TOP

TOP

JPS

Title:
The Japanese Popstars
(ザ・ジャパニーズ・ポップスターズ)
Title:
Controlling Your Allegiance

(コントローリング・ユア・アレジアンス)
Label:
Gung Ho! Recordings / Beat Records
リリース日:
2011.03.09 OnSale
Cat no.:
BRC-271
Price:
¥2,100 (tax in)
日本盤特典:
ボーナス・トラック2曲収録

BOTTOM

Track List

  • 01.
  • Let Go
  • 02.
  • Catapult
  • 03.
  • Song For Lisa
  • 04.
  • Tomorrow Man
  • 05.
  • Take Forever
  • 06.
  • Fight The Night
  • 07.
  • Building Block
  • 08.
  • Destroy
  • 09.
  • Shells Of Silver
  • 10.
  • Falcon Punch
  • 11.
  • Joshua
  • *Bonus Track for Japan
  • 12.
  • Kid Roppongi
  • 13.
  • Outro
  • >> buy this release at beatkart


OFFICIAL SITE

MYSPACE


TOP

The Japanese Popstars Artist Page beatink.com
The Japanese Popstars
Artist Page

BOTTOM


エレクトロ界のリーサル・ウェポンことTHE JAPANESE POPSTARS!
破壊力抜群のニューアルバムを引っさげ再びエレクトロシーンに殴り込みをかける!

The Japanese Popstars / Controlling Your Allegiance

デビュー・アルバムでは“ジャスティスへの返答”と騒がれ、今やポスト“アンダーワールド”、“ケミカルブラザーズ”と言われるまでに飛躍したアイルランドの英雄達。

Description

名前のインパクトもさることながら、つくりだすトラックも攻撃的なザ・ジャパニーズ・ポップスターズ。ティム・デラックス、エロール・アルカン、ダレン・エマーソン、2Many DJs等数多くのアーティストから熱い支持を受けている、北アイルランド、デリー出身のライブ・エレクトロニック・トリオ。ギャリー、デッキー、ギャレスの3人は、2006年にインディ・レーベルから2枚の作品をリリースし、それが成功を収めると、そこから急激な早さでキャリアを積み重ねていった。バンド結成から約5年、彼らはダンス・ミュージック界の大物アーティストたちをも脅かす存在へと急成長を遂げた。
前作『We Just Are』をリリースしてからの2年間で、彼らは様々なダンス・ミュージック・アワードを受賞し、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ等、各国の大型フェスティヴァルに出演。ここ日本にも、GAN-BAN NIGHT 08、FUJI ROCK FESTIVAL 09で来日し、多くのファンを熱狂させたのは記憶に新しい。ライヴ・パフォーマンスで強烈な印象を残す一方、その合間を縫って2ndアルバム『Controlling Your Allegiance』を完成させた。

今回UKではメージャー・レーベルの<Virgin>と契約を交わし、メンバーはあらゆる面でアルバムをシェイプアップしていった。今作の聴きどころは彼らの破壊力満点なエレクトロニック・サウンドと豪華なコラボレーターと言える。
シカゴ・ハウスの伝説的アーティスト、グリーン・ヴェルヴェット。マーキュリー賞にノミネート経験もあるシンガー・ソングライター、リサ・ハニガン。ザ・キュアーのロバート・スミス。フランスのエレクトロ・シューゲイズ・バンドの最高峰M83のモーガン・キビー。その他ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンのジョン・スペンサーやエディターズのトム・スミス等の錚々たるアーティストが参加している。

最新アルバム『Controlling Your Allegiance』はユニークかつパワフルなエレクトロニック・サウンドと、最強とも言えるコラボレーターを武器に、多くのダンス・ミュージック・ファンの心を掴むことは間違いないだろう。
踊り狂う観衆の心を巧みに操る彼らの楽曲は、今年のフェスやクラブで大いに私達を盛り上げてくれるだろう。楽しい事や新しいチャレンジが大好きなメンバーの、豪快なサウンドをノンストップで、そして爆音で体感してほしい。


観客を熱狂させるオーブ meets クラフトワーク的アンセム。驚異的攻撃力が躍動する」 NME誌
「KITSUNEスタイルの最新レイヴな一面と、オービタル以来のスタジアム級ダンス・アクトの一面を持つ」DJ MAGAZINE誌
「シングル・オブ・ザ・ウィーク:最高に素晴らしいメカニカル・ポップ・ミュージック」 GUARDIAN誌

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM