TOP

TOP

Fink / Hard Believer

Artist:
Fink
― フィンク
Title:
Hard Believer
― ハード・ビリーヴァー
Release date:
2014.07.19 sat On Sale
Label:
R'Coup'D / Beat Records
国内盤:
BRC-430 ¥1,800 (+tax)
日本盤特典:
ニルヴァーナ「In Bloom」のカバーを含むボーナス・トラック2曲追加収録

BOTTOM

Tracklisting

  • 01.
  • Hard Believer
  • 02.
  • Green And The Blue
  • 03.
  • White Flag
  • 04.
  • Pilgrim
  • 05.
  • Two Days Later
  • 06.
  • Shakespeare
  • 07.
  • Truth Begins
  • 08.
  • Looking Too Closely
  • 09.
  • Too Late
  • 10.
  • Keep Falling
  • Bonus Tracks for Japan
  • 11.
  • Deep Calm (B-side)
  • 12.
  • In Bloom (Bonus cover version)


Official Site

Official Twitter

Official Facebook

Official Soundcloud


TOP

Fink  Artist Page beatink.com
Fink
Artist Page

BOTTOM


フィンク / ハード・ビリーヴァー

ジョン・レジェンドが惚れ込み、エイミー・ワインハウスやボン・イヴェールともコラボレート
しているシンガーソングライター、フィンクが7月19日に新作をリリース!
プロデュースは、ベック、ミューズ、ジェイク・バグを手掛けるビリー・ブッシュ!
ボーナストラックには、ニルヴァーナのカバーを収録!

J-WAVE 81.3 "TOKIO HOT 100 CHART"で7位にランクイン!(2014年7月13日付)

Description

写真家、若木信吾と作家/マンガ家、小林エリカとコラボした日本オリジナル版リリック・ビデオを公開!



今やUKを代表するシンガーソングライターであり、ジョン・レジェンドやレディオヘッドもその音楽性を絶賛するフィンクが、7月19日にニュー・アルバム『Hard Believer』をリリースする。自身のルーツであるブルースに敬意を払いながら、コールドプレイに代表されるブリティッシュ・ロックの壮麗さを纏うフィンク。今作のプロデューサーには前作と同様、ベック、ミューズ、ジェイク・バグ、フォスター・ザ・ピープルのプロデューサーとしても知られるビリー・ブッシュを起用している。また日本盤には敬愛するニルヴァーナ「In Bloom」のカバーをボーナストラックとして収録される。

様々な経歴を持つフィンクだが、俳優のマイケル・ピット、そして十代のエイミー・ワインハウスといった他のアーティストへのプロデュース作業や共同制作を行なったことをきっかけに、アコースティックでよりオーガニックな作風が強まり、またソングライターとしての才能を一気に開花させた。特に2007年の『Distance And Time』では、シングル「This is the Thing」がMasterCardのTVCMに起用されるなど知名度を上げると共に、収録曲を気に入ったジョン・レジェンドから声をかけられ、アルバム『Evolver』に参加。結果として『Evolver』はグラミー賞を5つ獲得するなどジョン・レジェンドの代表作品の一つとなった。ジョン・レジェンドは、その後フィンクの2009年作品でレディオヘッドも絶賛した『Sort of Revolution』に参加している。ジョン・レジェンドとはその後も親交を深め、アカデミー賞主要3部門受賞、ブラッド・ピット、ベネディクト・カンバーバッチ出演の映画『それでも夜は明ける』へ提供された楽曲でもコラボレートを行っている。シンガーソングライターとしてのキャリアを決定づけたと言える前作『Perfect Darkness』では、収録曲「Warn Shadow」をボン・イヴェールのジャスティン・ヴァーノンと実験的サックス奏者コリンステットソンがカバーし、話題となった。

アメリカ最南部特有の言い回しで、説き伏せるのが難しい人、必ず証拠を必要とする人を意味する本作『Hard Believer』は、ハリウッドにある高名なスタジオ、サウンド・ファクトリーにて、プロデューサーのビリー・ブッシュを迎えて17日間で録音されたという。アルバムにはその他、オランダ人ピアニストのルーベン・ヘインとリリー・アレンのヒット曲「Shame for You」も作曲しているブレアー・マッキチャンも参加。様々な表情に彩られている本作は、穏やかな立ち上がりから、徐々にパワフル且つ催眠的なループへと移行し、公開中のシングル「Looking Too Closely」などドラマティックな楽曲が終盤に続き、劇的なフィナーレを迎える。

創造性の絶頂期を迎えたフィンクの最新アルバム『Hard Believer』は、7月19日にリリース。解説と歌詞対訳が封入される日本盤には、ニルヴァーナのカバーを含め、2曲のボーナストラックが追加収録される。なおiTunesでは、『Mastered for iTunes』フォーマットでマスタリングされた高音質のフォーマットでリリースされ、アルバムを予約するとタイトルトラック「Hard Believer」がいちはやくダウンロードできる。

ブリティッシュ・ロックの王道!ドラマティックな展開が聴く者すべてを魅了するシングル「Looking Too Closely」が公開中!

Topics

Topics

Page Top

BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM