TOP

TOP

Poirier / Running High

Artist:
Asian Dub Foundation

(エイジアン・ダブ・ファウンデイション)
Title:
A History Of Now

(ア・ヒストリー・オブ・ナウ)
Release date:
2011.01.19 On Sale
Label:
Rinse It Out / Beat Records
国内盤:
BRC-280LTD ¥1,980(税込)
BRC-280 ¥2,200(税込)
日本盤特典:
ボーナス・トラック1曲収録
解説:
大石 始
歌詞対訳:
今井 スミ

BOTTOM

Track List

  • 01.
  • A New London Eye
  • 02.
  • Urgency Frequency
  • 03.
  • London to Tokyo
  • 04.
  • A History of Now
  • 05.
  • Where's All The Money Gone
  • 06.
  • Spirit in the Machine
  • 07.
  • In Another Life
  • 08.
  • Power of 10
  • 09.
  • Future Proof
  • 10.
  • This Land Is Not For Sale
  • 11.
  • Temple Siren
  • 12.
  • Lights Out *Bonus Track for Japan
  • >> buy this release at beatkart


OFFICIAL SITE

Myspace


TOP

Asian Dub Foundation Artist Page beatink.com
Asian Dub Foundation
Artist Page

BOTTOM


Asian Dub Foundation / A History Of Now

より熱く、より攻撃的に!!闘争の武器(=音楽)を携え、孤高の戦士たちが帰還!!
攻撃的なグルーヴと鋭く痛烈なメッセージは今も健在!
そのポジティヴな姿勢は、人々を熱狂の渦に巻き込む!

目の覚めるような痛烈な社会風刺や政治的メッセージ!
ダブ、ロック、パンク、そして無国籍な極彩色グルーヴで縦横無尽に駆け抜けるサウンド!過激とポップのバランス絶妙な振り幅!まさにADF節炸裂の会心作!
熱気を運んで世界に発信し続ける彼らの、3年振り7枚目となる最新アルバムが、日本先行リリース!!!
彼らは決して期待を裏切らない!

Description

一瞬一瞬には歴史がある。
一拍分の鼓動を感じるわずかな時間の中でも、とめどなく変化を繰り返すこの時代が生んだ困難に対し、エイジアン・ダブ・ファウンデイション(ADF)は、目の覚めるような新作を持って立ち向かう。本作『A History of Now』は、さらに視野を広げた彼らが放つ、“音兵器(サウンド・ウェポン)”とも呼べるトラックばかりが集まった会心作となった。
ジャンルの壁を破壊するADFらしいスピリットには忠実でありながら、ロンドンをベースとするストリングス・トリオのCHI 2のストリング・サウンドからネイサン・フルートボックス・リー(Nathan "Flutebox" Lee)のラディカルなメロディが、バンドのサウンドを見違えるほどにアップデートさせ、拡張させている。基盤となるメンバーは、前作『Punkara』と変わらず、アル・ラムジェンとアクターベイターがツインヴォーカルをつとめる。今回の主なプロダクションは、DJ サンJと、リーダーでもあるギタリストのチャンドラソニックが担当。「A New London Eye」や「Urgency Frequency」に見られるパンク+ドラムンベース・サウンド、「Temple Siren」と「London to Tokyo」で繰り広げられる彼らの持ち味のバングラ・ダブ、「In Another Life」「Power of Ten」の今までに無い瞑想的な音質まで、幅広いサウンドを展開する。

本アルバム全体のメッセージを象徴するのが、リード・トラックである「A History of Now」。「頭の中をブンブン飛び回る過剰なまでのアイディア…区別がつかないんだよ。俺のTVなのか、インターネットなのか、俺自身なのか、、」と訴え、目の前にあるリアリティ=「太陽や海はダウンロードできない」ということを人々に思い起こさせる。一言でいえば『A History of Now』は現代用にパワーアップ/アップデートさせたメディテーションだ。「Urgency Frequency」では、iPhoneなどのスマートフォンの流行を風刺しながら、我々がどのような人間になりつつあるかを問いかけ、「Future Proof」では、ツイッターが登場したインターネットを引き合いに出し、変化し続ける新しいテクノロジーの奴隷になることの危険性を訴える。その他、東京の素晴らしさ、東京という都市に対して彼らが抱く感情を歌った「London to Tokyo」と、ADFのオリジナルメンバーであるDr.ダスが参加した「This Land Is Not For Sale」など全12曲(内日本限定ボーナストラック1曲)を収録。
メンバーチェンジを重ねながら決してブレない彼らの姿勢は、決して変わることなく、このアルバムでも十二分に表現され、変わりゆく時代の現実を見据えながらも、力強いメッセージを伝えている。

「望んでも望まなくても、俺たちは皆"今という歴史"を生きる。この時代を生き抜くために、みんなをうまくガイドできるやつが俺たちADF以外にいるか?」

Asian Dub Foundation 'A History of Now'のPVは、
なんとあのThe KLFのJimmy Cauty (ジミー・コーティー)が監督!

Topics

Topics

Page Top


BOTTOM

TOP

Pickup Artists


BOTTOM