC-283 ¥2,000(税込)
日本盤特典:
ボーナス・トラック4曲収録!!

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • I Wanna Take This Tape And Blow Up Ya Fuckin Stereo
  • 02.
  • Slap Slap Slap Pound Up Down Snap
  • 03.
  • We Are Going Anywhere Man
  • 04.
  • Can You Seen Straight
  • 05.
  • Chew It Like A Gun Gum
  • 06.
  • Is That A French Dog? (feat. Beau Velasco)
  • 07.
  • I Miss You Beau Velasco
  • 08.
  • Michel Poiccard Prefers The Old (She Yearns For The Devil)
  • 09.
  • I Like The Wrong Way
  • 10.
  • A Problem Is A Problem It Don't Matter Where You from
  • 11.
  • Too Much Fun For Regrets
  • 12.
  • Kittens Inspired By Kittens
  • 13.
  • 7PM Woke Up An Hour Ago (feat. Spank Rock)
  • 14.
  • It's Another Day
  • 15.
  • Yo David Chase! You P.O.V. Shot Me In The Head (feat. Diplo)
  • 16.
  • I Been Searching For This Song Called Fashion
  • 17.
  • Is It The End Again?
  • 4 Bonus Tracks for Japan
  • 18.
  • Been Too Long
  • 19.
  • Yo David Chase! You P.O.V. Shot Me In The Head (O.G Version)
  • 20.
  • Grinding Halt *The Cure Cover
  • 21.
  • They Come to Get Us
  • Buy This Release

Official

Official


TOP

The Death Set  Artist Page beatink.com
The Death Set
Artist Page

BOTTOM


時代がやっと、ヤツらに追いついた!
最高にポジティブで熱狂的なエネルギーは更にパワーアップ!!

ザ・デス・セット3年振り、渾身の最新作!!!

The Death Set / Michel Poiccard

ローファイなエレクトロ・サウンドに、自由奔放なパンク・ロックスタイルは10倍増し!
一度聴いたら忘れられないメロディーは20倍増し!!
プロデューサーにトリプルエクスチェンジ!ディプロとスパンク・ロックも集結!!

Description

ジョニー・シエラとボウ・ヴェラスコによって結成されたザ・デス・セット。ローファイなエレクトロ・サウンドと初期のビースティ・ボーイズを彷彿とさせる自由奔放なパンクロック・スタイル、そして一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディを武器にアルバム『Worldwide』で2008年にデビュー。
フジロックやUKのレディング・フェスなど世界各地で見せた強烈なライヴ・パフォーマンスで音楽シーンに衝撃を与え、NMEが「最も期待できるライヴ・バンド」と絶賛するなど、各国のメディアが最高評価!
しかし、ニュー・アルバムの制作にとりかかろうとしていた矢先にボウ・ヴェラスコがオーヴァードーズによってこの世を後にする。バンドは壊滅寸前のダメージを受けたがジョニー・シエラと残りのメンバーは、ヴェラスコの人生を祝福するために新しい作品を完成させる決意をする。

トリプルエクスチェンジ(スパンク・ロック/ケリー/ザ・キルズ)をプロデューサーに迎えて完成させた本作は、彼らの最大の特徴である自由奔放なパンク・スタイルはそのままに、音楽作品としての深みと完成度を大幅にアップさせている。
前作と比べてもまったく衰えることのない熱狂的なエネルギーのTr.2,3,5,14をはじめ、ディプロが参加したキーボード・ラインが最高にポップなTr.15、スパンク・ロックをゲスト・ヴォーカルとしてフィーチャーした淡いメロディのTr.13、そして前作には見られなかった奥深さを感じられるTr.7,17が最高に泣ける。

結成メンバーの突然の死という悲劇を乗り越えて完成させた本作は、これからの彼らのキャリアの中でも特別なアルバムとして永遠に残るだろう。


The Death Set - 'Yo David Chase! You P.O.V. Shot Me In The Head' feat. Diplo by Ninja Tune & Big Dada



ザ・デス・セットの最新PVが公開!!
ジョニー・シエラとボウ・ヴェラスコによって結成されたザ・デス・セット。ローファイなエレクトロ・サウンドと初期のビースティ・ボーイズを彷彿とさせる自由奔放なパンクロック・スタイル、そして一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディを武器に各国のメディアが絶賛。
最新作『Michel Poiccard』は様々な音楽メディアで"Best of 2011"チャートにランクイン。本作の日本国内盤に収録されたボーナストラックで、プロデューサーにXXXChangeを迎え、ディプロとスパンク・ロックも参加した“They Come To Get Us”のPVが公開。
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』にインスパイアされたイントロ(http://youtu.be/YnZMa6Q5uo8)から、ポップ・カルチャーの軍隊に襲撃を受けるNYの街にザ・デス・セットが登場!監督は、新進気鋭の映像作家Guillaume Panariello。



海外メディアが早くも絶賛!
「まったくもってハチャメチャ、最高にド派手!」SPIN誌
「これは間違いなく今年最高のビデオ」The Culture Of Me(音楽カルチャーサイト)
「一体何が起こったんだ!もうドラッグなしじゃこの曲は聴けない。でもヤツらには金を払う価値がある。君らもそうすべきだ」Antiquiet(音楽サイト)

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM