TOP

TOP

Reverend And The Makers / @Reverend_Makers

Artist:
Reverend And The Makers
(レヴァランド・アンド・ザ・メイカーズ)
Title:
@Reverend_Makers
(@レヴァランド_メイカーズ)
Rlease date:
2012.06.16 sat On Sale
Label:
Cooking Vinyl / Beat Records
国内盤:
BRC-341 ¥2,100 (税込)
日本盤特典:
ボーナス・トラック追加収録

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • Bassline
  • 02.
  • Out Of The Shadows
  • 03.
  • Shine The Light
  • 04.
  • Depth Charge
  • 05.
  • Warts n All
  • 06.
  • Yes You Do
  • 07.
  • The Wrestler
  • 08.
  • 1 + 0
  • 09.
  • Noisy Neighbour
  • 10.
  • Lay Me Down *Bonus Tracks for Japan

Buy This Release

Official Site

Official Twitter

Official Facebook


TOP

Reverend And The Makers  Artist Page beatink.com
Reverend And The Makers
Artist Page

BOTTOM


REVEREND AND THE MAKERS /
@Reverend_Makers
レヴァランド・アンド・ザ・メイカーズ / @レヴァランド_メイカーズ

アークティック・モンキーズの盟友、レヴァランド・アンド・メイカーズが再始動!!

Description

アークティック・モンキーズ結成前のアレックス・ターナーやマット・ヘルダースもメンバーとして名を連ねたJudan Sukiのリーダーでもあったジョン・マックルーア。ジョンはバンド活動のほかにも、”ReverendSoundsystem”というクラブ・イベントを毎月行っており、いままでにゲストDJとしてプライマル・スクリームのマニやザ・スペシャルズのテリー・ホール、 アークティック・モンキーズのメンバーなどを招いており、彼のシェフィールドでの人望は非常に高い。とくにアレックス・ターナーとの交友はファンの間では有名で、アレックス自身もジョンから影響を受けたことを公言しており、アークティック・モンキーズのセカンド・アルバム『フェイヴァリット・ワースト・ナイトメア』にはふたりが共同で作曲を行った曲も収録されたほどだ。2005年に現在のレヴァレンド・アンド・メイカーズを結成後は数々のメジャー・オファーを断り、UK老舗ダンス・レーベル"Wall ofSound"からデビュー作『ザ・ステイト・オブ・シングス』をリリース。本作からの"Heavyweight Champion of the World"がUKチャートでスマッシュ・ヒットを記録し、ここ日本でもサマーソニック’07で来日を果たした。

その後、数々のライブやツアーを経て再始動したバンドの最新作『@レヴァランド_メイカーズ』では持ち前の痛快なまでにキャッチーなメロディ・センスとスケール・アップしたスタジアム映え抜群の踊れるロック・サウンドを高らかに鳴らしている。シェフィールドのカリスマがストーン・ローゼスの再結成やニュー・オーダーの再始動などで盛り上がり、セカンド・サマー・オブ・ラブの到来を再び待ちわびる世界に投下されるべき最高のUKダンス・ロック・アルバムを完成させた。

またバンドは本作を携え、すでにノエル・ギャラガーやレッド・ホット・チリ・ペッパーズのUKスタジアム・ツアーでオープニング・アクトが決定している。



下記より先行シングル「bassline」の試聴/フリーダウンロード可能!!

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM