TOP

TOP

Mala / Mala in Cuba

Artist:
Mala
(マーラ)
Title:
Mala in Cuba
(マーラ・イン・キューバ)
Rlease date:
2012.09.08 sat On Sale
Label:
Brownswood / Beat Records
国内盤:
BRC-348 ¥2,200 (税込)
日本盤特典:
ボーナス・トラック追加収録

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • Introduction
  • 02.
  • Mulata
  • 03.
  • Tribal
  • 04.
  • Changuito
  • 05.
  • Revolution
  • 06.
  • Como Como feat. Dreiser & Sexto Sentido
  • 07.
  • Cuba Electronic
  • 08.
  • The Tunnel
  • 09.
  • Ghost
  • 10.
  • Curfew
  • 11.
  • The Tourist
  • 12.
  • Change
  • 13.
  • Calle F
  • 14.
  • Noches Sueños feat. Danay Suarez
  • 15.
  • Rising *Bonus Tracks for Japan


Buy This Release

Official Site

Official Myspace

Official Facebook


TOP

Mala  Artist Page beatink.com
Mala
Artist Page

BOTTOM


MALA IN CUBA

マーラ / マーラ・イン・キューバ

ジェイムス・ブレイクも尊敬して止まないデジタル・ミスティックズのマーラが紡ぎあげたキューバ音楽とロンドン・ベース・ミュージックの甘く危険な邂逅。

「このレコードは、サウンド・システム・カルチャーの中で、ダブステップ・ムーブメントを再評価し、再構成した作品だ」ー ジャイルス・ピーターソン

Description

ブリアルやジェイムス・ブレイクの台頭で今もなお世界各国へ様々な音楽と交配しながら広がりをみせるダブステップ〜ベース・ミュージック。ジャマイカのサウンド・システム・カルチャーの心酔者であるマーラはオリジネーターとして、まだそのダブステップが小さく、局地的なコミュニティだったゼロ年代初期から、クロイドンの伝説的なレコードショップ<Big Apple Records>やクラブ<Plastic People>で行われていた様々なイベント、海賊ラジオ曲<Rinse FM>などを通して活動を開始。友人のコーキとデジタル・ミスティックズを結成し、初めてダブステップを本格的に普及させるきっかけとなった伝説のパーティ<DMZ>を開催。その後もスクリームやベンガ、ローファーとともにダブステップ・シーンの黎明期において最も重要かつ称賛を集めたトラック群を世に送り出してきた。また個人でも<Deep Medi Musik>レーベルを主宰し、自身のより実験的な作品や、日本のゴス・トラッドなどお気に入りのプロデューサーの作品をリリースしている。またダブステップ・シーンに留まらず、フランソワ・ケヴォーキアン、モーリッツ・フォン・オズワルト、グレイス・ジョーンズ、エイドリアン・シャーウッドがプロデュースしたリー・スクラッチ・ペリーの楽曲など、多くのリミックスを手がけている。今ではジェイムス・ブレイクがデジタル・ミスティックズの”Anti War Dub”のカバーをライブで頻繁に披露するなど、エレクトロニック・ミュージックのシーンの革命児、またリーダーとして、マーラは世界中からリスペクトされている。

2011年5月、マーラはキューバの首都ハバナをジャイルス・ピーターソンと共に訪れ、ジャイルスの作品『Havana Cultura: The Search Continues』用のレコーディング・セッションを行った。その際、マーラはスタジオの廊下に自身のスタジオ環境を設け、女性ヴォーカリストのDanay Suarezや伝説的パーカッション奏者のChanguitom、そして世界中で名声を高めつつある天才ピアニスト、Roberto Fonsecaら才能溢れる現地ミュージシャンやヴォーカリストと別セッションを敢行。帰国後そのキューバでの素晴らしき体験を音楽作品として紡ぎあげる作業を開始する。そして出来上がった本作『Mala in Cuba』は巧妙に構築されたリズムとディープでスピリチュアルなキューバのルーツ・ミュージックを前景させながら、空間の深さ、そして重厚感はまさにマーラ自身のルーツであるサウス・ロンドンのフレイバーであり、敬愛するベース・ミュージック・カルチャーと見事に融合させている。今作は<Talkin’ Loud>時代から、1996年のケニー・ドープとリトル・ルイ・ヴェガによるニューヨリカン・ソウル・プロジェクトや翌年発表されたロニ・サイズ/レプラゼントの『New Forms』など、ジャズとエレクトロニック・ミュージックの領域で多くの作品をキュレートしてきた<Brownswood Recordings>主宰のジャイルス・ピーターソンにとって夢に描いてきたような作品で、主宰のレーベル<Brownswood Recordings>から9月8日にリリースされる。本作の国内盤にはボーナストラックを収録、またアルバムに先駆け、8月4日に12"シングル「Cuba Electronic」もリリース予定している。

MALA IN JAPAN TOUR 2013決定!

4/19 (FRI) -bud ryukyu- feat. MALA - DIGITAL MYSTIKZ 沖縄 at LOVE BALL budryukyu.blogspot.com
4/20 (SAT) -DBS presents- "MALA IN JAPAN" 東京 at UNIT 03-5459-8630 unit-tokyo.com
4/21 (SUN) -ZETTAI-MU- “MALA IN OSAKA" 大阪 at CONPASS 06-6243-1666 zettai-mu.net / conpass.jp

Mala in CubaからNoches SuenosのPV公開

マーラ最新作『Mala In Cuba』に絶賛コメントが続々到着!!

これは、ダブステップとキューバ音楽が融合した最先端のジャズ。その中毒的グルーヴはモダンにしてプリミティヴ。時間のない世界のサウンド・トラックが誕生した。

ー 沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)

深く、美しい音色の裏に潜むハードコア・スピリッツ。それがMalaの音楽だ。

ー GOTH-TRAD

キューバ=ラテン・ミュージックという固定観念を覆し、現在進行系のベース・ミュージックと絶妙にブレンドした極上のトロピカル・カクテル。”耳を開けば”そこに広がる未来、とくとご堪能あれ!

ー 松浦俊夫

MALA presents CUBA NIGHT in BEAMS RECORDS

9月8日(土)に開催されるFASHION'S NIGHT OUTに合わせ、ビームス レコーズでは、MALA『Mala In Cuba』の発売を記念したインストア・イベントを開催します。18:00〜店内商品は全て10%OFF!19:00〜はSAGARAXX (Coffee & Cigarettes Band)と青野賢一がインストアDJを行います。また、18時以降にご来店のお客様には、シルクヱビス、コカコーラのドリンクサービスに加え、バナナチップスをプレゼント(数に限りがございます)。キューバの定番チップスをつまみに、最新のキューバン・ベース・ミュージックとDJをお楽しみください。

2012年9月8日 (土)
会場: ビームス レコーズ
開催時間: 18:00〜23:00
入場: 無料
FREE FOOD!FREE DRINK!
*なお、Malaの来日イベントではございません。予めご了承ください。

来日決定!MALA & COKI / DIGITAL MYSTIKZ JAPAN TOUR 2012

<大阪>
日時:11月2日(金)
会場:CONPASS
TEL:06-6243-1666
http://conpass.jp
http://www.zettai-mu.net
時間:未定
料金:未定
住所:〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-12-20 シキシマビルB1F

<東京>
DBS 16th Anniversary
日時:11月3日(土)
会場:代官山UNIT
TEL:03-5459-8630
http://www.unit-tokyo.com
http://dbs-tokyo.com
時間:open/start 23:30
料金:adv.¥3500 door.¥4000
住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西 1-34-17 ZaHOUSE B1F


VIDEOS





Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM