TOP

TOP

Suzanne Vega / Tales from the Realm of the Queen of Pentacles

Artist:
スザンヌ・ヴェガ
- Suzanne Vega
Title:
ペンタクルの女王の物語
- Tales from the Realm of the Queen of Pentacles
Release date:
2014.01.29 Wed On Sale
Label:
Cooking Vinyl / Beat Records
国内盤:
BRC-406 ¥2,200 (税抜)
日本盤特典:
ボーナス・トラック追加収録

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • Crack In The Wall
  • 02.
  • Fool's Complaint
  • 03.
  • I Never Wear White
  • 04.
  • Portrait of the Knight of Wands
  • 05.
  • Don't Uncork What You Can't Contain
  • 06.
  • Jacob and the Angel
  • 07.
  • Silver Bridge
  • 08.
  • Song Of the Stoic
  • 09.
  • Laying on of Hands / Stoic 2
  • 10.
  • Horizon (There Is A Road)
  • Bonus Tracks for Japan
  • 11.
  • Crack In the Wall (Live)
  • 12.
  • I Never Wear White (Live)


Official Site

Official Twitter

Official Facebook


TOP

Suzanne Vega  Artist Page beatink.com
Suzanne Vega
Artist Page

BOTTOM


スザンヌ・ヴェガ / テイルズ・フロム・ザ・レルム・オブ・ザ・クイーン・オブ・ペンタクルズ

社会派シンガーソングライター、スザンヌ・ヴェガが7年振りのニュー・アルバム
『Tales from the Realm of the Queen of Pentacles』を来年1月29日に日本先行でリリース!

Description

児童虐待をテーマにした「Luka」や日本でもコーヒーのTVCMに起用された「Tom's Diner」の大ヒットで知られる社会派女性シンガーソングライター、スザンヌ・ヴェガ。デビュー・アルバム『Suzanne Vega/街角の詩』で、全英11位を記録し、続く2ndアルバム『Solitude Standing/孤独』は全英2位、全米11位という大ヒットを記録し、その透明感に満ちた淡々と語るようなヴォーカルは、シリアスで感性の鋭い知的なフォーク・ミュージックのルネッサンスが巻き起こるきっかけを作った。また今年フジロックに初出演を遂げたことも記憶に新しい。

そんなスザンヌ・ヴェガが7年振りの新作『Tales from the Realm of the Queen of Pentacles』のリリースを発表した。本作に収録された楽曲は、それぞれがそれぞれの角度から、物質社会で生きることや、精神世界、そしてそれらがいかにして交差するのかについてのストーリーを描いている。ヴェガはアルバム全体のテーマについて「私の作品の多く、特に2ndアルバム(Solitude Standing)は、孤独がテーマになっていた。そしてこのアルバムは、繋がること、異なる精神が存在するということを歌っているの」と語っている。

ヴェガの清涼感ある歌声や、ソングライティングのセンスもさることながら、今作ではまわりをサポートする豪華なミュージシャンにも注目が集まっている。プロデューサーには、新作『The Next Day』など、長年に渡ってデヴィッド・ボウイの音楽監督を務めてきたジェリー・レナードを迎えている。またヴェガの長年のお気に入りであるマイク・ヴィセグリアをベースに、ドラムにはダグ・ヨーウェルを起用している他、デヴィッド・ボウイのバンドなどで活躍するゲイル・アン・ドーシー(ベース)とザッカリー・アルフォード(ドラム)も参加。さらに、ピーター・ガブリエル作品への参加で知られ、一時期はキング・クリムゾンのメンバーになりその卓越したプレイで世界的に名を知られるベーシスト、トニー・レヴィン、Tボーン・バーネットお抱えのドラマー、ジェイ・ベルローズ、ボブ・ディランが重用するラリー・キャンベルは、アルバム全体を通してバンジョーやマンドリン、シンバルを演奏、デヴィッド・ボウイやB-52's作品で知られるドラマー、スターリン・キャンベル、ロンドン・チェンバー・オーケストラで首席トランペット奏者であるアリソン・バルサム、そしてバック・コーラスには、デヴィッド・ボウイ、ポール・サイモン作品で活躍しているジャズ・ボーカリスト、キャサリン・ラッセルが参加している。

2014年4月に東京/大阪での来日公演が決定!

1月29日に最新作『ペンタクルの女王の物語』をリリースするスザンヌ・ヴェガの来日公演が決定!
詳細は以下

東京 2014/4/7 (Mon) EX シアター 六本木 OPEN 18:30 START 19:30
全席指定 前売り:¥7,500
お問い合わせ:SMASH 03-3444-6751

大阪 2014/4/9 (Wed) Umeda CLUB QUATTRO OPEN 18:30 START 19:30
スタンディング 前売り:¥7,500 ドリンク代別
お問い合わせ:SMASH WEST 06-6535-5569

More Information : SMASH (http://www.smash-jpn.com/live/?id=2069)

レコーディング風景やインタビューを含むティーザー映像はコチラ



Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM