TOP

TOP

Julien Baker - Turn Out The Lights

artist:
Julien Baker
― ジュリアン・ベイカー
title:
Turn Out The Lights
― ターン・アウト・ザ・ライツ
release:
2017.10.27 fri On Sale
label:
Matador / Beat Records
国内盤CD:
OLE13032 ¥2,000 (+tax)
国内盤特典:
ボーナストラック追加収録
歌詞対訳・解説書封入

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • Over
  • 02.
  • Appointments
  • 03.
  • Turn Out The Lights
  • 04.
  • Shadowboxing
  • 05.
  • Sour Breath
  • 06.
  • Televangelist
  • 07.
  • Everything That Helps You Sleep
  • 08.
  • Happy To Be Here
  • 09.
  • Hurt Less
  • 10.
  • Even
  • 11.
  • Claws In Your Back
  • 12.
  • Red Door (Demo) *Bonus Track for Japan
  • 13.
  • Funeral Pyre *Bonus Track for Japan

Official Site

Official Facebook

Official Twitter


TOP

Julien Baker  Artist Page beatink.com
Julien Baker
Artist Page

BOTTOM


2017.10.12
大注目のSSW、ジュリアン・ベイカーが10月リリースの最新アルバムより表題曲「TURN OUT THE LIGHTS」のMVを公開

『Turn Out The Lights』には、輝くような一体感がある
- The New York Times

彼女と彼女の大切の人との間にある葛藤の上で、柔らかに流れる瞑想の連続。ストリングスとオルガンが、彼女の奏でるギターに溶け合い、ベイカーの楽曲の持つインパクトを強めている。
- Rolling Stone

2017年、最も心を揺さぶる音楽の一つ
- DIY


2015年最も高い評価を集めた『Sprained Ankle』を、友人と一緒に若干18歳で書き上げ、ソングライターとリリシストとしての才能に大きな注目を集めたジュリアン・ベイカーが、10月27日 (金) に世界同時リリースされる2ndアルバム『Turn Out The Lights』から、表題曲のミュージックビデオを公開した。先日公開された「Appointments」に続いて、本ビデオもパラモア、ザ・ナショナル、インターポールなどのミュージックビデオで知られるソフィア・ピアが手がけている。



すでにニューヨーク・タイムズ紙、ローリング・ストーン誌、Pitchfork、Noisey、DIYなど様々な海外メディアなどから賞賛を集めているジュリアン・ベイカー。ジュリアンが生まれ育ったテネシー州メンフィスの伝説的スタジオ、Ardent Studiosでレコーディングされた本作『Turn Out The Lights』では、アルバム全体を通して、自分自身やごく身近な人々の経験に深く思いを巡らし、誰の心にもある内なる葛藤に切り込んでいく。人は自分の苦悩とどのように向き合うのか、そしてそれが自分自身や、自身を取り巻くあらゆる人間関係にどのような影響を与えるのか。結果として、深く感情移入したアルバムが生まれ、そこには人間性と精神の複雑な真実が内包されている。作詞作曲はジュリアン・ベイカーが行い、ザ・ナショナル、アーケイド・ファイアー、ザ・マシーンらを手がけてきたエンジニア、クレイグ・シルヴェイがミックスを務めている。

ジュリアン・ベイカー待望の2ndアルバム『Turn Out The Lights』を10月27日 (金) に世界同時リリース。国内盤CDには「Red Door (Demo)」と「Funeral Pyre」の2曲がボーナストラックとして追加収録され、解説書と歌詞対訳が封入される。iTunes では『Mastered for iTunes』フォーマットでマスタリングされた高音質音源での配信となり、アルバムを予約すると、公開中の「Appointments」「Turn Out The Lights」が先行ダウンロードできる。

2017.08.21
今にも壊れそうな儚い叫びが感情を揺さぶる
今大注目のSSW、ジュリアン・ベイカーが
最新アルバム『Turn Out The Lights』のリリースを発表

2015年最も高い評価を集めたデビュー作の一つとされた『Sprained Ankle』を、友人と一緒に若干18歳で書き上げ、ソングライターとリリシストとしての才能に大きな注目を集めたジュリアン・ベイカー。女性であること、同性愛者であること、クリスチャンであること、自身のアイデンティティーと壮絶な経験を通して、孤独や自己破壊への衝動、信仰とそこから生まれる葛藤を誠実にドキュメントした内容を、The New York Timesが「今にも壊れそうな儚さから告白へ至る強さ、贖罪とトラウマを詩的に豊かに表現した音楽」、Pitchforkが「素晴らしい才能を持った作曲家であり、彼女のイメージは感覚を突き刺してくるが、その声は人の心を掴んで離さない」と評した他、Rolling Stone、Noisey、MOJOなど主要音楽メディアがこぞって賞賛し、エリオット・スミスのトリビュート・アルバム『Say Yes! A Tribute to Elliott Smith』への参加を経て、今年に入って〈Matador Records〉と契約。先週にはベル・アンド・セバスチャン、今週もベン・フォールズのサポートを務めるなど、さらなる注目が集まる中、待望の最新アルバム『Turn Out The Lights』を10月27日 (金) に世界同時リリースすることが発表された。また今回の発表に合わせて、1stシングル「Appointments」の配信がスタートした。

Julien Baker - Appointments
Apple Music: http://apple.co/2vWgOgU
Spotify: http://spoti.fi/2vM4vnd

私の人生に起きた色々なことが急激な変化をもたらした。そのどれもが、これ以上悪くなることなんてないはずって思うくらいのものだった。アメーバのように悲しみが限界まで膨らんで、もう立ち直れない可能性もあったと思う。でも自分が存在し続けるためには、それができると信じなければならない。
- Julien Baker


ジュリアンが生まれ育ったテネシー州メンフィスの伝説的スタジオ、Ardent Studiosでレコーディングされた本作『Turn Out The Lights』では、聴くものの感情を揺さぶるソングライティング・スタイルはそのままに、『Sprained Ankle』で見られた音作りや視点をさらに追求。アルバム全体を通して、自身や大切な人たちの人生を題材に、困難にどう向き合うべきか、そしてそれがどのように自分自身や周囲に影響を与えるかという、誰もが持つ内に秘めた葛藤を切実に歌い上げる。作詞作曲はジュリアン・ベイカーが行い、ザ・ナショナル、アーケイド・ファイアー、ザ・マシーンらを手がけてきたエンジニア、クレイグ・シルヴェイがミックスを務めている。

注目のシンガーソングライター、ジュリアン・ベイカーは、待望の2ndアルバム『Turn Out The Lights』を10月27日 (金) に世界同時リリース。国内盤CDには「Red Door (Demo)」と「Funeral Pyre」の2曲がボーナストラックとして追加収録され、解説書と歌詞対訳が封入される。iTunesでは『Mastered for iTunes』フォーマットでマスタリングされた高音質音源での配信となり、アルバムを予約すると、公開された「Appointments」が先行ダウンロードできる。

Topics

Topics

Page Top

BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM