TOP

TOP

The Orb / Cow / Chill Out, World!

Artist:
The Orb
― ジ・オーブ
Title:
Cow / Chill Out, World!
― COW / チル・アウト,ワールド!
Released:
2016.10.14 fri On Sale
Label:
Kompakt / Beat Records
国内盤:
BRC-524 ¥2,200 (+tax)
日本盤特典:
ボーナス・トラック追加収録

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • First, Consider The Lillys
  • 02.
  • Wireless MK2
  • 03.
  • Siren 33 (Orphee Mirror)
  • 04.
  • 4am Exhale (Chill Out World!)
  • 05.
  • 5th Dimensions
  • 06.
  • Sex (Panoramic Sex Heal)
  • 07.
  • 7 Oaks
  • 08.
  • Just Because I Really Really Luv Ya
  • 09.
  • 9 Elms Over River Eno (Channel 9)
  • 10.
  • The 10 Sultans Of Rudyard (Moo Moo Mix)
  • 11.
  • Alpine Morning (Expanded) *Bonus Track for Japan

Official Site

Official Twitter

Official Facebook


TOP

The Orb  Artist Page beatink.com
The Orb
Artist Page

BOTTOM


2016.08.12
いよいよ今週リリース!
アンビエント・ミュージックの歴史とクラブ・カルチャーの進化的交配が生んだジ・オーブ史上最も“チルアウト” な大傑作!
『Cow / Chill Out, World!』の全曲試聴がスタート!

アンビエント・ハウスやプログレッシヴ・ハウスといったジャンルを確立するなど、シーンに多大なる影響を与え続けている重鎮ジ・オーブの最新作『Cow / Chill Out, World!』の全曲試聴がスタート!

https://soundcloud.com/kompakt/sets/the-orb-cow-chill-out-world-1/s-R49a8

オリジナル・アルバムとしては通算16枚目となり、自ら「キャリア史上最も“アンビエント”な作品」と豪語する本作は、10月14日(金)にリリースされる。

10年ぶりの〈KOMPAKT〉復帰が話題となった前作『Moonbuilding 2703 AD』は、もともと英国国立歌劇場(English National Opera)の依頼で、オペラの編曲家や専門家たちとも近い距離間の中で制作された音源がベースとなっており、アルバムとして完成させるまでに6年もの歳月がかかったのに対し、たった6ヶ月未満で制作されたという本作。アレックス・パターソンとトーマス・フェルマンの二人は、ツアーの合間に行われたフィールド・レコーディングやライブ音源を取り溜め、ここ数年で300は達したというライブ・パフォーマンスで育んだという即興感覚で本作は仕上げられている。

また今作には、盟友ユース(キリング・ジョーク)が参加し、またユースの紹介で、ブライアン・イーノの実弟にして、作曲家・演奏家としても活躍し、映画音楽も手がけるロジャー・イーノが参加している。

単なる古き良きチルアウトの焼き直しではなく、破壊的行為を続ける現代に対する「いい加減チルアウトしやがれ!」という彼らからのステートメントでもある本作。瑞々しい電子音のサイケデリックなレイヤー、フィールド・レコーディング...それらがダブの英知に導かれた空間処理のなかで融解したキャリア史上最高のアンビエント・テクノ・アルバムである。

ジ・オーブの最新作『Cow / Chill Out, World!』は、10月14日(金)世界同時リリース!国内盤CDにはボーナストラックが追加収録され、解説が封入される。

2016.08.12
THE ORB
通算16枚目にしてキャリア史上最も“アンビエント”な傑作『Cow / Chill Out, World!』のリリースを発表&新曲公開!
ロジャー・イーノ、ユース(キリング・ジョーク)参加。アートワーク・デザインはザ・デザイナーズ・リパブリックが担当。

俺たちにとって今までで最も“アンビエント”なアルバムだ
- Alex Paterson


アンビエント・ハウスやプログレッシヴ・ハウスといったジャンルを確立するなど、シーンに多大なる影響を与え続けている重鎮ジ・オーブが、オリジナル・アルバムとしては通算16枚目となり、自ら「キャリア史上最も“アンビエント”な作品」と豪語する最新アルバム『Cow / Chill Out, World!』を〈BEAT RECORDS / KOMPAKT〉より10月14日(金)にリリースする。また今回の発表に合わせ、新曲「5th Dimensions」が公開された。

The Orb - 5th Dimensions


10年ぶりの〈KOMPAKT〉復帰が話題となった前作『Moonbuilding 2703 AD』は、もともと英国国立歌劇場(English National Opera)の依頼で、オペラの編曲家や専門家たちとも近い距離間の中で制作された音源がベースとなっており、アルバムとして完成させるまでに6年もの歳月がかかったのに対し、本作の制作期間はたった6ヶ月未満だったという。アレックス・パターソンとトーマス・フェルマンの二人は、ツアーの合間に行われたフィールド・レコーディングやライブ音源を取り溜め、ここ数年で300は達したというライブ・パフォーマンスで育んだという即興感覚で本作は仕上げられている。

作品の出来には満足だし、純粋なエレクトロニック・ミュージックでこのレベルまで到達できたことに誇りを感じているよ。我々は今もなお常に次の音楽的サプライズに自分自身が向かうように仕向けている。目を見開いて、どうやったらそこへ行けるんだと思うようなね。
- Thomas Fehlmann


勘の良い音楽ファンは、ジ・オーブの遊び心がアルバム・タイトルから、ピンク・フロイドの名盤『Atom Heart Mother』(のアルバム・カバーに登場する牛)やチルアウトの代名詞的存在、KLFを連想するだろう。しかしながら、今作は古き良きチルアウトの単なる焼き回しではなく、破壊的行為を続ける現代に対する「いい加減チルアウトしやがれ!」というステートメントだと二人は語る。

また今作には、盟友ユース(キリング・ジョーク)が参加し、またユースの紹介で、ブライアン・イーノの実弟にして、作曲家・演奏家としても活躍し、映画音楽も手がけるロジャー・イーノが参加している。

ジ・オーブの最新作『Cow / Chill Out, World!』は、10月14日(金)世界同時リリース!国内盤CDにはボーナストラックが追加収録され、解説が封入される。

Topics

Topics

Page Top

BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM